SKIP映画祭 燦燦-さんさん-から幕開け


高齢者の婚活”を描いた『燦燦-さんさん-』が、本日開幕したSKIPシティ国際Dシネマ映画祭のオープニング作品としてワールドプレミア上映されました。

婚活しようと決意する77歳の主人公を演じた吉行和子さんや、共演の宝田明さん、そしてシニアの劇団員で構成されるさいたまゴールド・シアターの劇団員、そして本作で長編映画監督デビューを飾った外山文治監督の合計8名が登壇する、大変賑やかな舞台挨拶となりました。


司会者から、「お一方ずつ、年齢も含めた自己紹介をお願い致します」と振られると、吉行さんの77歳を筆頭に、宝田さんの80歳、そして劇団員5名の平均年齢は、73歳と、その年齢が出る度に会場からは「若い」、「へぇ?」の声がもれていました。

そして最後に自己紹介となった外山監督は32歳と気むずかしそうに自己紹介をすると、吉行さんがすかさず「32歳のく・せ・に、高齢者のことをよく分かっていて、いくつになってもちゃんと心は動いているんだよ、ってことを知っている。それに、結構イケメンだし。」と発言すると、会場は笑いに包まれました。

また、デジタルに特化した映画祭ということで、宝田さんは、「59年前に東宝に入った時は勿論フィルムだけでした。今は、ポケットに素材を入れて、海外に行って『これを上映してください』といえる時代になった。素晴らしいの一言に尽きます」と、今回4Kという最新のデジタル環境で撮影された本作について絶賛。


外山監督からは、「この作品を全国どこに出しても胸を張れるものに仕上げました。“メイド・イン・さいたま”のこの映画を何とか応援して頂けたら!」と会場に呼びかけると、宝田さんが「アメリカに行って上映したいと思っています」と、その夢は監督以上に膨らんでいる様子でした。

最後のフォトセッションでは、思わず吉行さんに宝田さんが熱い抱擁をする場面もあり、終始笑いが絶えない舞台挨拶となりました。


『燦燦-さんさん-』は、11月公開となります。 
 
********************************************************************


出演:吉行和子 山本學 / 宝田明

脚本・監督:外山文治

原案:外山文治「燦燦」
(ユナイテッド・シネマ主催 第六回シネマプロットコンペティション グランプリ・SKIPシティ賞W受賞作品)
キャスティング協力:彩の国さいたま芸術劇場
製作:埼玉県/SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ 
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント 
配給:東京テアトル/デジタルSKIPステーション  
©埼玉県/SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ  
2013/日本/81分  公式サイト:sansan-eiga.com

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ