9・1世界へ!「メアリと魔女の花」英語吹替版のキャスト発表!


映画情報どっとこむ ralph 7月8日(土)より全国で大ヒット上映中の、スタジオポノック第一回長編作品「メアリと魔女の花」。

夏興行で強豪作品が多数揃う中、興行収入30億円越え!間もなく動員250万人を突破する勢いで、9週連続で観客動員ランキングのトップ10入りを果たしており、腰の強い興行が続いています。

そして今秋・・・・
、「世界のメアリ」が始動します。これにあたり、英語吹替版のキャストが決定!
メアリ役には、スティーブン・スピルバーグ監督に才能を見出され「BFGビッグ・フレンドリー・ジャイアント」で鮮烈な映画デビューを飾ったルビー・バーンヒル。

魔女の国のエンドア大学の校長のマダム・マンブルチュークは、米アカデミー賞に7度のノミネート経験を持ち「愛を読む人」で同賞主演女優賞を受賞した女優、ケイト・ウィンスレット。


映画情報どっとこむ ralph 西村義明プロデューサーコメント

原作の国・イギリスで収録し、全編イギリス英語で吹き替えました。

メアリは可憐で凛としていて、フラナガンとドクターは滑稽だったり。現地の吹き替えチームのアイディアで、北部、中部、南部、スコットランド地方など、イギリス各域のしゃべり方を採用し、人物たちの個性がさらに豊かになりました。

でも、一番驚いたのは、マダム役の声。天海祐希さんとケイト・ウィンスレットさんの演技は、ぴったり、そっくりです。

素晴らしいキャストの声と共にメアリの一夜の大冒険を、英語圏の方々にも楽しんでいただければ幸いです。

映画情報どっとこむ ralph その他のキャストも舞台、映画と活躍する実力派俳優、声優陣が揃い、英語吹替版の演じどころに早くも期待がかかります。映画の原作であるイギリスで英語吹替版のアフレコを実施しました。

「Mary and The Witch’s Flower」

【英語吹替版キャスト】
メアリ:ルビー・バーンヒル(Ruby Barnhill)
マダム・マンブルチューク:ケイト・ウィンスレット(Kate Winslet)
ドクター・デイ →ジム・ブロードベント(Jim Broadbent)
フラナガン →ユエン・ブレムナー(Ewen Bremner)
シャーロット → リンダ・バロン(Lynda Baron)
ピーター →ルイ・アシュボーン・サーキス(Louis Ashbourne Serkis)
バンクス →モーウェナ・バンクス(Morwenna Banks)
赤毛の魔女 →テレサ・ギャラガー(Teresa Gallagher)
ゼベディ →ラスムス・ハーディカー(Rasmus Hardiker)
光の精 → レベッカ・ルイス・キッド(Rebecca Louise Kidd)

映画情報どっとこむ ralph 映画「メアリと魔女の花」 

全国東宝系にて大ヒット公開中です。
URL:maryflower.jp

海外では最速、9月1日から台湾での公開を皮切りに順次公開となります。

あらすじ

この夏、メアリは出会う。
驚きと歓び、過ちと運命、そして小さな勇気に。
あらゆる世代の心を揺さぶる、まったく新しい魔女映画が誕生!

赤い館村に引っ越してきた主人公メアリは、森で7年に1度しか咲かない不思議な花《夜間飛行》を見つける。それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の“魔女の花”だった。
一夜限りの不思議な力を手にいれたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法世界の最高学府“エンドア大学”への入学を許可されるが、メアリがついた、たったひとつの嘘が、やがて大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。

魔女の花を追い求める、校長マダム・マンブルチューク。
奇妙な実験を続ける、魔法科学者ドクター・デイ。
謎多き赤毛の魔女と、少年ピーターとの出会い、そして…。

メアリは出会う。驚きと歓び、過ちと運命、そして小さな勇気に。
あらゆる世代の心を揺さぶる、まったく新しい魔女映画が誕生する。

***********************************

キャスト:杉咲花 神木隆之介
天海祐希 小日向文世 / 満島ひかり 佐藤二朗 遠藤憲一 渡辺えり / 大竹しのぶ
原作:メアリー・スチュアート(KADOKAWA刊)
脚本:坂口理子
脚本・監督:米林宏昌(『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』)
音楽:村松崇継
プロデューサー:西村義明
制作:スタジオポノック
製作:「メアリと魔女の花」製作委員会
©2017「メアリと魔女の花」製作委員会
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ