浅川梨奈「人狼ゲーム マッドランド」公開決定 キャストコメントも


映画情報どっとこむ ralph 第6弾『人狼ゲーム マッドランド』の公開が2017年7月15日(土)に決定しました。

原作小説&コミカライズがシリーズ累計70万部突破!「人狼ゲーム」の実写化も第6弾。歴代主演は桜庭ななみ、土屋太鳳、高月彩良、小島梨里杏、古畑星夏と、今や本格派女優の登竜門となった「人狼ゲーム」第6弾の主演は、現役人気アイドルSUPER☆GiRLS所属の浅川梨奈!

映画・ドラマ『咲 -Saki-』、映画『14の夜』、ドラマ「幽かな彼女」など話題作に続々出演。

さらに、2017年放送予定のフジテレビ系連続ドラマ「ファイブ」にてヒロイン麻生ひな役でも出演が決定していて、これからの活躍が期待されています。因に本作が長編映画初主演です。

映画情報どっとこむ ralph 共演には映画『暗殺教室』で矢田桃花役を演じ、舞台「四月は君の嘘」にて主演・宮園かをり役の公演が控える松永有紗、舞台「パタリロ」でマライヒ役を演じ、舞台「Fate/Grand Order THE STAGE」にて主演・ベディヴィエール役の公演が控える佐奈宏紀、宝島社「smart」専属モデルで「アミノバイタル」TVCMに出演中の門下秀太郎、映画『TOKYO CITY GIRL 2016 「幸せのつじつま」』主演の飯田祐真、映画『リトル・フォレスト冬・春』の栗原吾郎、ドラマ「こえ恋」の長谷川ニイナ、舞台「斬劇『戦国BASARA』小田原征伐」にて主演・伊達政宗役を演じる眞嶋秀斗、舞台版「海街diary」で四女・浅野すず役に抜擢された木下愛華、など。

映画情報どっとこむ ralph キャスト、監督からコメントが届いています。

<浅川梨奈 コメント>(あさかわなな:小池萌 役)
錚々たる方々が出演してきた人狼ゲームシリーズの第6弾の主演をさせて頂けると聞いた時はものすごく嬉しかったですし、歴代の人狼ゲームシリーズが大好きだからこそ、この10人で歴代を越えたいと強く思いました。楽しみな感情の反面プレッシャーや不安、責任を感じながら正面から小池萌に精一杯向き合いたくて、綾部監督と何度も話をしながら萌を自分の中に落としていく作業をしたのですがとても難しくてたくさん悩み、考えました。ゲームが目の前で起こっている現実に戸惑いながらも強くなっていく萌に、演じながらいろんな感情を教えてもらっています。今までの人狼ゲームシリーズとは違い、今回は「狂人村」。普通の人狼ゲームとはルールが異なるので今までとは違う感覚で楽しんで見て頂けるのではないかと思っています。ぜひ楽しみにしていてください。

<松永有紗 コメント>(まつながありさ:佐藤彩乃 役)
人気シリーズの「人狼」に出演できてとても嬉しいです!!今回のマッドランドも、強制的に死に直面させられた高校生達の、生々しいズルさ、裏切り、そして逃げられない恐怖を、台本を読み込むにつれひしひしとリアルに感じて、撮影前からその場に居るような感覚でドキドキでしたが、最高の作品が出来るよう、全力で闘ってきますっ。人狼ゲームを楽しみにしていた皆さん!今回のマッドランドは、新作ならではの新しい展開もあったりで今までにない人狼ゲームになると思うので、過去に負けないくらいのめり込める作品になると思います!是非楽しみにしていて下さい。

<佐奈宏紀 コメント>(さなひろき:庄司蒼空 役)
キャスト一人一人が「絶対に死にたくない、自分だけは生きたい」と本気で思っています。その剥き出しになったパワーみたいなものがガツンとくる作品になると思うので、最近刺激が足りないあなた!僕たちが見せる生へのパワーをぜひ喰らってみて下さい!

<門下秀太郎 コメント>(かどしたしゅうたろう:周太樹 役)
人狼ゲームは自分も見た事のある映画だったので、オーディションに受かり、出演が決まったと聞いた時はしばらく信じられませんでした。ただ、自分が役者として初出演する映画が人狼ゲームであるという事は凄く大きなチャンスを頂いたんだと思いました。この作品では周太樹としてどれだけ存在感を出せるか、そして人間の『死』に対する情感をどれだけリアルに表現できるかを追求し、ご覧になる方々の心を動かすような演技をしていきたいと思います。

<飯田祐真 コメント>(いいだゆま:中川未来 役)
今まで見てきた人狼ゲームシリーズの映画の中で自分も生きられること、綾部監督の作品に出演できることがとても嬉しく光栄に思いました。未来は一見掴み所の難しい子に見えますが、自分の意思と輪郭ははっきりした女の子だと思います。非現実的な世界の中でも生き残りたい強い気持ちを持つ登場人物の一挙一動全てに注目していただきたいです。‪見てくださる方々にわたしたちのぶつける思いが届くことを願っています。

<栗原吾郎 コメント>(くりはらごろう:宇佐美慧 役)
演技力重視のオーディションと聞いていたので、非常に嬉しかったです。決まった宇佐美役ですが、オーディション時の設定では強面・老け顔という設定だったので、自分はそんなに老けて見えるのかと老いを感じました。カップルでご覧いただいて、重た~いデートというのもたまにはいかがでしょうか。

<長谷川ニイナ コメント>(はせがわにいな:根岸すず 役)
以前から「人狼ゲームシリーズに出たい!」と憧れていたので、オーディションでは「この戦いは絶対に勝ち抜きたい!」という思いで臨みました。初めて台本を読んだ時も狂気じみた感覚にゾクゾクと鳥肌が立ち、この世界で生きるチャンスを貰えた事がとても嬉しく、撮影が楽しみで今からワクワクしています。残酷な世界で勝利を勝ち取りに行く姿に生命力とパワーを感じて頂きたいです!

<眞嶋秀斗 コメント>(ましましゅうと:加納蓮 役)
決定の連絡をいただき「加納 蓮」の文字を見たときは、身が引き締まりました。同世代の役者さんが演じる映画『人狼ゲーム シリーズ』を観てきて、「自分もいつかは」とずっと思っていました。この作品に参加させていただけること、本当に嬉しく思います。恐怖とどう向き合うのか。立ち向かえないほどの恐怖を感じたとき、人はどうするのか。劇場で皆様と一緒に体感できる日に向かって、皆様の心に残る作品になるよう、挑んでいきます。

<木下愛華 コメント>(きのしたまなか:三上優花 役)
正直受かった当初は、シリーズとしてこれまで積み上がってきたものが大きすぎる作品なため、期待に応えられるのだろうかと強い不安を覚えました。ですが、人間味溢れる共演者の方々と会い、監督とプロデューサーさんの熱のこもった話で不安が消えて、今はもう楽しみでたまらないのと、これまでにない、観てくださる方が身震いしてしまうような衝撃作にしたいと思っています。人狼ゲームに興味がある方はもちろん、最近刺激が足りないなと思う方は、是非臨場感が味わえる劇場で観て欲しいです。よろしくお願いします!

<坂田将吾 コメント>(すぎもとはると:杉本陽翔 役)
出演が決まった時は、驚きと共に「人狼ゲームの世界に浸る事ができる」という喜びがありました。狂人が7人という特殊ルールの下で「それぞれ何を考えながら人狼ゲームの閉鎖空間で生きているのか」が見所です!

<綾部真弥監督 コメント>
今作でシリーズ6作目となる、映画「人狼ゲーム マッドランド」。まずは、またこうして新作を公開できるということに、喜びを感じております。シリーズ作を観て頂き、支えて頂いている皆さまに感謝致します。今までのシリーズ作にないゲーム展開で、〝村人〟の中から〝人狼〟を探すというセオリーが覆る本作。不条理な暴力の中で、生を実感し、もがく若者の生々しい感情と、混乱を極めるゲームの結末を、是非劇場でご覧下さい。

映画情報どっとこむ ralph 映画『人狼ゲーム』

2017年7月15日(土)よりシネマート新宿ほか公開

公式HP:
http://jinro-game.net/

物語・・・
監禁した高校生たちに殺し合いをさせ、生き残った者には1億円が与えられる“殺戮ゲーム”。人呼んで<人狼ゲーム>。
気を失った私は、10人の高校生たちと共にバンに揺られていた。
今回の参加者は、村人側:2人(用心棒1人、予言者1人)、人狼側:1人、その他:狂人7人という【狂人村】。
狂人の生存条件は、人狼の勝利。
村人が生き残るには、多数決の投票に頼るしかない…。人狼側圧倒的有利なこのルールの中、私は、勝利を目指して「殺り」まくる。

***********************************

出演:浅川梨奈
松永有紗 門下秀太郎 飯田祐真 栗原吾郎
長谷川ニイナ 眞嶋秀斗 木下愛華 坂田将吾
佐奈宏紀
監督:綾部真弥 
脚本:川上亮、綾部真弥 
原作:川上亮「人狼ゲーム マッドランド」竹書房刊
企画・配給:AMGエンタテインメント 
(C)2017「人狼ゲーム マッドランド」製作委員会
   
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ