建築学概論 松江監督x新保アナ トークショー


現在、新宿武蔵野館他全国順次公開中の『建築学概論』ですが、本作を公開前から「女性だけでなく、男性も見れる韓国恋愛映画だ!」と猛プッシュされていた松江哲明監督と、ニッポン放送アナウンサー新保友映さんのヒット御礼トークショーが行われました!

●日時:6月12日(水) 場所:新宿武蔵野館

【松江哲明監督コメント】

最初はタイトルが大学の講義のようで、期待していなかったけれど、『マルチュク青春通り』のハン・ガインが出ているので、何かあるなと思った。映画は仕掛けだらけで、とにかく参りました。CDウォークマンや、Tシャツのパチものなど小道具の使い方がうまい。結局、男は、男子のまま、女の手のひらの上でおどっている。

オム・テウンは、すごい建築士だ。金魚のコンクリートの活かし方とかがすごい。(大改造!!劇的)ビフォーアフターか!とつっこんだ。
同世代感があり、待ってました!、という感じの映画です。
自分の初恋は、バスケ部の後輩。写真は全部とってある。会話は数回しかしたことなくて、告白はしてないです。
他の男子とつきあっていたみたい。だから、映画のなかで主人公が模型をぶっ壊す気持ちがわかる!
この映画のなかにでてくる主人公の友達は、自分が中学生の頃のスガワラ君にソックリ!恋愛先生。
2回観ると更に面白いので、何回も観てください!!

【新保友映さんコメント】
お母さんの「30年住んでいる」など家にまつわる言葉がささる。家にはいろいろな思い出が住んでいる。
初恋は、中3で相手は高校生。電車でカセットウオークマンを一緒に聞いた。ギターのピックをもらって、今もとってある。なので、初めてこの映画を見た後、わーっとなった。その時、人から「目がキラキラしている」と言われた。

『建築学概論』は新宿武蔵野館他、全国順次公開中!!です。

公式サイト:www.kenchikumovie.com

********************************************************************

【STORY】
みんな 誰かの初恋だったー。

建築学科に通う大学1年のスンミン(イ・ジェフン)は、“建築学概論”の授業で音楽学科の女子学生ソヨン(スジ)に出会い、一目で恋に落ちた。しかし、恋に奥手なスンミンはなかなか告白できないまま、小さな誤解からソヨンと遠ざかってしまう。それから15年後、建築士になったスンミン(オム・テウン)の前に、ソヨン(ハン・ガイン)が突然現れ、家を建てて欲しいと言う。その建築の過程で次第に明らかになるソヨンの素性。そして、よみがえる記憶と新たに生まれる温かな感情。しかしスンミンには婚約者が。

監督 イ・ヨンジュ
出演:オム・テウン/ハン・ガイン/
イ・ジェフン/スジ(Miss A)
(C)2012 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved
提供:ショウゲート/アットエンタテインメント 配給:アット エンタテインメント
公式HP:www.kenchikumovie.com
Twitter:https://twitter.com/kenchikumovie
Facecook: www.facebook.com/kenchikumovie
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ