スパイアクション超大作『ベルリンファイル』


さて、この度、韓国で700万人を超える大ヒットを記録したスパイアクション超大作『ベルリンファイル』が7月13日(土)より新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほかにて全国公開することが決定しました!

本作は、韓国映画界屈指の名優 ハ・ジョンウ、ハン・ソッキュ、そして紅一点チョン・ジヒョンが共演し、強烈で緊迫したアクション、破滅的なロマンスが話題を呼びました。

そして、韓国映画史上最高の完成度との評価を受け、日本に先行して、ロサンゼルス、ラスベガス、シカゴ、ニューヨークと北米21都市上映し、絶賛された話題作となります!

全米で多大な影響力を持つ通信社Bloombergは“観客が求めるすべての要素が入った映画”とExcellentの評価をし、The New York Timesは“息を詰まらせるアクション要素が翼をつけた”とアクションを大絶賛。また、有名タブロイド紙The Village Voiceは“監督の次の目的地は、ハリウッドになるだろう”とリュ・スンワン監督のハイウッド進出さえ示唆したほどだそうです。


そして、4月26日(金)より陰謀を照らすLED内蔵ハイブリッド・スパイペン付前売り鑑賞券も発売決定(※一部劇場除く)しています。

数量限定だそうです!

********************************************************************


『ベルリンファイル』

ストーリー
アラブ組織との武器取引現場を韓国情報院の敏腕エージェント・ジンスに察知され、からくもその場から脱出した北朝鮮諜報員ジョンソン。なぜ、このトップシークレットが南に漏れたのか?
まもなく、北の保安監視員ミョンスから、妻ジョンヒに二重スパイ疑惑がかけられていると知ったジョンソンは、祖国への忠誠心と私情の板挟みになり苦悩を深めていく。しかしジョンソンは、まだ気づいていなかった。すでに彼自身までが恐るべき巨大な陰謀に囚われていたことに。
CIA、イスラエル、中東そしてドイツの思惑も交錯し世界を巻き込んだ戦いが“陰謀都市ベルリン”で始まる。 生き残るのは果たしてー

監督・脚本:リュ・スンワン
キャスト:ハ・ジョンウ、ハン・ソッキュ、チョン・ジヒョン、リュ・スンボム
公開表記:7月13日(土)新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか全国ロードショー
配給:CJ Entertainment Japan
HP: http://berlinfile.jp
(C) 2013 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ