『あさがくるまえに』カテル・キレヴェレ監督から動画メッセージ到着!


映画情報どっとこむ ralph この度、9月16日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国順次公開致します『あさがくるまえに』のカテル・キレヴェレ監督からのメッセージ付き予告編、60秒短縮予告、及びにメインビジュアルを解禁。公式HPも正式オープン。

『あさがくるまえに』は、前二作がカンヌ国際映画祭に正式出品されたフランス映画界の期待の新鋭カテル・キレヴェレの最新作。

2014年に出版されフランス国内で数々の文学賞に輝いたメイリス・ド・ケランガルのベストセラー小説の映画化作品である。監督にとって日本初の劇場公開となる本作は、心臓移植という現実に直面した家族、恋人たち、医者たちの心の揺れや葛藤を、一日の物語として、女性らしい繊細さで描いたヒューマンドラマ。

情感豊かで叙情性あふれる幻想的な映像と最先端医療のリアルな描写を通して、喪失と再生の物語が描かれる。

映画情報どっとこむ ralph この度、解禁された予告編には、ギャバン・ヴェルデが演じるシモンが、サーフィンをし、自転車で町を疾走し、恋をしている彼女とキスをしている躍動感あふれる場面が、詩情豊かな映像で語られる。その後に、大波が襲ってくるシーンと共に、彼が事故にあったことが暗示される。病院に搬送されるシモン。そして医師からシモンの両親(エマニュエル・セニエ、クール・シェン)に対して脳死状態に陥っていることが告げられる。悲嘆にくれる両親に対して、医師は「臓器提供」を考えて欲しいと告げることになる。

続けて映像は、臓器提供される側である、熟年の女性を映し出すが、人の心臓を使ってまで生きることに対する戸惑いと葛藤を感じていることが見て取れる。臓器提供をされる側という難しい役柄を演じているのは、グザヴィエ・ドラン『Mommy/マミー』などの熱演も記憶に新しいアンヌ・ドルヴァル。
本作が、臓器提供をする側、される側のそれぞれの苦しみや葛藤、そして周囲の人々や医師などの関わりを丁寧に、そして時にエモーショナルに力強く描いていることが予告編からも読み取れる。



また、予告編の冒頭には、日本の観客に対するカテル・キレヴェレ監督からのメッセージも挿入されている。「今までに3本の作品を制作しているが、3本目にして初めて日本で劇場公開される」ことを心から喜んでいる様子で、 「この作品が皆さんの心を動かしますように」と締めくくっている。

映画情報どっとこむ ralph 9月16日、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー


物語・・・
夜明け前、彼女がまだまどろみの中にいるベッドをそっと抜け出し、友人たちとサーフィンに出かけたシモン。しかし彼が再び彼女の元に戻ることはなかった。帰路、彼は交通事故に巻きこまれ、脳死と判定される。報せを受けた彼の両親は、その現実を受け止められないでいた。医師はシモンが蘇生する可能性は無いことを伝え、移植を待つ患者のために臓器の提供を求めるのだが。その時間の猶予は限られている‥。

公式HP

***********************************

監督:カテル・キレヴェレ
出演:タハール・ラヒム、エマニュエル・セニエ、アンヌ・ドルヴァル、ドミニク・ブラン、ギャバン・ヴェルデ
2016年/フランス=ベルギー/カラー/104分/スコープ・サイズ/DCP
日本語字幕:寺尾次郎
配給:リアリーライクフィルムズ、コピアポア・フィルム

© Les Films Pelléas, Les Films du Bélier, Films Distribution / ReallyLikeFilms
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ