バイオレンス&エロス『009ノ1』映画化決定


この度、石ノ森章太郎初の「バイオレンス&エロス」がテーマの青年向けコミック「009ノ1(ゼロゼロクノイチ)」が、生誕75周年記念作品

「009ノ1 THE END OF THE BEGINNING」
として実写映画化することが決定しました! 

しかもR-15指定です!

009ノ1 岩佐真悠子
009ノ1 岩佐真悠子


『009ノ1(ゼロゼロクノイチ)』とは
近未来、冷戦状態の二国間で活動するウェスタンブロックのサイボーグエージェント、ミレーヌ・ホフマンの活躍と葛藤と成長をえがいた本格ヒロインアクションもの。原作は、「漫画アクション」(双葉社)にて1960、70年代に連載。石ノ森章太郎にとって初の青年コミック誌作品であり、「セックス」「バイオレンス」という少年向けでは扱えなかったテーマを描いた意欲作であり、青年コミック黎明期の礎となった秀作。映画化にあたっては、原作の設定やキャラクターを再現しながらも、映画オリジナルのアクションシーンやセクシーシーンなども盛り込まれているようです。

そして主演は岩佐真悠子。

妖艶なセクシーヒロインアクションに挑みます!
2003年に「ミスマガジン」グランプリを獲得しでデビュー。以降、女優・タレントして多方面に活躍中の岩佐真悠子が、そのイメージを覆す役所を演じます。本格アクションへの挑戦に加え、心に迷いを抱えるサイボーグ役として、揺れ動く感情表現も見事に体現。岩佐真悠子がもつ妖艶さはそのままに、迫力のガンアクションや、原作にもある両乳房から放つバストガンなど見所が満載です。

監督は坂本浩一監督!
ウルトラマンシリーズ、仮面ライダーシリーズ、スーパー戦隊シリーズの三大特撮を撮ってきた監督です!

そして。。。

ハリウッド拠点に、ニュージーランド、台湾など世界中で作品を手掛け、2009年の日本デビュー以降、その圧倒的なアクションと流れるようなスピード感あふれる映像で、ファンの心を虜にし瞬く間に日本の特撮SFアクション映画界のトップに躍り出た俊英・坂本浩一が監督・アクション監督としてメガホンを握ります。さらに、東映最新技術の精鋭が集結したツークン研究所が手掛ける最新VFXとタッグを組み、かつてないスタイリッシュなヒロインアクション映画を実現。

さらに特撮アクション界の豪華俳優陣による競演しています!
物語の重要な役割を担っている青年役に、「仮面ライダーW」で照井竜/仮面ライダーアクセル役をつとめた木ノ本嶺浩。さらに、「忍風戦隊ハリケンジャー」で野乃七海/ハリケンブルー役をつとめた長澤奈央が、「009ノ1」と敵対する国のスパイ役として、岩佐真悠子と壮絶なバトルを繰り広げます。

さらに、市道真央、緑川静香ほか特撮アクション作品で活躍中の女優たちが大集結し、迫力あるアクション映画に仕上げに。そして、ゼロゼロ機関総指令部として、竹中直人や、杉本彩など豪華な俳優陣も集結し石ノ森ワールドを盛り上げています。

それでは岩佐真悠と坂本浩一監督のコメントを。

<岩佐真悠子 コメント>
石ノ森ヒロインに選ばれて正直、プレッシャーが・・・。私で務まるんだろうかと思いましたがこの先そんな大役任せて頂けるかもわからないので、スタッフさん達の力を信じる事に。石ノ森ファンの皆様の評価はわからないけど、やれて良かったです!
慣れないアクションや寒さなど、大変だった事は多々あったはずですが、今思い返すと楽しい記憶しか残ってません!!

<坂本浩一監督 コメント>
女性が強く、カッコ良く、セクシーなアクション映画。そんな邦画が見たい!
という強い願いから生まれたのがこの作品です。邦画界でのヒロインアクショ
ン映画ジャンル樹立を目指して撮りました!是非女性にも見てもらいたいです!

********************************************************************


【キャスト】
岩佐真悠子
木ノ本嶺浩  長澤奈央
阿部亮平 横山一敏 市道真央 緑川静香
佃井皆美 人見早苗 下園愛弓 あべまみ
本田博太郎/杉本彩/ 竹中直人

【スタッフ】
原作:石ノ森章太郎 「009ノ1」
脚本:長谷川圭一 
監督・アクション監督:坂本浩一 
制作:ツークン研究所 制作協力:東映テレビ・プロダクション 
製作委員会:東映ビデオ・東映チャンネル・東映AG
(C)2013「009ノ1」製作委員会
(C)石森プロ
公式サイトURL:www.009-1.jp
R-15作品
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ