貫地谷しほり 大東駿介 木村多江 緒形直人 登壇!「望郷」初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 「告白」「白ゆき姫殺人事件」「リバース」のミステリー作家・湊かなえのベストセラー「望郷」が映画化!

本日より新宿武蔵野館より公開、ダブル主演で、 平川夢都子を演じた貫地谷しほりさん、大崎航を演じた大東駿介さん、そして夢都子の母親・田山佐代子を演じた木村多江さん、航の父親・大崎征一郎を演じた緒形直人さん、そして本作を手掛けた菊地健雄監督が登壇しての初日舞台挨拶が行われました。

映画『望郷』 初日舞台挨拶イベント
日時:9月16日(土)
場所:新宿武蔵野館
登壇:貫地谷しほり、大東駿介、木村多江、緒形直人、菊地健雄監督

映画情報どっとこむ ralph 満員の会場の中、盛大な拍手で迎えられ、現れた4名は、実は撮影で4人揃うシーンがなかったため舞台挨拶で初めて揃ったそうで、

貫地谷さん:本日はお越しい ただきありがとうございます。この作品は、大切な時間を積み重ねて作った作品です。

大東さん:4人揃うの は今日が初めてです。今日ここに立てたこと、皆さんに観ていただけること感謝しています。

続けて

木村さん:この作 品を観て、日本映画を観た気がしました。皆さんも何か感じていただけたらいいなと思います。

と話すと、

緒形さん:今日ここに4人で並んでいますが、貫地谷さんとは初めてお会いしましたし、撮影中木村さんとはすれ違うこともなく、大東くんとの撮影もワンカット。ただ監督とはとても仲良しです(笑)。

と撮影中、出演者とほとんど出番が合わなかったとエピソードを明かしました。

映画情報どっとこむ ralph この作品への出演の話があった際の印象を聞かれ、

貫地谷さん:原作を読み、是非やらせてもらいたいと思いました。これまで多かった役とはまた違う役への挑戦に、新しい一歩になるんじゃないかと思いました。

役者魂!が垣間見られる答え。

大東さん:自分の内側から出したことない気持ちを出さないとやれないんじゃないかと思った。因島で撮ろうということになった がそれはすごく大変なこと。それをやると言った監督に、出会った瞬間に信頼感を抱きました。

と、初めから監督に信頼を寄せていたことを明かしました。

一方、普段の出演作で薄幸な印象が強いと自ら話した

木村さん:台本を読んだ時に重いっ!と思いました。重い雰囲気のある役を演じるには自分を削って挑むため、その苦しい時間を過ごさないといけない。 一歩踏み出すのに勇気がいることなんです。でもしほりちゃんが娘の役なので、出ることを覚悟を決めて臨みました。

と役を演じることを決めた時の思いを語りました。

また、菊地監督が助監督として参加していた『64−ロクヨン−』で一緒だった緒形さんは

緒方さん:今回監督をされるということで、喜んでやりたいと思いました。

とその時の意気込みを明かしました。


映画情報どっとこむ ralph 全編因島とその周りの瀬戸内地方で撮影された本作。撮影中の思い出を聞かれ

貫地谷さん:のどかで美しくて、い いところに来ることができたなと思っていました。

と、島の印象について語り、

大東さん:地元のレモン農家の人と仲良く なりました。撮影中に助監督と喧嘩になったことがあったんだけど、喧嘩の理由が『どうしたらもっと因島が盛り上がるの か』って話で…(笑)。今後の役者人生にとって大切な経験になりました。

とエピソードを明かしました。

また、本作で島の中学校に勤める教師を演じた緒形さんは

緒方さん:撮影当日に島に入ったんですが、いきなりその島の教師を演じるのは難しいんです。そんな時に、中学校の校長先生から地元で採れた果物をいただいてから一気に五感が働きました。些細なことだったけれど自分の中で大切にしたい出来事になりました。

と話しました。そして、因島での撮影を決めた監督は

菊地監督:原作者の湊さんが自分が体験されたことを書かれているのを感じました。島の何かを感じていただく中で芝居をしていただきた かったので、因島で撮影をすることが重要でした。

と演出のポイントを明かしました。

映画情報どっとこむ ralph このイベントで初めて揃ったふた組の親子。
MCからお互いの印象を一言でと尋ねられると、木村さんは娘役である貫地谷さんに思わず「好き」と一言。続けて

木村さん:初めて現場でお会いしましたが、ひたむきに一生懸命な姿が美しかったです。

とその印象を語りました。

それに対し貫地谷さんも木村さんに「感謝」と一言で表現し、

貫地谷さん:私が入り込めないシーンに何度も付き合って、私の心に届くように素晴らしい芝居をしてくださいました。朗らかに支えてくださいました。

と言葉で伝えました。父親を演じた緒形さんは、息子役の大東さんに

緒方さん:撮影を覗きに来たり、人にちょっかい出してみたり、でもそこから得るものは 大きいんですよね。

と笑いながら話すと、

大東さん:信頼しています。緒形さんの言葉には責任があると感じています。

と緒形さんへの思いを語りました。
映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

貫地谷さん:本当に大切な作品です。皆さんに勧めてほしいし、劇場に観に行ってください。みんなで観に来よ う!

と観客とキャストに呼びかけました。

大東さん:この映画の中には進水式のシーンがあるんですが、この作品にとっては今日が進水式なんじゃないかと監督が話されていて背筋が伸びました。この船をいろんな方に届けたいです。

と主演 の二人から観客へメッセージが送られました。



物語・・・
古いしきたりを重んじる家庭に育った夢都子(貫地谷しほり)は、故郷に縛られ生活をしていた。彼女は幼いころから本土にある“ドリームランド”が自由の象徴であったが、それは祖母や母(木村多江)の間で決して叶わない“自由”であった。月日は流れ結婚をし、幸せな家庭を築く中、ドリームランドが今年で閉園になる話を耳にする。憧れの場所がなくなる前に、彼女がずっと思い続けてきた事を語り始める―。一方、本土から転任の為9年ぶりに故郷に戻った航(大東駿介)のもとには、ある日、父(緒形直人)の教え子と名乗る畑野が訪問してくる。彼は、航が知らなかった父の姿を語り出し、本当の父親を誤解していた事を知る事となるが―。ある島で起こる、ふたつの親子の過去と未来をつなぐ感動の物語。

公式サイト:
bokyo.jp
公式Facebook:
@bokyomovie/
公式Twitter:
@bokyo_movie

***********************************

出演:貫地谷しほり 大東駿介 ・ 木村多江 緒形直人 他
原作:湊かなえ「夢の国」「光の航路」(『望郷』文春文庫 所収)
監督:菊地健雄 脚本:杉原憲明
制作・配給:エイベックス・デジタル
2017 / JAPAN / 112min / COLOR / 1:1.85 / 5.1ch
©2017 avex digital Inc.
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ