窪田正孝 萩原健太郎監督 登壇「東京喰種」世界に向けて!キックオフイベント


映画情報どっとこむ ralph 7月29日 全国公開「東京喰種」全世界公開に先がけ、プロジェクトの全容を、世界中のファンに向けて報告するキックオフイベントがYouTube Space Tokyoで主演の窪田正孝さんと萩原健太郎監督らが登壇して行われました。


日程:6月2日(金)
場所:You Tube Space Tokyo
登壇:窪田正孝、萩原健太郎監督、石田スイ先生
大角正(松竹/常務取締役映像本部長)、永江智大(松竹/プロデューサー)

映画情報どっとこむ ralph 日本語と英語での東京喰種の説明と映像で否が応でも期待させるなか、窪田正孝、萩原健太郎監督らが登場!

東京喰種を実写化することになるバックグラウンドを聞かれプロデューサーの永江Pは
永江P:この東京喰種の原作を読んだときに心打たれまして実写化したいと思いました。先生と出版社のみなさんにプレゼンさせていただきましてこころが届いたのかなと思います。

と、実写化へのはじめの一歩の部分を明かしてくれました。一方、製作配給の松竹の常務である大角さんは、
大角さん:映画興行の中で年間1150本ほど公開されています。 現在、アニメが日本では強いと言われていますが、松竹は、この映画を実写映画の中でベスト5に入ることを考えて製作しています。

と、意気込みを語りました。一方、原作者の石田先生は今日は福岡から永江Pの持つパッドに文字を送る形で参加。

石田先生:映画化するのであれば窪田さんであれば観てみたいなと思いました。

オファー前から、万が一、実写化するなら窪田さんと思っていたそう。

映画情報どっとこむ ralph 一方、長編映画初の萩原監督に監督となった経緯を聞くと。
萩原監督:最初は松竹さんからオファーをいただきました。その時は原作を読んでいなかったので、物凄く怖そうだなと思い。すぐに読んだら撮りたい!!が あふれてきて。実写化の監督を絶対したいと演出プランをイメージボードに描いて永江さんにみせて、監督として選んでいただきました。

と、本作への想いを含めて語りました。そして原作者たってのカネキ役のリクエストオファーを受けて

窪田さん:驚きました!生みの親である先生にオファーいただけるのは、光栄です。でも最初あビビっていて、先生がコメントとを出してくれて、ありがたかったです。

映画は、目下現在編集中だそうで、

石田監督:自信はあります。VFXなども素晴らしいですが、おすすめしたいのは 俳優の陣たちのお芝居がすごくいいです。漫画原作物のキャラを演じるのは難しいと思うんです。イメージを保ちつつリアリティーを持たせなくてはいけない。その両立は難しいと思いますが、皆さんすばらしかったです。窪田さんにおいては ぎりぎりのところをリアリティーを保って演じるのが凄くて・・・いつも、想像を超えてくるのが楽しいお芝居をしてくれました。

と自信を見せました。

映画情報どっとこむ ralph ここからは、様々な発表が行われ

YOUTUBEクリエーターとの コラボに関しては永江Pは既にクリエータの方と話し合いを持ったそういで、東京喰種愛の強さに完成が楽しみだと語っていました。

また、本作はカンヌ国際映画祭のでの時点で公開国が北米、欧州、アジアで23か国。まだ出来上がっていない作品に関してはかなり異例なことだそう。これは海外の配給会社が、自国での東京喰種のファンが沢山いることを知っているからと分析しているそう。

さらに、世界レベルの作品にするために、音楽をDON Davis、効果音:NICOLAS BECKERでつけることが発表!

あわせて、主題歌はRADWIMPSの野田 洋次郎さんのソロプロジェクトillionの「BANKA」に決定しました!
窪田さん:ILLIONの歌は聞かせていただいて、東京喰種の世界観を音楽で支えてくれていると思います。世界進出は、 日本の文化アニメや漫画が愛されているのがわかりました。気を引き締めて、世界の東京喰種にしていきたいです。

今回のKICKOFFイベントは世界への生中継、韓国、チリ、アメリカ、ハワイ、フランスのファンと中継を結び質疑応答をし、世界での東京喰種の浸透を感じさせるものとなりました。本作の初お目見えとなるワールドプレミアは、7月3日(月)アメリカ・ロサンゼルスで行われる「アニメ・エキスポ」で上映されることが決定。ヨーロッパプレミアは7月7日(金)ドイツ・ベルリンで、そしてジャパンプレミアは7月10日(月)東京・丸の内ピカデリーで行われることが発表となりました。

最後に、映画公開を楽しみにしている世界のファンへ・・・
窪田さん:この作品がたくさんの方に愛されていることを承知しているからこそ、ひとりでも多くの方に、もっと世界の方に広まっていってほしいなと心から願っています。大役なのでプレッシャーもたくさんありましたが、スタッフみんなでつくった2時間の集大成をお届けできるように、これからたくさんがんばっていきたいと思います。

映画情報どっとこむ ralph 舞台は、人を喰らう怪人“喰種(グール)”が潜む東京。主演の金木研(カネキ)を演じるのは、窪田正孝。

内気で平凡な大学生だったカネキは、ある事件がきっかけで半喰種となり、もがき苦しむ中、喰種たちの世界にふれ、やがてこの世界のあるべき姿を模索してゆく。​

『東京喰種 トーキョーグール』​

7月29日 全国公開

公式サイト:
tokyoghoul.jp​

公式twitter:
@tkg_movie​



物語・・・
人の姿をしながらも人を喰らう怪人【喰種(グール)】。水とコーヒー以外で摂取できるのは「人体」のみという正体不明の怪物たちが、人間と同じように暮らしている街、東京。ごく普通のさえない大学生の金木研(カネキ)は、ある日、事故に遭い重傷を負ってしまう。病院に運び込まれたカネキは、事故の時一緒にいた喰種の女性・リゼの臓器を移植されたことで、半喰種となってしまう。自分が喰種化したことで苦悩するカネキは、以前から通い詰めていた喫茶店あんていくで働き始め、そこでアルバイトをしている女子高生・霧嶋董香(トーカ)と出会う。あんていくは喰種が集まる店で、トーカもまた喰種なのだった。トーカはぶっきらぼうな態度を取りつつもカネキを助ける存在となっていく。喰種たちのことを深く知ることで、カネキは大切な仲間や友人とどう向き合うか葛藤する。そんな中、喰種を駆逐しようとする人間側の捜査官・CCGとの熾烈な戦いに巻き込まれていくのだった…。​

***********************************

原作:石田スイ 「東京喰種 トーキョーグール」
集英社「週刊ヤングジャンプ」連載 ​
出演:窪田正孝 清水富美加 鈴木伸之 蒼井優 大泉洋 ​
監督:萩原健太郎​
脚本:楠野一郎​
配給:松竹​
©表記:©2017「東京喰種」製作委員会

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ