樹木希林が何かがある!と称す日比遊一監督『ブルー・バタフライ』公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 昨年公開された監督作『健さん』でモントリオール世界映画祭最優秀賞受賞、日本映画批評家大賞を受賞し、自身の作品がアメリカ サンタ・バーバラ美術館に所蔵されるなど写真家としても活躍する日比遊一監督が、1987年以来、活動のベースとするアメリカを舞台にした初の劇映画『ブルー・バタフライ』。

その12月2日(土)に日本公開することが決定!あわせてポスタービジュアルが解禁となりました。


この映画には、次の作品を観たいと思わせる何かがある

樹木希林

義父から性的暴行を受けて育ったヤズは、本来の柔和な性格が一変し、心やさしい義兄のマニーを利用しながら酒やドラッグに身を任せる荒んだ生活を送っていた。マニーはヤズを守るために犯した罪で仮釈放の身だが、ヤズへの “特別な想い” を隠しながら、困ったときに頼ってくる義妹をなんとか支えようとする。

一方、マニーの保護観察官ブレナーは、自分のせいで死んだ実の息子にマニーを重ね、マニーからヤズをひき離すことで彼を立ち直らせようとする。しかしヤズの荒れ狂った行動はさらにエスカレートしていく…。

映画情報どっとこむ ralph 社会の底辺で苦しみ、もがきながら、ささやかな幸福の想い出と未来を「青い蝶」に託して生きるメキシコ系の女。それは俳優になる夢だけを携えてアメリカに渡った日比遊一監督が過ごした青春であり、だれにも頼れず貫くような孤独の中で生きる苦悩の記憶でもある。 

そんな主人公ヤズを演じたのは、Huluの人気シリーズ「East Los High」出演で知られ、自らもニューヨークで生まれ育ったトレイシー・ペレス。
また本作の撮影を担当したのは、デビット・フィンチャーやジョン・ボーケンキャンプなど、多くの監督から信頼を寄せられ、現在アメリカでもっとも活躍する撮影監督の一人である谷田ヤス。音楽を「COMBOPIANO」や「sighboat」として活動するかたわら、映画『美しい星』(吉田大八監督)の映画音楽ほか様々な分野で活躍する渡辺琢磨が手掛けるなど気鋭のクリエーターが集結した。

ジム・ジャームッシュやスパイク・リーなどニューヨーク・インディーズといわれる監督たちの映画に通底していた、天国であり地獄でもあり、自由だけどヒリヒリする感覚。 デニス・ホッパーやロバート・フランクに写真を認められ、N.Yを拠点に写真家としても活躍する日比監督が実話に着想を得て描き出す主人公の内なる叫びに、観客は心を揺さぶられるに違いない。  
        
***********************************

出演:トレイシー・ペレス イヴァン・カミロ ジョン・ジューバック
監督:日比遊一
配給営業:トリプルアップ 
配給:オンリー・ハーツ 
2014年/日本・アメリカ/89分
(C) ZZYZX STUDIO
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ