ハーフ・デイズ オーディションの映像


今回のご紹介はハーフ・デイズ オーディションの映像
ジョセフ・ゴードン=レヴィットとリン・コリンズが、ハリウッド・スターとしてブレイクする直前の今となっては、とても貴重な映像です。

オーディション内容も、映画に出てくる7/4の数日前の設定で、リンの妊娠について動揺しけんかになるシーンを即興で演じており、映画を見る前でも、見た後でも楽しめる内容になっています。初対面で偶然一緒になったふたりの(舞台出身のリンが主に仕掛け、ジョセフが受ける)駆け引きもスリリングです。



*****************************************************

なお、以下、俳優の石田壱成さんからのメッセージです。




先日、話題の映画『ハーフ・デイズ』を観た。

その時、右に行くか左に行くか。

表か裏か。

ほんの一瞬の判断や行動でその後の未来はとんでもないほどに変わって来たりたりする。

スピード感に溢れた脚本や、まるでミュージックビデオでも観ている かの様な軽妙なカット割、

そして何と言っても芝居をしているのか。それとも全くしていないのかすらもわからない役者達のやけにリアルすぎる演技にも引きこまれた。

映画を観終わった後には、あまりの歯切れの良さに爽快感さえ覚えたが、ふと気づくと背中に怖気というか寒気の様なものを感じていた。

『これは自分のことではないか』

と。



自分、或いは誰でも、該当すると言っていいかもしれない。

無論、これは映画だからここまでドラマティックにストーリーは進まないだろうけど、毎瞬毎瞬何をどう考え、どう動くのか。

それでその後の未来はとんでもなく変化する。

もちろん正否は、無い。

ただ、その未来を自分たちが望んだか、そうでもなかったか、それだけだ。

もしそこで途轍もない逆境を遭遇したとして、どれだけの熱量や生きる情熱や愛を持てるか。

そう考えると、深い。

そして、思ったことはひとつだけだった。

『またとない今を大事に、大切に生きよう』

一見ファッショナブルに見えるが、この映画が訴えようとしているのは滅茶苦茶シンプルなメッセージだったのだ。

いしだ壱成さん(俳優)


ハーフ・デイズ
8/4公開「ハーフ・デイズ」&桜丘カフェ タイアップ



【桜丘カフェ&メニュー情報】
桜丘カフェ 渋谷区桜丘町23-3篠田ビル1F tel:03-5728-3242
http://www.udagawacafe.com/sakuragaoka/sakuragaoka.html
タイアップメニュー:「N.Y. BLTバーガー」850円(税込)
*アイドルタイム(15:00~17:30)のみのご提供となります
*実施期間8/4より8/31まで



【映画「ハーフ・デイズ」情報】
8/4より、シアターN渋谷にて公開!
人生の岐路に立ったふたりが、1日の運命をコインに賭けた―!
ニューヨークのマンハッタンで何者かに追われるスリリングな1日と、
ブルックリンで家族と過ごす穏やかな1日。
ふたつの1日が並行して走りだす、疾走感溢れるストーリー!



監督・脚本・製作:スコット・マクギー、デヴィッド・シーゲル「綴り字のシーズン」
出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット「インセプション」、リン・コリンズ「ジョン・カーター」
アメリカ/2009年/101分/ビスタサイズ/カラー/英語/

8/4よりシアターN渋谷、ほかにて公開!

配給:アットエンタテインメント  www.at-e.co.jp/2012/1-2days
関連記事:


コメントを残す

良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ