監督には仲間がついてくる!大東駿介・貫地谷しほり『望郷』完成披露舞台挨拶で


映画情報どっとこむ ralph 「告白」「白ゆき姫殺人事件」「リバース」のミステリー作家・湊かなえのベストセラー『望郷』が、貫地谷しほり、大東駿介、木村多江、緒形直人、森岡龍、浜野謙太ら豪華キャストを迎え映画化!2017年9月16日(土)より新宿武蔵野館にて公開となります。

そして、本日公開に先立ちダブル主演を務めた貫地谷しほりさんと大東駿介さん、そして菊地健雄監督による完成披露上映会が行われました。

『望郷』舞台挨拶付き完成披露上映会
日程:8月22日(火)
場所:新宿武蔵野館
登壇:貫地谷しほり 大東駿介 菊地健雄監督

映画情報どっとこむ ralph 早い段階で満員となった会場に3名が登場すると、温かい拍手が。

貫地谷さん:本日は誠にありがとうございます。私にとってとても大切な作品になりました。ドキドキしています。

大東さん:望郷と言うことで、自分の過去や郷里だったりと向き合わざるを得ない作品で、皆さんもそういう気持ちになていただけるのでは?と思っています。

菊地監督:貫地谷さんと大東君とこうして舞台に立てたのが監督として光栄で、嬉しく思っています。

との挨拶からイベントはスタート。
この作品のオファーが来た時のことを

貫地谷さん:脚本が面白くて凄くやりたくて・・でも、なぜ私?と言うのはありましたね。

菊地監督:原作が湊さんの故郷の因島をモデルにしているので、島の中で育った二人の成長譚にしたくて、過去作を観て貫地谷さんと大東さんならと確信してオファーしました。

と、オファー理由を述べる監督。

大東さん:湊さんの作品は二回目ですが、白雪姫の時は撮影10分で台本もらってないですから。アドリブだけ。今回は台本もらって・・嬉しかったです。

菊地監督:主演だからね。台本渡さないのはチャレンジ過ぎるよ。

と、意外と大東さん発言が面白い。

映画情報どっとこむ ralph 実際の撮影に関して

菊地監督:因島に泊りで近い距離間で、其々の役柄を繊細な部分で作り上げられたので、チームの一員になってもらえたのが良かったです。

一方、監督の印象を聞かれるとべた褒め

貫地谷さん:ピアスが印象的でお洒落な監督で。衣装合わせも二回。演出も本当に細かいところまで見ていただけていたので、妥協無く演じさせてくれる安心感があって、監督とご一緒できて嬉しかったですね。委ねましたね。

大東さん:演出面でもスタッフさんや僕ら俳優部がより良くしていくための演出を理解して撮影していて、それは監督の力だなと。仲間がついてくる監督なんです。

褒められて、にやにやが止まらない監督。

本作は、役者の表情、目の動き、そして光やアングル、その他の演出にまで繊細に作りこまれた作品と評判。スタッフも相当気合が入っていたのではと思われる映像になっています。

映画情報どっとこむ ralph 撮影時の苦労を聞かれると

菊地監督:二人は現場はピリッとしていて、気の抜けない時間が続いて、重さを感じながらの演技は大変だったと思いますね。
大東さん:貫地谷さんは苦しそうでしたね・・・。
貫地谷さん:そう!凄く苦しかったんです!でも大東さんはなんか因島を謳歌していて。
菊地監督:地元の方となじんでたよね。

と正反対な過ごし方をしたそう。


話は共演の木村多江さんに関して

貫地谷さん:薄幸なイメージですよね。でもとっても明るくてパワフルな方なんですよ!強い先輩だなと学ぶことが多かったです。支えてもらいました。

と語る貫地谷さん。一方、緒方直人さんは大東さんの幼少期のお父さん。出番がないシーンも自発的にお父さんがどういう人だったのか、感じるために見学していたと監督が話すと、

大東さん:緒方さんは言葉に対する責任感を感じて。居るということ。立ち振る舞いが凄いんですよ。本当に勉強させていただきました。

と、役作りに余念がなかった、ご様子。

映画情報どっとこむ ralph 最後に

貫地谷さん:誰もが感じたことのある窮屈さが映っています。でも、そこから一歩踏み出す勇気になる映画になっていると思います。大事な方と是非。

大東さん:自分の31年間に向き合うことになった映画です。皆さんの、そういう切っ掛けになったらいいなと思ってます。大好きな映画になりました。

菊地監督:観て感じていただければと思っています。そして、観た後に少しでも故郷に思いを馳せていただければと思います。


望郷



物語・・・
古いしきたりを重んじる家庭に育った夢都子(貫地谷しほり)は、故郷に縛られ生活をしていた。彼女は幼いころから本土にある“ドリームランド”が自由の象徴であったが、それは祖母や母(木村多江)の間で決して叶わない“自由”であった。月日は流れ結婚をし、幸せな家庭を築く中、ドリームランドが今年で閉園になる話を耳にする。憧れの場所がなくなる前に、彼女がずっと思い続けてきた事を語り始める―。一方、本土から転任の為9年ぶりに故郷に戻った航(大東駿介)のもとには、ある日、父(緒形直人)の教え子と名乗る畑野が訪問してくる。彼は、航が知らなかった父の姿を語り出し、本当の父親を誤解していた事を知る事となるが―。ある島で起こる、ふたつの親子の過去と未来をつなぐ感動の物語。

公式サイト:
bokyo.jp 
公式Facebook:
@bokyomovie/ 
公式Twitter:
@bokyo_movie

***********************************

出演:貫地谷しほり 大東駿介 ・ 木村多江 緒形直人 他
原作:湊かなえ「夢の国」「光の航路」(『望郷』文春文庫 所収)
監督:菊地健雄 脚本:杉原憲明
制作・配給:エイベックス・デジタル
2017 / JAPAN / 112min / COLOR / 1:1.85 / 5.1ch / ©2017 avex digital Inc.
    
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ