米軍が最も恐れた男は・・・家では掃除、洗濯係だったさ 初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 沖縄先行12日の初日初回には、劇場の外まで長蛇の列が100メートル以上続いたという『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー』が、本日8月26日(土)より東京での公開初日を迎え。舞台挨拶イベントが行われました。

上映は、こちらも全回が満席となる大ヒットスタート。
佐古忠彦監督、内村千尋氏(カメジロー・次女)が登壇し、ここでしか聞けない熱い想い、映画製作の裏側から本作品では描き切れなかった知られざる瀬長亀次郎の人柄まで語られました!

映画『アメリカ米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー』初日舞台挨拶
日付: 8月26日 (土) 
登壇:佐古忠彦監督、内村千尋(「不屈館」館長、カメジロー・次女) 
場所:ユーロスペース

映画情報どっとこむ ralph 本日、8月26日(土)、佐古忠彦監督、亀次郎の次女である内村千尋さんが登場

上映はすべての回で満席、立ち見のお客様がでる程の大盛況ぶり。見終わったお客様から温かい拍手を受けながら、トークイベントが始まりました。

映画公開初日を迎えた心境を聞かれる、

佐古監督:桜坂劇場では、長蛇の列ができていて感激しました。お客さんの表情をみていると“亀次郎に会いにきた”そんな表情をしていました。亀次郎の演説がある日は、家族揃って早く晩ご飯を食べて、亀次郎に会いにいこう!と演説会に駆けつけた、という話しをたくさん聞いたのですが、まさにその時と同じように駆けつけてきた、そんな表情でした。その表情をみて、いかに亀次郎が愛され、今も尚求められている人なのか実感しました。東京でもこんなにたくさんの人が来てくれ、感激しております。

映画情報どっとこむ ralph 内村さん:沖縄の人は、亀次郎の名前を知っている人はいますが、どういうことをした人なのか知らないという世代が増えています。沖縄の人にも観てもらいたいですが、全国でこの映画を観てもらえるよう、願っております。

と話し、初日を迎えられた喜びを語った。

今回何故、瀬長亀次郎さんを取り上げたのかきっかけを聞かれ

佐古監督:日頃基地問題のニュースがテレビなどで流れますが、いつも瞬間瞬間をきりとっているので全体がなかなか伝わらない。沖縄戦に関しての特集はこれまで作ってきましたが、ある時、戦後史が抜けているな、ということに気づきました。私自身20年間沖縄に通い続けていたので、瀬長亀次郎の存在は知っていました。95年の“少女暴行事件”があり県民大会が復活し、何故こんなにも県民大会が続くのか探ってみると、瀬長亀次郎の時代にいきつきました。亀次郎を通じて戦後史をみると、何故今沖縄の人々が声を上げ続けているのか、何故今も基地問題が続いているのか、見えるような気がしていました。去年、瀬長亀次郎のドキュメンタリーを放送すると、“こんな人物がいたんだ”などの多くの反応をいただき、少しでも多くの方に観ていただけたら、今の沖縄問題の理解に少しでも繋がればと思い、この映画をつくりました

と説明。

映画情報どっとこむ ralph 続けて、父、亀次郎さんについて聞かれると

内村さん:沖縄県民にとっては亀次郎の生き様に憧れや、共感を感じる人がいると思いますが、私にとっては普通の父だったので、佐古監督の資料などを観て、父はこんなに米軍を震え上がらせていた人だったのか、とびっくりしました。実は家で父は掃除、洗濯をやっていたんです。なので父が国会議員になって東京にいくと、洗濯係がいなくなったので母が洗濯機を買ったんです。

ととても意外なエピソードを披露。それを聞いて

佐古監督:父を愛してやまない娘さんですから。

というと、会場からは温かい拍手があがる一面も。続けて

佐古監督:亀次郎がいつも言っていた言葉の中に“小異を捨てずに大同につけ”という言葉があります。色々違いはあるけどこの時は一つになろうと。その言葉にも何故今も沖縄が声を上げ続けているのか、それが見えてくるような気がしています。

と話した。

最後に・・・

佐古監督:沖縄の人がどう感じてくれるか気になりますが、特に本土の人にも広めたいと言う気持ちが強くあります。気に入っていただき、少しでも沖縄の現状の理解につながればと思っておりますので、周りの人に是非進めていただけたら嬉しいです。

と締めました。

物語・・・
沖縄の戦後史。そこで闘った男の生き様を知れば、地続きの歴史が見えてくる。
男は、ガジュマルをこよなく愛した。「どんな嵐にも倒れない。沖縄の生き方そのもの」だと。那覇市を、かつてたった11ヶ月だけ率いた、その男が好んで使った言葉がある。それは「不屈」。1945年の終戦後、沖縄で、民衆の先頭に立ち、演説会を開けば毎回何万もの人を集めた男。その名は、瀬長亀次郎。団結して立ち向かったのは、戦後沖縄を占領したアメリカ軍の圧政。祖国復帰へ向けて民衆をリードした、その人物は、アメリカが最も恐れた男だった。

公式HP:
www.kamejiro.ayapro.ne.jp

***********************************

監督:佐古忠彦 
撮影:福田安美 
音声:町田英史 
編集:後藤亮太   
エグゼクティブプロデューサー:藤井和史 
プロデューサー:大友淳、秋山浩之
語り:山根基世、大杉漣  テーマ音楽:「Sacoo」作曲・演奏 坂本龍一
音楽:坂本龍一、兼松衆、中村巴奈重、中野香梨、櫻井美希                              
2017年/日本/日本語/カラー(一部モノクロ)/ビスタ/ステレオ/107分
配給:彩プロ ©TBSテレビ  

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ