マカヴォイとシャマラン監督がノリノリ『スプリット』舞台挨拶!


映画情報どっとこむ ralph M.ナイト・シャマランがさらなる衝撃を放つ!恐怖と緊張と興奮がスパイラルを織りなす、スリラー『スプリット』(原題:SPLIT)が、5月12日(金)に日本公開します!

この度待望の日本公開に先立ち、主演のジェームズ・マカヴォイとM.ナイト・シャマランが来日をはたしました!
『スプリット』本編上映後に映画についてシャマラン監督&ジェームズ・マカヴォイとファン達が語るトークセッションが行われました!

日時:4月25日(火)
会場:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
登壇:ジェームズ・マカヴォイ、M.ナイト・シャマラン監督
MC:伊藤さとり

映画情報どっとこむ ralph 本編上映後、衝撃のラストを観終えたばかりの観客の前にマカヴォイ、シャマラン監督の両名が登壇するとものすごい拍手が!

マカヴォイ:こんばんは。ジェームズ・マカヴォイです。今日はありがとうございます。

シャマラン監督:こんにちは。私はナイトです。どうぞよろしく。

とそれぞれ日本語であいさつすると、会場からは大きな歓声が沸き起こります。また今回で9 年ぶり2度目の来日となるマカヴォイの登場には会場から一際大きな声がかかり、久しぶりの来日について尋ねられて

マカヴォイ:今回は前回の初来日と違った時間を過ごすことが出来て、多くに人々と出会うことが出来ているよ。また日本の色々な素晴らしいところを訪れて、みんな親切にしてくれて、スマートで、本当にスタイリッシュでお洒落な街だなと思う。素晴らしい時間を過ごせているよ!

とコメント!そして今回で2年ぶり7回目の来日となるシャマラン監督ですが、今回の来日で訪れたい場所を聞かれると、

シャマラン監督:今回はコミック本屋に行ってみたいんだ!何か良いお店を知っている?」と会場に問いかける等、気さくな様子で会場を和ませました。

映画情報どっとこむ ralph そしてシャマラン監督と言えば、本年度アカデミー賞における作品賞の誤発表の際、自身のTwitterで「I wrote the ending of the academy awards 2017. (今年の授賞式の結末を書いたのは僕なんだ。)」とユーモアのあるツイートで世界的に大きな話題を呼びましたが、そのことに対しては

シャマラン監督:皆さんと同じようにTVでステージを観ていたのだけど、友人たちの驚きの表情を見て、ちょっとしたイタズラ心でツイートしたんだ。

と告白。
このように人々をあっと驚かせるような衝撃の作品を数々送り出してきたシャマラン監督ですが、その秘訣について、

シャマラン監督:元々僕はスリラー系、ミステリー系のジャンルの脚本を書くのだけど、そうすると主人公たちが、自分たちがどこに向かっているのかわからないという展開が多くなるんだ。そういった状況で正しい情報が瞬時に入ってくると、自然とサプライズに繋がるんだよ。例えば今回『スプリット』の脚本を書いていて面白かったポイントは、こういうジャンルだと思い込んで観ていると、最後の最後のシーンで裏切られる、全然違うジャンルの映画だったんだと思わせられるところだね。

と本作の衝撃のラストについても、ネタバレしない程度に触れました!!

映画情報どっとこむ ralph そしてその後は、ネタバレ全開!本編を観終わった来場者から質問を受ける口外禁止のトークセッションが始まりました!!
※以下ネタバレ厳禁のため、ネタバレ対象外のものを掲載しております。

会場のマカヴォイファンから寄せられた「マカヴォイさんも先日お誕生日だったと思いますが、お誕生日はどのように過ごされましたか?」という質問に対し、

マカヴォイ:今までの誕生日の中で最もクレイジーな過ごし方だったんだけど、日本のみんなが大好きなロボットレストランに行ったよ!クレイジーでとても奇妙だけど、クールで素晴らしいところだったね。

と、誕生日を日本のロボットレストランで過ごしたことを発表!会場内にいたロボットレストランに行ったことのある人に対し

マカヴォイ:愛してるよ!

と応えるなど、相当気に入った様子でした。また来場者全員でバースデーを祝福すると、

マカヴォイ:ありがとう!

と日本語で声を上げ喜んでいたマカヴォイ!記憶に残る誕生日&来日になった様子でした。

トーク中も来場者に目配せし、笑顔で手を振っていたマカヴォイ。

映画情報どっとこむ ralph ネタバレ全開の白熱トークセッションが終了すると、

マカヴォイ:みんなにお願いがあるんだ。この作品のプロモーションのために世界中を周っているんだけど、みんなにフラッシュを炊いてもらって、僕達がセルフィーを撮ると星が煌めいているみたいでとても綺麗な写真が撮れるんだ!だから、是非みんなと写真が撮りたい!

と写真撮影の依頼が!またマカヴォイたちを撮影することに対しても「勿論だよ!」と快諾!マカヴォイの神がかったファンサービスで会場が撮影タイムになると、フラッシュの光、シャッター音が会場に鳴り響きました。

また最後のフォトセッション時には、マカヴォイとシャマラン監督は壇上を下り、客席通路に移動!移動中も来場者ひとりひとりに笑顔でコミュニケーションを交わす両名。最後はスプリットのタイトルが書かれた大判うちわをかざして、

「スプリット、最高!」の掛け声と共に撮影すると、大きな歓声に包まれながら会場を後にしました。

スプリット
原題:SPLIT
http://split-movie.jp/

物語・・・
監禁された少女たちの運命は? その犯人が内に秘めた、想像を絶する人格とは?
女子高生ケイシー(アニヤ・テイラー=ジョイ)は、級友クレア(ヘイリー・ルー・リチャードソン)のバースデー・パーティーに招かれ、その帰り、クレアの親友マルシア(ジェシカ・スーラ)と共に家まで車で送ってもらうことに。それが悲劇の始まりだった。見知らぬ男が車に乗り込んできて、3人は眠らされ、拉致される…
目覚めると、そこは殺風景な密室。ドアを開けて入ってきた男は神経質な雰囲気を漂わせていた。このままでは命が危ない――どうすれば逃げられるのか? 3人が頭をひねっていた矢先、扉の向こうからさっきの男と女性の声が聞こえる。「助けて!」と叫ぶ少女たち。姿を現したのは…女性の洋服を着て、女性のような口調で話す男だった。「大丈夫、彼はあなたたちに手を出したりしないわ」 絶句する少女たちに、今度は屈託なく、「僕、9歳だよ」と男は話かけてきた。実は、彼は23人もの人格を持ち、DID<解離性同一性障害>で精神医学を専門とする女医フレッチャー(ベティ・バックリー)のセラピーを受けていたのだった。密室で3人VS 23人格の熾烈な攻防が繰り広げられる中、もうひとり、“24人目”の人格の存在が生まれようとしていた―。果たして彼女たちは脱出できるのか!?


***********************************

監督・製作・脚本:M.ナイト・シャマラン
製作:ジェイソン・ブラムほか  
出演:ジェームズ・マカヴォイ、アニヤ・テイラー=ジョイ、ベティ・バックリー、ジェシカ・スーラ、ヘイリー・ルー・リチャードソンほか 
2017年/アメリカ/英語/117分
字幕翻訳:風間綾平
配給:東宝東和   
(C)2017 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.
   
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ