池上彰 登壇 レイ・クロックとは何者だったのか『ファウンダー』トークイベント


映画情報どっとこむ ralph 『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』が7月29日(土)より全国公開となります。

7月25日、テレビ東京ビジネスオンデマンド・日経W倶楽部共同開催の特別試写会が開催され、上映前のトークイベントにジャーナリスト の池上彰氏が登壇。登壇するなり、挨拶もそこそこ、さっそく本作の主人公、マイケル・キートン演じるレイ・クロックについて話が及んだ。

日米の経済の違いが分かる! レイ・クロックとは何者だったのか―『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』
THE FOUNDER

ジャーナリスト池上彰氏登壇トークイベント
日程:7月 25 日(火)
会場:神楽座
登壇:池上彰
司会:相内優香(テレビ東京アナウンサー)

映画情報どっとこむ ralph 本作の感想を聞かれ、池上さんは 20 年ほど前に本でレイの存在を知り、本作を観て久しぶりに思い出したそう

池上さん:(レイは) 非常にアグレッシブな人物。ここまでやらなければならないのか、もしくはこれだけやったからこそ 帝国(マクドナルド)を築くことができたのか。映画を観た人がそれぞれ判断を任されるそん な作品です。個人的には<ルート 66(道路)>を東から西へ横断するシーンが出てきますが、 私くらいの世代には、テレビドラマの影響でこれが大変懐かしくてたまらなかった。1950 年代のアメ リカってこうだよね、と思える。あの時代の雰囲気や車などそういう見方も楽しいかもしれません。

人生の転機について 52歳でマクドナルド兄弟と出会ったレイ。池上の転機といえばNHKの退職時とも言えるのでは? と共通点について投げかけると

池上さん:確かに辞めていますけどレイと一緒にしないでください!(彼と一 緒なんて)ありえないですね、マクドナルド兄弟側になっていた可能性はあるかもしれないですけどね(笑)。兄弟の品質へのこだわりに共感をしました。たしかにとても実直で、もう少し融通がきけばレイとの衝突もここまでにはならなかったと思わない所もあります。どちらの側にも共感ができました。レイは兄弟が気付かなかったチャンスに気 付き、その説得力はなかなかなものでした。一方で兄弟は FC 展開をすることで自分たちの手にはおえないほど大きくなり、このままではいけな いのではないかと葛藤する。販売するモノへのこだわりです。これは現代版の「集中と選択」ですよね。

と現代に通じる会社を甦らせるため に必要な成長戦略に紐づけて解説。劇中のミルクシェイクのエピソードでは、牛丼のFC店「吉野家」が一時使用したという粉末のタレ問題 を思い出したと語り、画期的なシステムを構築し、発見した人間が成功者になりえたゆえんをマイクロソフト、ユニクロ、Amazonなどを例に出 し、場内多くの観客を唸らせていた。

タイトル「ファウンダー」の真意とは

池上さん:映画のタイトル「ファウンダー」はものすごい皮肉です。はたして 創業者は誰か、という問題に行き着きます。この30秒で ハンバーガーを提供するシステムのファウンダーはマクドナル ド兄弟。マクドナルドの店を帝国にしたのはレイですから。 今の時代だったら、どこかの国がすぐやりますけどパクっちゃえ ばいいことなんです。でもレイはこの<マクドナルド>に固 執したんですね。なぜか?それが映画の最後に明かされる んですよ。ネタばれになるからここまで・・! アメリカの資本主義はこういう人達がいるから発展した んですね。日本人はマクドナルド兄弟へ共感を得る人が多いと思います。だから日米の経済の違いが出てくる。 日本がデフレを突破できないのは、そういう見方できるんじゃないでしょうか。観たくたるでしょう?観たら観たで、 知らない誰かに教えたくなる、そんな映画なんです!」と池上節が炸裂。自著の告知も交えながら、がっちり観客を掴み場 内を沸かせつつ、トークイベントは終了となった。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
1954 年アメリカ。52 歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある 日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟 が経営するハンバーガー店<マクドナルド>があった。合理的な流れ作業の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・ 高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契 約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレ イは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。



***********************************

監督:ジョン・リー・ハンコック
脚本:ロバート・シーゲル(『レスラー』)
出演:マイケル・キートン、ニック・オファーマン、ジョン・キャロル・リンチ、ローラ・ダーン
2016 年/アメリカ/英語/カラー/115 分/

© 2016 Speedee Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED
提供:KADOKAWA、テレビ東京、BS ジャパン、テレビ大阪
配給:KADOKAWA

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ