ウエンツ瑛士「この作品、監督に出会えたことに感謝!」『禅と骨』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 『ヨコハマメリー』の中村高寛監督 11 年ぶりの長編ドキュメンタリー『禅と骨』(配給:トランスフォーマー)が9 月2日(土)よりポレポレ東中野、キネカ大森、横浜ニューテアトルにて公開されました。公開を記念して中村高寛監督、ウエンツ瑛士さん、余貴美子 さん、佐野史郎さん、チャド・マレーンさんが登壇し、初日舞台挨拶が行われました。

映画『禅と骨』公開初日舞台挨拶
日付:9月2日(土)
場所:ポレポレ東中野
登壇:ウエンツ瑛士、余貴美子、佐野史郎、チャド・マレーン、中村高寛監督

映画情報どっとこむ ralph 司会者が登壇者に一言ずつ感想を求めると、満を持して公開を迎えた本作に対して各々が溢れる想いを口にした。

ウエンツさん:皆さんの顔見たら、作品に衝撃を受けていることがわかります。

と語りはじめ、

ウエンツさん:ミトワさんやご家族の方がいて、 こういう濃い人生を歩んでて、それを撮る中村監督がいること、そしてこのような作品に携われたことに本当に感謝です。

と挨拶。

余さん:やっと初日を迎えられたことに、すっごく感動している。8年かけてヘンリさんのことをずっと撮っていた監督の“想い” の一部になれたことが本当に嬉しい。多くの人に観てほしいと思う!

と満面の笑みで挨拶し、続いて

佐野さん:舞台袖でも皆さん と話していたが、この映画は久しぶりに、「人間ってなぁ…!」って思わずうなる言葉が出てくる作品だった!ドキュメンタリーとド ラマパートとなっているけど、カメラの前で映されているということに変わりはないですね。

と本作の、ドキュメンタリーとドラマパートとアニメで表現されているという特異な構成に言及し、監督のその容赦のない表現方法に感服していた。

映画情報どっとこむ ralph またウエンツさん演じ るミトワの兄を演じたチャドさんは、お笑い芸人らしくコミカルに

チャドさん:芸人の僕がなんで出ているかというと、演じるヘンリさんの兄に “クリソツ”で本当に似ていたからなんです!

と語って会場の笑いを誘っていた。

役者陣の最後に挨拶を求められた監督は、神妙な面 持ちで

中村監督:ドキュメンタリーの監督だから俳優の方々と共に肩を並べて壇上にいることに緊張している。

と話し始め、

「でも、本当にイ メージ通りのキャスティングができて感謝している。撮影中はナチュラルハイになっていたから、いま冷静に考えると申し訳なくなる 気持ちもある。 (笑)8年かけて完成させ自分自身で納得ができている作品なので、是非多くの人に見てもらいたい!

と力強く語った。

映画情報どっとこむ ralph さらに撮影中のエピソードを聞かれると、ウエンツさんも余さんも、「監督にミトワさんがのり移っているようだった」と語り、

ウエンツさん:撮影中はとにかく中村監督の熱さがすごく伝わってきた。天候が悪かったりハプニングも多かったけれど、ヘンリさん も映画を撮りたがっていたけど、ところどころで監督にヘンリさんが本当にのり移っているな、一緒だなと思った。

それに対し

中村監督:ミトワさんと一緒にされたくないと思っていたけど、よくよく考えてみると総監督はヘンリ・ミトワなんだ な、と途中から思いながら撮っていた自分がいました。

と返した。終始和やかな雰囲気の中行われ、会場全体が『禅と骨』の公開を 祝福した時間となった。


公式サイト:
zenandbones

***********************************

監督・構成・プロデューサー 中村高寛 / プロデューサー 林海象 ドラマパート出演 ウエンツ瑛士 / 余 貴美子 / 利重剛 / 伊藤梨沙子 / チャド・マレーン / 飯島洋一 /山崎潤 / 松浦祐也 / けーすけ / 千大佑 / 小田島渚 / TAMAYO / 清水節子 / ロバート・ハリス / 緒川たまき / 永瀬正敏 / 佐野史郎 ナレーション 仲村トオル 音楽:中村裕介×エディ藩・大西順子・今野登茂子・寺澤晋吾・武藤イーガル健城

挿入曲「赤い靴」岸野雄一×岡村みどり×タブレット純、「京都慕情」岸野雄一×重盛康平×野宮真貴
エンディング曲「骨まで愛して」コモエスタ八重樫×横山剣(CRAZY KEN BAND)
2016 年 / 127 分 / HD 16:9 / 5.1ch
配給:トランスフォーマー
©大丈夫・人人 FILMS
     
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ