モニカ・ベルッチ『オン・ザ・ミルキー・ロード』本編映像到着


映画情報どっとこむ ralph エミール・クストリッツァ監督の9年ぶりとなる最新作『オン・ザ・ミルキー・ロード』が9月15日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国公開します。

圧倒的なエネルギーと、予測できないストーリーで描かれる、戦争が終わらない国を舞台に、運命の出会いを果たしたミルク運びの男と美しい花嫁の壮大な愛の逃避行の物語。

戦争の悲しさ・愚かさを描きながらも、その中に情熱的な恋、狂騒のダンス、温かいユーモアが詰め込まれた、エミール・クストリッツァの到達点と呼べる作品です。

今回解禁となったのは、モニカ・ベルッチ演じる「花嫁」が登場する本編シーン。

セルビア人の父とイタリア人の母を持つ「花嫁」は、ローマから父を探しに来た時に戦争に巻き込まれ、難民キャンプで暮らしていた。そんな中、主人公であるコスタと結婚し、兄・ジャガとダブル結婚式を行うという夢を叶えるため、ジャガの結婚相手を探していたミレナは、「花嫁」を見い出し、難民キャンプを訪れる。

難民キャンプで、花嫁は毎日同じ映画を観て涙を流して暮らしている。第11回カンヌ国際映画祭でパルムドールを獲得したミハイル・カラトーゾフ監督の『鶴は飛んでいく』(57/旧邦題『戦争と貞操』)だ。

その姿が別室のモニターに映され、様子を見ているミレナたちは思わずその美貌にみとれてしまう。「英国人の将軍が、花嫁のために殺人を犯した」という驚きのエピソードを聞かされる。「花嫁」の圧倒的な美貌と、彼女に心を奪われた男たちの危険性を感じさせるシーンから、この後のストーリーは予測できない展開へと進んで行く。

シーンが切り替わり別の本編映像では、ダンスを踊る「花嫁」、コスタ、ミレナが映し出される。ジャガの花嫁になるべくミレナにつれてこられた村で、「花嫁」は主人公・コスタと運命的な出会いを果たす。敵国と戦争をしていた村は休戦協定を結び、そんな奇蹟のような知らせに村人たちは大騒ぎ。狂騒の音楽が鳴り響き、3人は楽しげに踊ります。

映画情報どっとこむ ralph
モニカ・ベルッチは今回、エミール・クストリッツァ監督作品に初出演。監督としてはもちろん、ラブストーリーの相手役も演じたクストリッツァ監督について

モニカ:人としての幅が広くて、まるで人生を丸ごとガリガリとかみ砕いているような人。本当に生命力に満ちた人で、時々、彼のエネルギーについていくのが大変なほどです。彼と仕事をするのは、特別な経験ですし、挑戦でもありました。自分の作品にこれほど没頭している監督の撮影に参加するチャンスですから、こちらの気構えも相当なものです。このような撮影では、退屈することなどありません。まるでつむじ風に巻き込まれたようでした。

と本作の撮影を振り返った。「花嫁」というキャラクターに関しては、その描かれ方に驚いたそう。

モニカ:特に、それが男性によって書かれたことに驚きました。女性のすべての側面から、「花嫁」を描写しているのです。魅惑的で、保護者のようであり、人間的で、母性に満ち、ナイフで殺すような極端な行動も辞さず、けれども、危険に陥ったり、自制を失うと見せる少女のような脆さも持っている。それでも、すぐに勇気を取り戻し、命を投げうってもコスタを救おうとする。彼女は、男性の夢の女性ですね。

と語った。

映画情報どっとこむ ralph 普段、国際的なスターをほとんど起用しないことで知られているクストリッツァ監督。今回のモニカ・ベルッチの起用に関して、

クストリッツァ監督:彼女の今までの作品は、彼女の存在感を十分に引き出していたとは言えません。私は、彼女をもっと遠くの境地に、なごやかな画風であるアンティミスム風のやり方で、より奥深いレベルまで連れて行きたかったのです。彼女がそれを受け入れてくれたことは光栄ですし、素晴らしい仕事をしてくれました。

とその演技を絶賛しています。


ミルク運びの男・コスタと、美しい花嫁が愛の逃避行を繰り広げる本作。

オン・ザ・ミルキー・ロード
原題:On The Milky Road


物語・・・
物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去によって、村は襲われてしまい、2人の逃避行がはじまる。

公式HP:
http://onthemilkyroad.jp/

9月15日(金) TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショーー!

***********************************

監督・脚本:エミール・クストリッツァ

出演:モニカ・ベルッチ、エミール・クストリッツァ、プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ、スロボダ・ミチャロビッチほか

音楽:ストリボール・クストリッツア
提供:ファントム・フィルム/キングレコード
配給:ファントム・フィルム
2016年/セルビア・イギリス・アメリカ/アメリカン・ビスタ/125分
(C)2016 LOVE AND WAR LLC

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ