『旅する写真家 レイモン・ドゥパルドンの愛したフランス』監督夫妻来日トーク!


映画情報どっとこむ ralph 『旅する写真家 レイモン・ドゥパルドンの愛したフランス』が9/9よりシアター・イメージフォーラム他全国順次公開します。

本作は報道写真家としてマグナム・フォトに所属し、近年では映画監督としても活躍するレイモン・ドゥパルドンが、40年以上に渡って世界中を旅して撮りためたフィルムを妻と共に1本の映画として綴ったドキュメンタリーです。

この度、レイモン・ドゥパルドン監督とクローディーヌ・ヌーガレが来日致しました!
来日を記念し、9/1(金)に『旅する写真家』来日記念トークイベント付き特別先行試写会が行われました。

映画『旅する写真家』監督来日記念トークイベント
日時:9月1日(金) 
場所:アンスティチュ・フランセ エスパス・イマージュ
登壇:レイモン・ドゥパルドン監督、
クローディーヌ・ヌーガレ(共同監督)
司会:小柳帝(ライター・編集者・翻訳者)


映画情報どっとこむ ralph 本作は、フランスを代表する報道写真家・映画監督であるレイモン・ドゥパルドンが40年に渡って世界中を旅し、撮りためてきたフィルムの映像と、現在フランスの田舎町を撮り続けている姿を交互に編集したドキュメンタリー作品である。このように、彼の過去と現在をつなぎ合わせることによって、一人の偉大な写真家の人生を描き出している。

二つの時代を並行して構成した理由を問われると、今作の共同監督であり、レイモンの映像作品の製作・録音を担当してきたクローディーヌ・ヌーガレは、

クローディーヌ:2性の構成です。私たちは30年前から映像はレイモン、ナレーションは私が担当するのが当然でした。この作品を撮る前の10年間、私たちは農民の生活を映し続けてきたんです。でもここで、一度自分たちを振り返ってみることが大事だと思いました。

と、この作品の意義を語った。ちなみにクローディーヌは、作品作りにおけるレイモンのパートナーだけでなく、妻としても公私ともに彼を支えている存在だ。一方で

レイモン:かなり前から保存していたアウトテイクのフィルムを、何かの役に立てたいと考えていたんだ。その時、大判カメラを持ってフランス国内の旅に出発する予定でいたし、こうした大きなフォーマットで何かしたいと考えていた。ちなみに、ためていたフィルムには音が無かったから、そこへナレーションをクローディーヌにお願いしたんだ。

とその秘話を披露しました。

映画情報どっとこむ ralph また、映画監督になった経緯に関し

レイモン:当時映画はとても苦労のいることだったし、決して便利な手段ではなかった。手持ちにするととてもブレてしまうし、そういった点では写真の方がよかったんだ。でも今ではカメラ一台で写真も動画も撮れますよね。私は当時映像の撮り方を知らなかったんです。

また、

レイモン:1967年に仲間とガンマ社を設立したとき、映像も写真もどちらも撮ることを方針としたけれど、当時私たちが期待していたテレビ会社は私たちの撮影した映像を決して尊重してくれなかった。だから、映画の内容にニュース素材を使用しようと決めたんだ。

と当時を振り返る場面も。


また、今までに映し出してきたテーマについても語った。選挙中の政治家や、砂漠でとらわれている人質、人けのないところに住む農民など、それらを撮影する共通項として、それは

レイモン:最善の方法で彼らを撮影すること。そこに介入しない精神を持って撮影をする。カメラがそこに存在しないような形で展開していくんだ。カメラの前でごまかしていない人々の姿です。

とそのこだわりを見せました。クローディーヌが本作の完成できた理由の一つに挙げたのは“デジタルの到来”。

クローディーヌ:70年代から今日に至るまでのアーカイブを作成することは、10年前では出来なかった。その点でいうと、本作は例外的に素晴らしいと思います。

と自信をのぞかせ、また、映画作りの秘訣として「自分自身がプロデューサーであり自由であること」と話し、自由にテーマを扱えることの重要さを語った。

映画情報どっとこむ ralph 最後に、「夫婦で映画作りの出来ることを誇らしく思う」と微笑みあうレイモン・ドゥパルドンとクローディーヌ・ヌーガレ。

映画『旅する写真家 レイモン・ドゥパルドンの愛したフランス

は9月9日(土)よりシアター・イメージフォーラム他全国順次公開。

公式HP:
http://tabisuru-shashinka.com/


***********************************

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ