アクタン・アリム・クバト監督Centaurの邦題『馬を放つ』で公開決定!


映画情報どっとこむ ralph キルギスが世界に誇る名匠アクタン・アリム・クバト監督の最新作「Centaur(原題)」の邦題が、『馬を放つ』に決定。また、2018年3月中旬より、岩波ホールほか全国順次公開することに決定しました。


中央アジアの美しい国キルギス。

自然を愛し、馬と共に生きてきた騎馬遊牧民を先祖に持つ人々は、“馬は人間の翼である”という古くからの言葉を大切にしてきたはずだった。しかし、かつての信仰が薄れ、人々を結び付けてきた伝説が忘れられようとしているとき、寡黙な男ケンタウロスは夜な夜な馬を解き放つ。

アクタン・アリム・クバト監督最新作『馬を放つ』は、あまりにも純粋なひとりの男の姿を通し、人々を繋いできた文化的アイデンティティーが失われつつある現代社会に向けて、静かな問いを投げかけます。

本作で、アクタン・アリム・クバト監督はメガホンを取る一方、熱い信念を秘めた主人公ケンタウロスを熱演。

また、6年ぶりとなる新作では、アカデミー賞外国語映画賞を受賞した『ノー・マンズ・ランド』(ダニス・タノヴィッチ監督)などを手掛けてきたチェドミール・コラールらがプロデューサーを務め、ベルリン国際映画祭パノラマ部門国際アートシネマ連盟賞受賞、ベルギーMOOOV映画祭最優秀作品賞受賞ほか各国の映画祭で高い評価を受けています。


尚、この作品は、11月18日~26日に開催される第18回東京フィルメックス・コンペティション部門でのジャパンプレミア上映が決定しています。

馬を放つ

2018年3月中旬より、岩波ホールほか全国順次公開!
岩波ホール創立50周年記念作品第2弾!

物語・・・
キルギスのある村。村人たちから”ケンタウロス”と呼ばれている物静かで穏やかな男は、妻と息子の3人でつつましく暮らしていた。しかし、そんな彼には秘密があった。キルギスに古くから伝わる伝説を信じ、夜な夜な馬を盗んでは野に放っていたのだった。ある日、馬を盗まれた権力者は馬泥棒を捕まえるため罠を仕掛けるが・・・。

***********************************

監督・脚本:アクタン・アリム・クバト
出演:ヌラリー・トゥルサンコジョフ、ザレマ・アサナリヴァ、アクタン・アリム・クバト
2017年/ キルギス=フランス=ドイツ=オランダ=日本/89分 
配給:ビターズ・エンド
     
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ