西島大介先生のコメント&イラストが到着!



5月25日(土)よりシネマライズほかにて公開が決定してます、ブランドン・クローネンバーグ監督作『アンチヴァイラル』へ、漫画家・イラストレーターの西島大介先生からコメント&イラストが到着いたしました!

『アンチヴァイラル』 西島大介先生コメント
クローネンバーグの息子、まじクローネンバーグ。そんな印象の作品でした。ほとんどCG使ってなさそうなところも好印象。irohaやTENGAが20世紀に置き忘れてきたグチョグチョドロドロこそが、クローネンバーグ的なデザインだと思います。一見清潔な印象もある『アンチヴァイラル』は、しかしそのままでは終わらない作品。主人公がどんどん具合悪くなっていく流れ、クローネンバーグ王道で最高です。ゴホゴホッ。ゴホッ・・・。

■西島大介(にしじま・だいすけ)
漫画家。2004年に“ハヤカワSFシリーズJコレクション”から『凹村戦争』でデビュー。ほか代表作は『世界の終わりの魔法使い』『ディエンビエンフー』など。「DJまほうつかい」名義で音楽活動も行い、これまでに三枚のアルバムをリリース。

西島大介先生は上記のイラストとコメントに加え、5/2(木)より全国の公開劇場および関連劇場にて配布されるクローネンバーグナビゲートフライヤー用に、『アンチヴァイラル』の監督ブランドンの父親であるデイヴィッド・クローネンバーグ監督の過去作にも言及、西島先生の解釈による『ビデオドローム』『ザ・フライ』『裸のランチ』『イグジステンス』のイラストと各作品へのコメントをご提供してくださっています。

********************************************************************



『アンチヴァイラル』

監督:ブランドン・クローネンバーグ
出演:ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』
サラ・ガドン『コズモポリス』、マルコム・マグダウェル『時計じかけのオレンジ』
2012年/カナダ・アメリカ/108分/カラー/ドルビー・デジタル/原題:Antiviral
提供:カルチュア・パブリッシャーズ
配給:カルチュア・パブリッシャーズ、東京テアトル
© 2012 Rhombus Media(Antiviral)Inc.
HP:http://antiviral.jp

5月25日(土)シネマライズほか全国ロードショー

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ