映画情報どっとこむ ralph ユリゴコロ -それはいのちの拠りどころ。-

容赦ない愛と宿命の物語が、いま静かに動き始める。
松坂桃李 × 吉高由里子 × 松山ケンイチ

2012年大藪春彦賞受賞、本屋大賞ノミネートをはたした沼田まほかるのベストセラー原作を主演に吉高由里子を迎え、映画化した『ユリゴコロ』。

監督に『君に届け』、『近キョリ恋愛』など手がけた熊澤尚人。先日、松坂桃李、佐津川愛美、清野菜名、清原果耶に加え木村多江、そして、松山ケンイチと、人気・実力を兼ね備えた豪華俳優陣の出演が発表されました。

とある一家で見つかる「ユリゴコロ」と書かれた一冊のノート。

そこに綴られていたのは、悲しき殺人者の記憶。これは事実か、創作話か。誰が、何のために書いたのか。そしてこの家族の過去に、いったい何があったのか。数々の疑念に先に、運命をも狂わす驚愕の真実が突き付けられる。

映画情報どっとこむ ralph この度、本作の物語が動き始めるきっかけとなる“日記”の日にちなみ、場面写真が解禁。

今回解禁となったのは、吉高由里子、松山ケンイチ、佐津川愛美、清原果耶らが出演している<過去パート>から、ノートに綴られた物語の断片的なシーン。

注目は、美紗子(吉高由里子)と洋介(松山ケンイチ)が寄り添う姿。


生まれながらに“人間の死”へ本能的な衝動を感じ、そこから逃れる術を持たなかった美紗子と、誰にも言えない心の傷を抱えた洋介。悲しみを抱えた者同士が運命的な出会いを果たし、その先に突きつけられる結末とはいったい。

さらには、美紗子の友人役・みつ子を演じる佐津川愛美、美紗子の学生期を演じる清原果耶の劇中カットも解禁。

松坂桃李、木村多江、清野菜名らが出演する、ノートの秘密へ迫る<現在パート>は今月末からいよいよクランクイン。拠りどころを求め、愛と宿命の渦に翻弄される者たちの壮絶な物語は、過去と現在が繋がり、どのようなドラマを紡ぐのか。

映画情報どっとこむ ralph ストーリー

とある一家で見つかる「ユリゴコロ」と書かれた一冊のノート。そこに綴られていたのは、悲しき殺人者の記憶。これは事実か、創作話か。誰が、何のために書いたのか。そしてこの家族の過去に、いったい何があったのか。数々の疑念に先に、運命をも狂わす驚愕の真実が突き付けられる。いま、容赦ない愛と宿命の物語が、静かに動き始める。
yurigokoro-movie.jp

***********************************

吉高由里子、松坂桃李 / 松山ケンイチ
佐津川愛美、清野菜名、清原果耶 / 木村多江
原作:沼田まほかる『ユリゴコロ』(双葉文庫)  
脚本・監督:熊澤尚人  
企画・製作幹事:日活 制作プロダクション:ジャンゴフィルム 
製作:「ユリゴコロ」製作委員会 
配給:東映/日活  
©沼田まほかる/双葉社 
©2017「ユリゴコロ」製作委員会 

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ