吉高由里子、松山ケンイチ、松坂桃李ら ネタばれNGミステリー『ユリゴコロ』キックオフ


映画情報どっとこむ ralph 沼田まほかるのベストセラー・ミステリー『ユリゴコロ』を熊澤尚人監督で完全映画化。

美しき衝撃作を吉高由里子さん、松坂桃李さん、佐津川愛美さん、清野菜名さんに加え、木村多江さん、そして松山ケンイチさんで制作。9月23日(土)より全国公開となります。

過去と現代、二つの物語が同時進行する本作は、昨日7月8日に全撮影を終了。その完成に先立ちキックオフ会見が行われました。

『ユリゴコロ』キックオフ会見
日程:7月9日
場所:東京国際フォーラム
登壇:吉高由里子、松山ケンイチ、松坂桃李、佐津川愛美、清野菜名、木村多江、熊澤尚人監督

映画情報どっとこむ ralph

熊澤監督:昨日の夜8時くらいにクランプアップしました!やっと現代編と過去編あがりましたので、これから完成に向けて頑張りますのでご期待ください。

熊澤監督が、本作のオファーを受けたときの気持ちと過去編と現代編を別に撮影したことに関して。

熊沢監督:映像化を何チームも狙っていてアプローチしていた原作そういわれていたのですが、どうしても映画にしたくて。こういう形で撮影しました。俳優陣の知力も体力も奪う撮影が続き、難しい映像化をすばらしい俳優陣の演技で不可能が可能になりました。

と、キャストの頑張りを称賛。

台本を貰って

吉高さん:脚本を読むのに時間がかかる方ですがあっという間に読んだ作品。殺人をする役をやってこなかったので、興味がわいて是非やりたいなと。現代パートと合わさってどういう相乗効果が生まれるのか早く見たいですね。今、こうして並んでますが・・・全然親近感わかないです。それぐらい交わってないので、早く映像が見たいです!


松山さん:僕も由里子ちゃんも佐津川さんも去年の9、月10月の撮影で久し振りに話していて、有意義な撮影を思い出しているところです。出来上がる作品を楽しみにしています。ミステリー台本。今まで演じてきたものと違いますが、僕の好きな90年代の臭いがして好感が持てて。由里子ちゃんだし、熊澤さんだし・・すごく、新しいもの得られるんじゃないかなと。オファー受けました。過去編先に撮って楽でしたよね。気にしないで自由で!好き勝手やりましたから。


佐津川さん:すごく吉高さんの役にも自分の役にも共感してしまって。魅力的で演じると病みそうかなと思いましたが、是非この作品の中に入りたかったんです。

と、昨年10月に撮影が終わっている過去パートの方々。

映画情報どっとこむ ralph 一方、現代パートは昨日クランクアップ。

松坂さん:昨日撮影終わりました!僕は過去編のダイジェストは観ないで撮影に臨みました。台本のト書きで想像しながらワクワクしながら臨みました。ミステリーですが、いろいろな愛のある作品です。撮影終わって実感しています。

清野さん:台本を読んでいると、松坂さんの役に同調して同じ心拍数になるくらいのめりこみました。精神的ミステリー。恋人役は不安でしたが、松坂さんの演技の熱量を浴びて、高揚しましたし、自分との精神的格闘でもありました。そんな撮影時に桃李さんにリードしていただきました。

木村さん:脚本をいただいて、行間から匂い立つものがあって。過去編のダイジェストが素晴らい空気感が出来上がっていて、現代編での空気感を撮影に入りました。過去・現代の相乗効果が生まれると確信しています。

映画情報どっとこむ ralph 過去パートの印象は?
吉高さん:共演者がどんどんクランクアップしていってしまって(笑)う・・・何も言えない。で、ずっと長い時間いてくれたのが松山さんで・・待合室で一人じゃないのは、ほっとしました。

松山さん:由里子ちゃん。ずっと前から癖の強い女の子だなと思っていて。そういうの大好きで。今回ちゃんと共演出来て嬉しかったです。ミステリーなのにギャグ?なシーンもあるし。二人ともずっとすっぽんぽんなところもあるしね。

吉高さん:ずっとすっぽんぽんでしたね。。。ずっと金太郎!

どういうシーンになったのかは、彼らにもわかっていないようなので、映画をチェックするしかなさそう。

吉高さん:佐津川さんの目が凄くって。すごいパワー貰いました。

佐津川さん:拒食症の役だったので、ダイエットして、撮影時も血の気が無いように食べてなくて、でも、ハードな時に吉高さんが、サラダとゆで卵買ってきてくれて。好き!って思いました!優しいんです。大好き!

一方で昨日終わったばかりの現代編。撮影の状況は?


松坂さん:割りとタイトで、凝縮した感じで行われました。結構大変なシーンも夜が明けるぞ!が多くて。ですよね。監督。なかなか嵐がやってくるような現場でしたが、楽しかったです。内容が言えないんですけど!あれがこうであれがそうでこう!みたいな。楽しかったです。

清野さん:オムレツ作りました!作ったやつがケータリングの脇に置いてあったんですけど。。。(松坂さん:誰も食べてくれなかったね)

と、ちょっと残念そう。

木村さん:監督が朝にはなりませんからって!だんだん外青白くなってきて・・・久し振りに「いつか終わるいつか終わる」って心の中で唱えました。内容は。。あれはこうしてこうなんですけど。過去編に負けないぞ!という気持ちがうまく気持ちが一つになりました。いろいろな桃李君が見られますのでご期待ください!

最後に

吉高さん:現代パート昨日撮影終了のほやほや。過去パートと現代パートが2か月後に化学反応を起こしているのか期待しています。9月23日。劇場に足をお運びください!

ストーリー

とある一家で見つかる「ユリゴコロ」と書かれた一冊のノート。そこに綴られていたのは、悲しき殺人者の記憶。これは事実か、創作話か。誰が、何のために書いたのか。そしてこの家族の過去に、いったい何があったのか。数々の疑念に先に、運命をも狂わす驚愕の真実が突き付けられる。いま、容赦ない愛と宿命の物語が、静かに動き始める。

yurigokoro-movie.jp

***********************************

吉高由里子、松坂桃李 / 松山ケンイチ
佐津川愛美、清野菜名、清原果耶 / 木村多江
原作:沼田まほかる『ユリゴコロ』(双葉文庫)  
脚本・監督:熊澤尚人  
企画・製作幹事:日活 制作プロダクション:ジャンゴフィルム 
製作:「ユリゴコロ」製作委員会 
配給:東映/日活  
©沼田まほかる/双葉社 
©2017「ユリゴコロ」製作委員会 

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ