黒羽麻璃央x足立梨花『アヤメくんののんびり肉食日誌』予告編到着!


映画情報どっとこむ ralph 祥伝社が発行する女性向け月刊コミック誌「FEEL YOUNG」で絶賛連載中の『アヤメくんののんびり肉食日誌』。

黒羽麻璃央・足立梨花のW主演により実写映画化されることが決定し、2017年10月7日(土)より全国ロードショーとなります。

『アヤメくんののんびり肉食日誌』の舞台は、とある大学の生物学科の研究室。一見“草食系男子”で、のほほんとした雰囲気のアヤメは、好奇心旺盛で恐竜オタクな優等生。

帰国子女として帰国した直後に、先輩の女子大生・椿(つばき)と出会ったことで恋に目覚め、椿への恋愛感情をストレートにグイグイ表現する肉食系のアプローチを仕掛けて行きます。一方、今どきの恋愛に積極的に見える椿は、実は昔、地味で太っていたことをコンプレックスに持つ、恐竜の化石や骨が大好きな少々変わりモノの美女。

そんな椿は、ひと筋縄じゃいかないアヤメからの猛烈なアプローチに、最初は戸惑い、振り回されながらも、自分に対する真っ直ぐな気持ちに、徐々に心惹かれて行きます。アヤメと椿のもどかしくもおかしな恋愛模様が、二人を取り巻く研究室の仲間と共に、瑞々しくスクリーンに映し出され、観る人の心を幸せに包んで行くこと間違いなしの胸キュン研究室ラブコメディです!!

映画情報どっとこむ ralph  “草食系”と“肉食系”の良さを合わせ持ったハイブリッドな“ロールキャベツ男子”のアヤメを演じるのは、「テニスの王子様」「黒子のバスケ」や、話題騒然の「刀剣乱舞」など人気2.5次元ミュージカルへ主要キャストとして出演し、人気急上昇中の黒羽麻璃央(くろば まりお)。ヒロインの椿には、テレビドラマ・バラエティ・CMなどその活躍の幅を広げ、老若男女へ認知度と好感度を急激に高めている足立梨花(あだち りか)。

また、黒羽とともに「刀剣乱舞」で人気を二分する佐伯大地(さえき だいち)と、雑誌「ViVi」の専属モデルであり次代のファッションリーダーとして人気を集める瑛茉ジャスミン(えま ジャスミン)が、主人公ふたりの恋路を邪魔する恋敵として登場します。

その他、研究室仲間に尾関陸(おぜき りく)や、永田崇人(ながた たかと)、唯月ふうか(ゆづき ふうか)等、今年ネクストブレイクが期待される勢いのある若手俳優陣や、アヤメの父親役に鶴見辰吾、研究室の先生役に酒井敏也、研究室のOBのプレパレーター(*)役にGENKINGらが脇を固めています。

 (*プレパレーター → 化石の技術者。化石研究者らと協力し、発掘や修復、化石標本の管理などの業務に携わる。)

この度、予告編が完成し、主題歌も決定しました!


予告編の内容は、イケメンよりも骨が好きという骨格マニアの女子大生である椿(足立梨花)の前に、イギリスからの帰国子女で恐竜オタクの大学生アヤメ(黒羽麻璃央)が現れるところからスタート。椿に一目惚れするアヤメと、アヤメの骨格に興味津津の椿。そこに、同じ研究室の先輩である鈴木仁英(佐伯大地)が現れ、アヤメを出し抜こうと椿に急接近。さらに、アヤメに熱烈な好意を寄せるイギリス時代のガールフレンド、エリザベス(瑛茉ジャスミン)が緊急来日!獰猛な肉食コンビが、アヤメと椿の恋の大きな障壁に。アヤメの父親である菖蒲綾夫(鶴見辰吾)がアヤメと椿の恋の行方を左右するキーパーソンであることも伺えます。アヤメ、椿、仁英、エリザベスら4人が繰り広げる、研究室を舞台にした恋の四角関係はどんな結末を迎えるのか、ストーリー展開が大変気になる予告編に仕上がっています。

映画情報どっとこむ ralph さらに、本作公開直後の10月11日にメジャーデビューする、edda(エッダ)の楽曲「ディストランス」が主題歌に、そして「魔法」が挿入歌に決定しました。

 世の中に埋もれているあらゆる感情や声達を人々に伝えたいという想いから、「物語を語り継ぐ」という意味を持つ言葉「edda(エッダ)」をアーティスト名に、今年から活動を開始したedda。その儚く美しい声と独特の歌詞世界が評価され、デビューシングルに収録される3曲すべてにタイアップが付いています。

【デビューシングル「チクタク」edda / ビクターカラフルレコーズ / 10月11日リリース】

 <収録曲>
 1.「チクタク」   ※日本テレビほか アニメ「Infini-T Force」エンディングテーマ
 2.「ディストランス」※映画『アヤメくんののんびり肉食日誌』主題歌
 3.「魔法」     ※映画『アヤメくんののんびり肉食日誌』挿入歌


映画情報どっとこむ ralph W主演の黒羽麻璃央さんと足立梨花さん、そして芝﨑弘記監督からeddaの楽曲へのコメントも届きました。

◆ 黒羽麻璃央さんからのコメント(アヤメ役)

eddaさんの不思議でホッコリとする雰囲気と
アヤメくんの雰囲気がピッタリとハマっていますし、なんだろ、マシュマロ的な?
主題歌の「ディストランス」を聞いて恋をすると自分の世界がその人に染められていく模様や「恋に落ちた僕の心臓を食べて」この表現に全部持っていかれましたね。恋って心臓をえぐられる感覚とかありますもんね。「魔法」は挿入歌なだけあって椿ちゃんとアヤメくんの心情がのってると思います。優しさと切なさ聴きながら撮影期間中の椿ちゃんへの思いがふつふつとまた沸騰してます。

◆ 足立梨花さんからのコメント(椿役)

完成した映画を観て、まずみんなが「あの歌誰が歌ってるんですか?」と監督に聞いていました。それぐらい、アヤメくんの世界観にもピッタリで…
すごく気になる歌で…こんな素敵な曲が主題歌で嬉しいです!この映画とともに、早くみなさんにもこの曲を聴いてほしいと思いました。

◆ 芝﨑弘記監督からのコメント

映画の主題歌を依頼するにあたり「観た人すべてが、ハッピーになれる曲」をお願いした。eddaから紡ぎ出された曲「ディストランス」は、まさに”恋が走りだす”イメージそのものだった。当初はエンディングテーマのみでの起用を考えていたが、聴けば聴くほど、主人公とヒロインの恋が走りだすシーンでこの楽曲を使いたいと思いにかられ、映画音楽の表現としては異例の本編中、同一曲が二回流れる展開になった。他のアーティストが敢えて詞にしないところを、少し違った目線で真っ直ぐに伝えてくるeddaの世界観。確実に聴く人の心を掴むその歌声は、これから多くの人の感情を揺さぶるだろう。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
動物の骨格研究に情熱を注ぐ理系女子大生、椿雛菊。彼女はイギリス育ちの菖蒲瞬と出会い、次第に惹かれてゆく。骨マニアの椿と、のんびり屋に見えて情熱的な一面をもつ菖蒲。不思議な2人の恋が成就し掛けた時、菖蒲の幼馴染のイギリス美女エリザベスが現れ、椿に好意を持つ先輩・仁英も加わり、恋の四角関係に突入する!

公式サイト:
www.ayamekun-movie.com 

***********************************

出演:黒羽麻璃央 足立梨花  佐伯大地、瑛茉ジャスミン、尾関陸、永田崇人、唯月ふうか・GENKING/酒井敏也 鶴見辰吾
原作:「アヤメくんののんびり肉食日誌」町麻衣(祥伝社/FEEL YOUNG)
監督:芝﨑弘記  
脚本:阿相クミコ  
制作プロダクション:ホリプロ  
配給・宣伝:ホリプロ/スターキャット
Ⓒ2017 町麻衣/祥伝社/映画『アヤメくんののんびり肉食日誌』製作委員会
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ