「Switch」x「聖☆おにいさん」イベント



大人気コミック「聖☆おにいさん」のアニメ映画が、5月10日よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズ他全国のスクリーンにて上映されますが、本日4/21(日)カルチャー雑誌Switchと連動した映画祭「Switch Movie Fes.2013」にて『聖☆おにいさん』特別先行上映が行われました。

スペシャルゲストとして、本作の音楽を担当された鈴木慶一氏、白井良明氏が登場し、映画を彩る楽曲制作秘話など語られました。

以下、イベントの模様をレポートです。

イベント名:アニメ映画『聖☆おにいさん』
鈴木慶一&白井良明トークショー@Switch Movie Fes. 2013
日時:4月21日(日)18:15?トークショー実施
場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
登壇ゲスト:鈴木慶一&白井良明(音楽担当)

<トーク内容>
Q:まず映画の感想
鈴木:映画は非常に淡々としていて、いい作品。
イエスとブッタという、題材として難しいところもあるが、日常が流れていく感じがとてもよかった。
白井:そんな中にもスペクタクルな部分もあり、楽しかった。

Q:今回の映画音楽の仕事について
鈴木:ムーンライダーズでやったことはあったけど、二人でやったのは初めてだね。でも、いつも通り。
白井:35年も一緒にやってるからね。
鈴木:50曲作ったけど、ケンカにならないように、仲よく25本ずつ作った。
白井:オープニングは慶一さんの曲だけど、主役の2人っぽい音楽だと思う。
鈴木:白井のははやくできたから、ちょっと聞いてみたよ。
白井:鈴木は気にするからね。(笑)
鈴木:白井の曲みたくならないように注意したよ(笑)
白井:作曲のときは、季節を意識して遊んでみた。夏はレゲエ、サーフミュージック、秋は口笛とか。

Q:秋の挿入歌「誰もいないね」について
鈴木:一番最初の仕事がこの歌詞をつくることだった。漠然とイエスとブッタの出る映画の裏テーマってなんだろうって思って。
日常が淡々と転がっていく作品だし、近所の人が彼らがイエスとブッタってわかってるのかな、というところを思って意識して
作ってみた
白井:あがってきて歌が多くてびっくりした。最初はラップにしようかと思ったけど、立川だし、中央線沿線だし、ってことで早口フォークソングかなと思った。
鈴木:生れて始めてやったね。早口フォーク(笑)

Q:最後に一言
鈴木:白井と一緒に仕事できてとても楽しかったです。5月8日発売のサントラもよろしくです。
白井:映画はたくさんの方に観ていただきたいです。ありがとうございました。

聖職系男子、2013年5月10日 スクリーンに降臨します!
HP:www.saint023.com

********************************************************************


★鈴木慶一プロフィール
1951年8月28日 東京都生まれ。
1972年≪はちみつぱい≫を結成後、日本語で表現するロックの先駆者として活躍。バンドとして、ソロとしても数々のステージやレコーディングをこなす。その後、ムーンライダーズを結成し、アルバム『火の玉ボーイ』(76)でデビュー。以後30年以上、精力的に活動を行う。ソロでは、アルバム『ヘイト船長とラヴ航海士』(08)で第50回日本レコード大賞優秀アルバム賞を受賞。映画音楽では、北野武監督作品『座頭市』(03)で第27回日本アカデミー賞優秀アルバム賞を受賞。2012年9月開幕の騒音歌舞伎(ロック・ミュージカル)「ボクの四谷怪談」(脚本・作詞:橋本治、演出:蜷川幸雄)では音楽を担当。その他音楽プロデュース、CM楽曲の作編曲、映画、ドラマ出演、雑誌への寄稿など。活動は多岐にわたる。

★白井良明プロフィール
1954年2月27日 東京都生まれ
立教大学時代、当時親交のあった斉藤哲夫のバッキングをつとめ、全国をまわる。その後ギタリストとしての才能を高く評価され、ムーンライダーズのメンバーとして参加。ムーンライダーズの活動の他にソロアルバム『CITY OF LOVE』(88年)『カオスでいこう』(92年)『リミックスでいこう』(92年)、その他にも“サーフ・ジャズ”を標榜したユニット「SURF TRIP」、ポカスカジャンとのユニット「Eye Don’t Nose」などバラエティーに富んだユニットで作品を発表。若手からベテランまで数多くのレコーディング・ライヴでのセッションでギタリストとして参加する傍らジャンルやイメージにとらわれないレンジの広いプロデューサー・アレンジャーとして沢田研二やTHEイナズマ戦隊など多数のレコーディングで活躍。最近では映画音楽の仕事も盛んで、『聖☆おにいさん』の他にも堤幸彦監督『20世紀少年』全3部(08年?09年)をはじめとして鈴木清順監督『オペレッタ狸御殿』(05年)田口トモロヲ監督『アイデン&ティティ』(03年)など多くの作品を手がける。


アニメ映画『聖☆おにいさん』

<作品概要>
森山未來(イエス声)×星野 源(ブッダ声)דネ申“スタッフ
『荒川 アンダー ザ ブリッジ』で知られる中村 光による、累計発行部数1000万部を突破した
ギャグ漫画『聖☆おにいさん』が、<祝>映画化決定! “笑い”でも世界を救う!
オリジナルストーリーも満載、“最聖コンビ”が一層ミラクルな笑いを巻き起こす!

待望のアニメ映画化に際し、“聖人”コンビのキャストは、イエス役に映画・舞台に活躍中の俳優・森山未來を、ブッダ役に俳優・ミュージシャンとして活躍している星野源を迎える。ともに原作のファンだという実力派二人の“聖職系男子”ボイスに注目!
監督はアニメ『THE IDOLM@STER』シリーズ演出家・高雄統子、脚本は映画『君に届け』を手掛けた根津理香が担当する。また、主題歌を星野源が担当、作詞・作曲も手掛ける。劇中の音楽はムーンライダーズのメンバーでもある鈴木慶一と白井良明が担当し、スタッフも“エンターテインメント”の垣根を超える豪華な布陣が集結!聖人目線で、日本の四季をビビッドに堪能できるオリジナルストーリーありの、奇跡と慈悲に満ちた“聖活ムービー”がスクリーンに降臨!観るとご利益あるかも!?観るものは救われる!!

<ストーリー>
ダジャレやお笑いをこよなく愛し、新しいモノ好きな浪費家イエスと、自分とお金に厳しく、シルクスクリーンでTシャツを作るのが大好きなブッダ。世紀末を無事に終えた二人は、東京・立川のアパートをシェアし、日本の四季を堪能しながら下界でバカンスを過ごしていた。そんな二人は素性を隠しながらも、ついつい神パワーを発揮し、大家の松田さんや近所の子供たち、ハッスル通り商店街の面々に怪しまれながら、あちこちでセイントな奇跡を起こしてしまう。それはまさに聖人級のミラクルな笑いに満ちていた!

5/10(金)よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国公開
配給:東宝映像事業部
原作:中村 光『聖☆おにいさん』(講談社モーニングKC)
監督:高雄統子(アニメ『THEIDOLM@STER』シリーズ演出)
声の出演:イエス役・森山未來、ブッダ役・星野源
音楽:鈴木慶一、白井良明
製作:SYM製作委員会
コピーライト: ©中村 光・講談社/SYM製作委員

★『聖☆おにいさん』サウンドトラック
発売日:5月8日(水)
品番:SVWC-7938 価格:3,150円(税込)
鈴木慶一・白井良明による挿入歌「誰もいないね」を含む全51曲収録した聖(セイント)なBGM集。





関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ