花澤香菜と3人の愉快なおじ様たち『BLAME!』シボ祭 舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 『シドニアの騎士』で第39回講談社漫画賞を受賞した弐瓶勉氏のデビュー作『BLAME!』。

20年の年月を経てついに映像化された劇場アニメ『BLAME!』全国27館という小規模のスタートながら、ミニシアターの興行成績でNO.1という好調なスタート!そして、5月27日(土)、新宿ピカデリーにて、シボ役の花澤香菜さん、瀬下寛之(監督)、吉平“Tady”直弘(副監督)、岩浪美和音響監督が登壇する<シボ祭>が行われました!

『BLAME!』シボ祭 舞台挨拶
日程:5月27日(土)
場所:新宿ピカデリー
登壇:花澤香菜(シボ役)、瀬下寛之(監督)、吉平“Tady”直弘(副監督)、岩浪美和音響監督

映画情報どっとこむ ralph 上映後、大きな拍手が沸き上がり登壇した4名。実は本日、シボ祭と題して、MOVIX埼玉、シネリーブル池袋でフリーダム過ぎる舞台挨拶を行ってきたそうで
花澤さん:あんなにいじられるとは思ってもいませんでした!シボ祭へようこそ!シボ好きですか!!(大拍手)

と、開口一番。取材が入っていることで、この回は真面目に行くぞ宣言のおじ様3人。MCにうっぷんが溜まっているのでは?との質問に

花澤さん:割と居心地よかった!

と、おじさんたちの戯言も受けてくれる神対応な花澤さん。

クリオネ or 白百合
瀬下監督:この前の2回の自由過ぎるはじけた舞台挨拶で、花澤さんに対して一生の借りを作った気がします。。。気まずさ爆発です。

と、恐縮気味の監督。ツイッターで面白おじさんと書かれた岩波さん

岩波さん:まじめにやるよ!単なる面白おじさんじゃないとこ見せます。

と、宣言!

岩波さん:今日のドレスは一厘の白百合のように美しい!

花澤さん:さっきまでクリオネ!海うしってってさっきの回では言ってたのに!

一同:可愛い!

映画情報どっとこむ ralph ここから画面も使って、いろいろ話を進める展開に。シボに関する感想を聞かれて

花澤さん:いろいろな形態があって、プレスコ(声を先に録音・後で絵を付ける手法)で、絵がなかったので、距離感が難しかかったです。でも、原作本があったのでイメージできてよかったです。原作の中で主任科学者時代のショートの彼女のイメージで声を意識しました。

とのこと。腐ってるシボは

花澤さん:ウーウーってうなるのは色々試してやりました。

瀬下監督:最終的には普通の感じにエフェクトを採用しました。色々な形態での声もプレスコならではだったかもしれませんね。

と、監督は分析。ちょくちょく、岩波さんが花澤さんに無茶振りするも、一生懸命答える花澤さん。

花澤さん:今までここまであまりなくて、ここまで自由でいいんだと。

瀬下監督:ト書きだらけの 台本があって。でも絵はないので役者さんの想像力に頼ってるんです。

岩波さん:自由に演じられるのはいいよね。

はい。台詞の間だったり言い回しだったりとか、楽しかったです。

瀬下監督:間に関して、役者さんのピークのところをいただいてアニメにしています。

吉平副監督:息遣いとかもアニメにしています。

瀬下監督:ゾンビ状態のシボを腐れシボと呼んでます。

そんなゾンビ状態でも声は花澤さん。なので、愛がぎゅうぎゅうに詰まっているそうで。
吉平副監督:アニメーターさんは極力かわいいアングルを探してました。

と、この後もシボがモデル歩きをする場面が出来た理由などもエピソードを紹介。また、キリがシボをたたきつけるシーンは昭和のTVの治し方だそう。

瀬下監督:BLAMEは突っ込んじゃいけない、放置アニメなんです。でも、ハードSF感を出してディスプレイグラフィックも、スタイリッシュ感を念頭に、よく見るとネタが書いてある。キャラごとに変えてあるんです。

と、とってもまじめな3名のおじさんたちに

花澤さん:まじめなこと喋れるんじゃないですか!

と、お冠の花澤さんをよそに

岩波さん:シボの胸は柔らかい。

瀬下監督:パイリアルエンジン。ゆれてます。これは二瓶先生の設定集にも書かれているんです。

岩波さん:花澤さん柔らかくてよかったね。

花沢さん:はい、柔らかくてよかったです・・・

と、前の回がどんなだったかわかる感じも・・・

映画情報どっとこむ ralph この後も、照明で非現実感を出したり、瞳にうつる光の当て具合などを凝ったことや、顔の陰で二面性を表していることなどが明かされ。。。

手シボも動きが虫とロボットと女性らしさをだすためにバレリーナの手をミックス。プラスある映画のオマージュも監督は込めているそう。

と、まじめに語る3人に・・・。

花澤さん:あれっ?カッコいいおじさんたちだな・・・・

と、ちょっぴり見直した花澤さんでした。

瀬下監督:シボは色々重要なことやってますので、おっきな画面で探してください。


最後に・・・
岩波さん:東亜重音で良い音で上映もさせていただきました。映画館自体が、本や音楽がデジタル化したのと同じようになくなっていくかもしれない。僕は映画館でしか聴けない・体験できない娯楽になるものを作っています。アニメの音響環境の革命の第一歩だと思ってます。

花澤さん:造ってるスタッフさん達の遊び心も詰まっている作品です。是非何度も劇場へ足を運んでください。

吉平さん:劇場で観ていただくときの感動を意識しながら作った、宝箱のような作品です。永く愛される作品にしました。

瀬下監督:満席の皆さんの前で、自分たちの作品のことをお話しできるのは幸せです。劇場での体感で楽しんでいただけるものを創っていきたいともいます。応援よろしくお願いします。

***********************************

キャスト
霧亥::櫻井孝宏/シボ:花澤香菜/づる:雨宮天/おやっさん:山路和弘/捨造:宮野真守
タエ:洲崎綾/フサタ:島﨑信長/アツジ:梶裕貴/統治局:豊崎愛生/サナカン:早見沙織

スタッフ
原作:弐瓶勉『BLAME!』(講談社「アフタヌーン」所載)
総監修:弐瓶勉 監督:瀬下寛之
副監督/CGスーパーバイザー:吉平”Tady”直弘 脚本:村井さだゆき
プロダクションデザイナー:田中直哉 キャラクターデザイナー:森山佑樹
ディレクター・オブ・フォトグラフィー:片塰満則 美術監督:滝口比呂志
色彩設計:野地弘納 音響監督:岩浪美和 音楽:菅野祐悟
主題歌:angela「Calling you」 音楽制作:キングレコード
アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ
配給:クロックワークス 製作:東亜重工動画制作局

本件ご紹介の際は、下記クレジットを必ずご掲載下さい
『BLAME!』全国公開中 (2週間限定)
配給:クロックワークス (105分)
©弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ