スター・トレック イントゥ・ダークス@シネマコン


全米興行者や映画製作者が一同に介し、今後の注目作が発表される映画業界最大のトレードショー“シネマコン2013(CinemaCon)”が現地時間(4月15日(月))から開催され、オープニングナイトには今年最大の話題作『スター・トレック イントゥ・ダークス』が登場主演クリス・パイン、ザッカリー・クイント、アリス・イヴなど人気キャストらが参加し華やかに盛り上がりました!。

ラスベガスのシーザーズパレスホテル、コロシアム・シアターには全米から興行者や関係者が会場の2000人つめかけ、3D上映された『スター・トレック イントゥ・ダークネス』を堪能。

終映後には感嘆の声と熱狂的な拍手が巻き起こった。J.J.エイブラムスに代わり、プレゼンテーションのピンチヒッターとして登壇した、デイモン・リンデロフ(脚本・製作)は「2Dに比べて、映画の印象がだいぶ変わるので3Dで是非観てほしい。今も650人ほどのスタッフが3D編集の最終作業中です。」と胸を張りました。

主演のジェームズ・T・カーク役、クリス・パインも「本作はストーリーもアクションも前作の比じゃない。登場人物たちが経験する“旅”も。彼らははまだ家族のような関係になりきれてない、“未完成”なチームなんだ。お互いの気持ちを探り合っている。でも、次第に絆が深まり、さらにチームワークが強くなってきた。彼らの成長する過程はとても興味深いものになると思うよ。」と映像だけでなく、ストーリーにおいてもスケールアップしていることを強調しました。

『スター・トレックイントゥ・ダークネス』(原題:Star Trek Into Darkness)は、稀代の天才プロデューサー鬼才監督として世界にその名を馳せるJ.J.エイブラムス監督によるSFアクション超大作。

アメリカ公開は5月17日(金)、日本公開は、夏休み8月23日(金)より全国超拡大ロードショー。

********************************************************************


『スター・トレックイントゥ・ダークネス』

<ストーリー>
平和を謳歌する地球に、突如訪れた史上最大の危機。
それはエンタープライズ号の内部に潜んでいた静かなる悪のもたらしたものだった。壮大な宇宙を舞台に繰り広げられる生死を賭けた闘い。仲間との絆は引き裂かれ、愛は試される。世界と引き換えにカークが、エンタープライズ号のクルーが、払わなければならない「犠牲」とは?。

監督:J.J.エイブラムス
脚本:デイモン・リンデロフ(『プロメテウス』(12))
アレックス・カーツマン(『スター・トレック』(09))
ロベルト・オーチー(『スター・トレック』(09))
製作:J.J.エイブラムス、
ブライアン・バーク(共にバッド・ロボット・プロダクションズ)
デイモン・リンデロフ、アレックス・カーツマン、ロベルト・オーチー

出演:クリス・パイン、ザッカリー・クイント、ゾーイ・サルダナ、ベネディクト・カンバーバッチ、ジョン・チョウ、サイモン・ペッグ、カール・アーバン、ピーター・ウェラー

配給&宣伝:パラマウント ピクチャーズ ジャパン
8月23日(金)よりTOHO シネマズ日劇ほか、全国超拡大ロードショー
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ