とうとうAIが映画キャッチコピーを作成、侵略開始!「散歩する侵略者」


映画情報どっとこむ ralph 『岸辺の旅』でカンヌ国際映画祭「ある視点」部門監督賞を受賞、国内外で常に注目を集める黒沢清監督が、劇作家・前川知大 率いる劇団イキウメの人気舞台「散歩する侵略者」を映画化。

数日間の行方不明の後、夫が「侵略者」に乗っ取られて帰ってくる。
黒沢監督が新たなエンターテイメントに挑戦します。

そして!宣伝マンやコピーライター驚愕!
この度、本作のキャッチコピーを博報堂が、自主プロジェクトとして全面協力。

キャッチコピーAIによる発想支援で映画のコピーが日本で初めて作成されました。博報堂オリジナルのアルゴリズムに映画『散歩する侵略者』のセリフを全てインプット、トライ・アンド・エラーを繰り返しながら、本作を表現するキャッチコピーを作成することができました。

<完成したAIコピー>

「侵略者でも愛したい。」

完成したキャッチコピー、開発プロセスのコーナーを設け「散歩する侵略者」公式ホームページよりご覧頂けます。
http://sanpo-movie.jp

映画情報どっとこむ ralph 映画『散歩する侵略者』
9月9日侵略開始。

物語・・・
行方不明の夫が戻ってきた。その夫が、衝撃の告白をする「自分は侵略者」・・・。

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。
急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。
一体何をしているのか…? 同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。
ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。
やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。
「地球を侵略しに来た」—真治から衝撃の告白を受ける鳴海。混乱に巻き込まれていく桜井。
当たり前の日常がある日突然、様相を変える。些細な出来事が、想像もしない展開へ。
彼らが見たものとは、そしてたどり着く結末とは?
公式サイト:
sanpo-movie.jp 
公式Twitter:
sanpo_movie
公式Facebook:
sanpomovie

***********************************


監督:黒沢 清 
原作:前川知大「散歩する侵略者」 脚本:田中幸子 黒沢 清 音楽:林 祐介  
出演:長澤まさみ 松田龍平 高杉真宙 恒松祐里 前田敦子 満島真之介 児嶋一哉 光石研 
    東出昌大 小泉今日子 笹野高史 長谷川博己
製作:『散歩する侵略者』製作委員会  
配給:松竹 日活 
(C)2017『散歩する侵略者』製作委員会
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ