カンヌへ!永瀬正敏、水崎綾女ら登壇!『光』完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph 河瀨直美監督作品『光』が5/27(土)に公開となります。

本作は、第70回カンヌ国際映画祭のラインナップ発表にて日本映画として唯一選出されました。そして、壮行会を兼ねた舞台挨拶付き完成披露試写会が行われ、カンヌへ向かう永瀬正敏さん、水崎綾女さん、神野三鈴さん、藤竜也さん、河瀨直美監督が登壇しました。


日付:4月27日(木)
会場:新宿明治安田生命ホール
登壇:永瀬正敏、水崎綾女、神野三鈴、藤竜也、河瀨直美監督

映画情報どっとこむ ralph
永瀬さん:やっと誕生しました!皆さんに観ていただける日が来ました。

河瀬監督:難産でした。映画に魂をささげた私には。この映画が誕生した喜びは計り知れません。光を皆さんに届けることが出来て幸せです。

との挨拶からスタート。

河瀨直美監督は8度目のカンヌ国際映画祭への招待、それでもカンヌは特別だそうで・・・
河瀨監督:決まった一方を受けたのは、日本の明け方でした。ちょうど太陽が昇って光が差しました。カンヌは簡単なことではなく、涙が止まりませんでした。

と、話します。日本人初の3年連続カンヌの永瀬さんは、そのことについて聞かれると

永瀬さん: ほんとうに監督に連れて行っていただいてるだけなんです。感謝、感謝、感謝です。朝、お電話いただきまして・・・監督号泣されていて。僕も号泣してしまいました。

と、やはりカンヌは常連でも違うのだそう。初カンヌの水崎さんは・・・
水崎さん:まだ実感がなかったのですが取材をしていく中で、実感がわいてきました。撮影中は役柄もあって孤独でしたが、みんなそれぞに愛情を注いでいた作品が世界中の方たちに観ていただけるのは嬉しいです。

と、感極まる三崎さん。

神野さん:河瀬監督と出会って、愛情を感じてました。役を生きることが出来ました、「光」の細胞のひとつになっていると思います。「カンヌって特別な場所なんだよ」と監督に言われました。映画の国に行ってきて、いろんな方たちと分かちあいたい思います。

光で久し振りに ラブシーンの藤さん。藤さんの出演作「愛のコリーダ」はフランスで上映回数が最も多い日本映画なので、藤さんは有名。

 
藤さん:カンヌは行こうって行ってなかなかいけませんからね。今回4回目。長く生きてるもんですね。

監督:藤さんの起用の理由をフランスでは聞かれるんです。フランスの方たちの心には刻まれている存在だなと思います。ラブシーンも現役間満載でした。

神野さん:夢のような時間でした。

と、相手役の神野さん。

映画情報どっとこむ ralph 本作は難聴者の方向けに映画に音声ガイドをつける仕事を水崎さんがついていて、実際
通常版の後、アイマスクを観客がつけて体験。

監督:映画は見えない人には無縁のイメージがあると思います。でも、音声ガイドを付ける仕事があって・・・。見えなくても感じることがある映画が存在出来たらなと。最初この企画を少数派向けはお客さんはいらないよ!とか見えない世界をテーマにするのは大変難題ではありましたが意味があったと思います。

完成したものを観て

永瀬さん:言葉にできなくなって、監督に感謝を伝えてから一人になる時間が必要で・・・

監督:本当にいなくなって捜索したんです! 

と、試写でのエピソードを話されました。
永瀬さんはデビューの時に藤さんと共演。今年で34年になるそうで、MCに立派になった永瀬さんに一言と無茶振りされると

藤さん:いい監督に恵まれてるよね。。。相米 慎二監督・・・河瀨直美監督・・。最初に会った16歳から育つもんで。おめでとう!

映画情報どっとこむ ralph
最後に
監督:映画監督河瀨直美のすべてを注いだ映画です。皆さん観て下さい!

と、締めると観客から「カンヌ行ってらっしゃーい!」声がかかり終了となりました!





5月27日(土)、新宿バルト9、丸の内TOEIほか 全国公開です!

物語・・・
視力を失いゆくカメラマンと出逢い、美佐子の中の何かが変わりはじめる― 人生に迷いながら、単調な⽇日々を送っていた美佐子(水崎綾女)は、とある仕事をきっかけに、弱視の天才カメラマン・雅哉(永瀬正敏)と 出逢う。美佐子は雅哉の無愛想な態度に苛立ちながらも、彼が撮影した夕日の写真に心を突き動かされ、いつしか彼の内面に興味を持ち始める。 命よりも大事なカメラを前にしながら、次第に視力を奪われてゆく雅哉。彼と過ごすうちに、美佐子の中の何かが変わりはじめる。

公式サイト:
hikari-movie.com

***********************************

監督・脚本:河瀨直美

永瀬正敏 水崎綾女 神野三鈴 小市慢太郎
早織 大塚千弘/大西信満 堀内正美 白川和子/藤竜也
樹木希林

配給:キノフィルムズ/⽊木下グループ
©2017 “RADIANCE” FILM PARTNERS/KINOSHITA、COMME DES CINEMAS、KUMIE

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ