千鳥・大悟、手塚理美、甲本雅裕『桃とキジ』コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph 「桃太郎」ゆかりの地・岡山を舞台に素敵な人間たちが織り成す、みんなを笑顔にするハートフルストーリーの映画『桃とキジ』が9月9日(土)よりシネマート新宿にて他全国順次公開です。
「桃太郎」を岡山の保育園で演じたのがきっかけで、女優を目指し上京するも上手くいかず、父が亡くなってから5年故郷に帰れていなかった女性が、母親が父の死後一人で切り盛りする帽子店を畳むことを知り、帰郷して自身や家族、郷土の友人との絆を見つめ直すハートフルストーリーです。

主人公・桃を演じるのは、本作が映画主演デビューの櫻井綾。
主人公を支える同級生・キジ役は、元・MENS’ NONNOモデルで、現在は俳優業に専念をしている弥尋(みひろ)。

その他、主人公に親子の絆を思い出させる亡き父親役で、『踊る大捜査線』シリーズなどの岡山県出身の甲本雅裕、厳しくも影で主人公を支える母親役でベテランの手塚理美が脇を固める。

また、主人公を追い詰める謎の男役で、岡山県出身の千鳥・大悟、映画プロデューサー役でベンガルらも出演。

映画情報どっとこむ ralph 甲本雅裕さん、手塚理美さん、千鳥・大悟さん コメントが到着しました!

小島 盛太郎役:甲本雅裕さん コメント
まずこの脚本を読んだ時、役者を始めた頃の自分を思い出しました。僕の場合は誰にも告げず東京に行き劇団に入ったので、友達からは行方不明になったと思われてました(笑)その頃は出て行くことしか頭になく、帰るなんて微塵も思わなかったんですが、30年以上経った今、岡山に帰りたい!そう思うようになりました。
そんな時、この映画のお話を頂き即答でお受けしました。

役作りは主人公の桃と30年前の自分が凄く重なるので、その頃自分の両親は何を思っていたのかを考える事でした。
兎にも角にも心配…それを乗り越えられる信頼と深い愛情。
この2つを思いながら演じました。そして演じ終えた後には両親に対し改めて感謝の気持ちで一杯になりました。

この映画をご覧になられる方々には岡山は勿論のこと、夢を抱き田舎から上京している方に少しでも故郷を思ってもらえるきっかけになれば幸いです。


小島 白百音役:手塚理美さん コメント
「桃とキジ」というタイトルにひかれ、岡山という土地にまた訪れてみたかったですし、何故か縁の様な物を感じたので、出演させて頂きました。

岡山弁はとても難しく、出来るだけ不自然にならないように心がけましたが、、、とても、苦労しました。
百合音の強さの中の優しさが出せたら良いなと思って演じました。

夫役の甲本さんとは、以前にもご一緒させて頂いてましたので、とても安心して夫婦役に取り組めました。
娘役の櫻井さんは、とても清潔感のあるお嬢さん。本物の親子になれる様心がけましたが、如何でしたでしょうか?


鬼塚 宗助役:千鳥・大悟さん コメント
地元岡山が舞台の映画だったのですが、 僕のシーンはほぼ喧嘩のアクションシーンで周りの役者が本気なので次の日僕はあざだらけでした。
でも、それだけ皆が気持ちを入れている映画なので是非劇場へ足をお運びください。
岡山から出て来た人は地元の商店街や懐かしい場所が沢山映ってるので、ぜひ見てみてください。

映画情報どっとこむ ralph そして、場面写真も到着!

西川緑道公園の夜景のシーン、

日本100名城にも選定されている桃太郎伝説の吉備津彦命による温羅退治の伝承地として知られている総社市鬼ノ城のある吉備高原でのシーンなどの、岡山の美しいロケ地での写真、

桃が帽子店の実家でお父さんが最後に作った大事な帽子を受け取るシーンや、

お父さんが娘の桃を想って泣くシーン、

オーディションで他の女優が受かった時のシーン、

サルこと山口海人(写真左・木ノ本嶺浩)とイヌこと岸本成多(写真右・北村友彦)の喧嘩のシーン


映画情報どっとこむ ralph 映画『桃とキジ

物語・・・
保育園のお遊戯会で『桃太郎』を演じた女の子、小島桃(櫻井綾)。同級生の男の子をお供にしたがえ、見事に演じあげた。その後、演劇に目覚め、女優を志し、岡山から18歳で上京するも、そこは厳しい世界だった。それでも頑張って来られたのは、女優を応援してくれた父がいたからだった…。ところが、その父は病死。その後も全く芽が出ず、生活も苦しく、気付けば26歳に。でも、どこかで思っていた。「自分には帰る実家がある」と。そんなある日、母が一人で切り盛りする帽子店を畳むことを知る。慌てて、実家に戻ると、そこにはすっかり大人になった保育園の同級生でキジ役だった秋山洋介(弥尋)、サル役だった山口海人(木ノ本嶺浩)、イヌ役だった岸本成多(北村友彦)と再会するのだったが。

momotaro-kun.com

***********************************

出演:櫻井綾 弥尋 木ノ本嶺浩 北村友彦 千鳥・大悟 桃瀬美咲 江西あきよし ベンガル 甲本雅裕 手塚理美
監督:喜多一郎  脚本:金杉弘子  
エグゼグティブ・プロデューサー:成廣通義 

主題歌:『未来RAIL岡山』岸田敏志
製作:HIROPRO 
制作プロダクション:オフィスキタ 
配給:ベストブレーン
©2017「桃とキジ」製作委員会  
2016年/日本/DCP/カラー/ビスタ/83分/G 
     
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ