「絶狼〈ZERO〉-DRAGON BLOOD-」最終話 劇場上映に藤田玲、青島心ら登壇!


映画情報どっとこむ ralph 「牙狼」の人気キャラクター「絶狼〈ZERO〉」シリーズ最新作「絶狼〈ZERO〉-DRAGON BLOOD-」。

テレビ東京系列ほかにて絶賛放映中の、孤独な宿命を背負った魔戒騎士・涼邑零/銀牙騎士・絶狼(藤田玲)が新たな戦いに挑む姿を描き出す。

いよいよ3/31に最終回を迎える直前!
藤田玲さん、青島心さん、松山メアリさん、弓削智久さん、そして雨宮慶太総監督による11話&12話生コメント付き上映と最終話上映が行われました!


日程:3月31日(金)
場所:新宿バルト9 シアター9
登壇:雨宮慶太監督、藤田玲、青島心、松山メアリ、弓削智久

映画情報どっとこむ ralph 大きな拍手に迎えられて、監督とキャストが登場!

雨宮監督:お客さんがいて安心しました!!うちでタダでTV観られるのに・・(笑)とてもうれしいです。感激です。

藤田さん:お足元悪い中お越しいただきありがとうございます!あっという間でした!寂しいです。

青島さん:今日は最終話上映会に来てくださってありがとうございます。12話を観て下さった方は13話がどうなるかわかってしまうかと思いますが・・・

藤田さん:そんなことないでしょ!

と、否定するも・・製作者の監督

雨宮監督:そんあことあるよ!

と、認めちゃった監督に

藤田さん:甘いんですよ!いつも!!!

どうやら青島さんに弱い監督のよう。

松山さん:完成したものを観るのは今日が初めてなので皆さんと一緒に見届けられるのがうれしいです!

と、ファンの心に寄り添います!

弓削さん:いつもはお家で絶狼を観てたのですが・・・今日はこんな大きなスクリーンで皆さんと観られて感激してます!

最終話の見どころを聞かれ困る監督・・

雨宮監督:今言っちゃうとね。みどころ・・・多分あります。牙狼シリーズの中では一番時間をかけました。それだけの想いが入っています。

藤田さん:これから観るのドキドキですね。で、弓削君はうちで観なくていいの?

弓削さん:なんで帰そうとするんですか!

映画情報どっとこむ ralph 11話12話を生コメンタリーを行うことに関して

藤田さん:緊張してます。普段は言っちゃいけないことは切ってもらえるのに。生ですからね。

監督:ここにいる人だけだから、いいんじゃない。

と、どんと構える監督。


藤田さん:最善の注意を払います!

青島さん:言っちゃいけないことは言わないように頑張ります!

と、オーディオコメンタリーに向かう一行なのでした!

映画情報どっとこむ ralph 生オーディオコメンタリーでは、零と烈花の衝撃の(?)キスシーンについて、

雨宮監督:写真を小西(遼生)と肘井(美佳)に送った!

と明かし、

松山さん:まさかこのシーンをこんな大画面で見ることになるとは…

と照れくさそうに語っていました。また、アリスの小道具であるカメラが、実は『牙狼<GARO> -MAKAISENKI->』のエンディングでも使用されていたものだということが明かされるなど、ファンにはたまらない裏エピソードが次々と明かされ、会場は騒然! この日のために、あえてTV放送で見なかったという青島さんは、アリスが烈花を足蹴にするシーンにつ
いて、冷静に

意外といい蹴りができました。

と述懐し、会場は笑いに包まれていました。

映画情報どっとこむ ralph そして、いよいよ最終第13話が上映! エンドロールに続いて、零の姿、そして最後に「終」の文字がスクリーンに映し出されると、会場はやむことのない熱い拍手が響き渡ります。

藤田さん:整理がつかないです…。すごいことになっていました。

と興奮冷めやらぬ様子。また

藤田さん:弓削っちが泣いてる声が聞こえてきました(笑)

と弓削さんが号泣していたことを暴露しつつ

藤田さん:仲間に感動してもらえるものになってて嬉しいです。

と充実感を漂わせていました。



弓削さん:本当に監督のおかげで夢を見させてもらいました。終わっちゃうんだ…。玲くんと戦うのも最後かと思うと切なかったです。

と涙の理由を明かしました。

松山さん:出ることが決まって、『烈花でいいのかな?』とずっと思ってて、悩み続けたけど、撮り終えて、烈花でよかった、これでよかったと思えるシーンになっていました。烈花として『絶狼』シリーズを生きることができてよかったです。

と万感の思いを口にします。

雨宮監督:やりたいことは全部入れました」と語り、特に青島さんが演じたアリスについて「今回のヒロインはお騒がせヒロインで、『好きになれない』という人も多かったかもしれないけど、実はヒロインとは思っておらず、“ラスボス”しかも今までやったことのない、無邪気な悪として描いていて、最強の悪になったと思います。そして、そういう人間をも守るのが涼邑零なんです。

と説明。そして、

青島さん:ココでよかったと思ってるよ。

と労いの言葉を掛けました。

青島さんは、こらえきれず号泣!

青島さん:今日は絶対に泣かないと決めて出てきたけど…。

と言いつつ、ポロポロと涙を流し、弓削さんから受け取ったハンカチで涙をぬぐいながら

青島さん:一から、いや、ゼロから全てを教えてくださった監督、スタッフ、共演者のみなさん、そして見てくださったみなさん
に、心からお礼が言いたいです。ありがとうございました

と深々と頭を下げ、会場は拍手と歓声に包まれました。

最終話「世界」は、4月7日(金)20:15~スターチャンネル(BS10ch)にて、4月9日(日)23:50~CSチャンネル・ファミリー劇場にて観ることができます。

映画情報どっとこむ ralph 主人公・涼邑零(銀牙騎士ゼロ)を演じる藤田玲は、魔戒騎士として、また一人の男として、いまだかつてない過酷な戦いに立ち向かい更なる成長を遂げた零の姿を熱演している。原作・総監督は特撮界の名匠・雨宮慶太。本作における世界観の構築、物語の創造、そして新キャラクターはもちろん、数多くのデザインを手掛けた。ヒロイン役の尋海(ひろみ)アリスに、現役高校生モデルの青島心。また、牙狼シリーズの人気キャラクターである松山メアリ扮する魔戒法師・烈花。物語の鍵を握るキャラクターの一人である魔戒法師・カゴメ役に、特撮ファンにはおなじみの芳賀優里亜を起用。そして、零の最大の宿敵となる竜騎士・エデル役として、満を持して弓削智久が参戦している。



物語・・・
とある街でホラーを討伐する涼邑零。ある日、写真を愛する少女・尋海アリスと出会う。銀牙騎士ゼロの姿を目撃したアリスは、零に興味を抱きはじめる。時を同じくして、遥か彼方の橋を一台の馬車が疾走していた。荷台に載せられた棺の中には、一人の男が眠っている。その男こそ、太古の時代に竜の力を借りてホラーを狩っていた”竜騎士”であった。竜騎士の幾千年の眠りが、今覚まされようとしていた――。

アリスに付き纏われては軽くあしらう日々を送る零。そんなある日、魔戒法師・烈花とともに「古の竜の卵を守れ」という指令を受ける。“竜の卵”という言葉に反応するアリス。竜の卵をめぐる戦いは竜騎士、そしてアリスを巻き込み、新たな事態へと発展していく。
悠久の眠りから目覚めた竜騎士の目的とは?新たな戦いの果てに、魔戒騎士として、一人の男として、零がみる景色とは?

原作・総監督:雨宮慶太 
脚本:梅田寿美子 
出演:藤田玲 青島 心 松山メアリ 芳賀優里亜 紅蘭 ガダルカナル・タカ / 弓削智久


そして!劇場版牙狼が2本公開となります!

・冴島雷牙シリーズ 
劇場版『牙狼<GARO>-月虹ノ旅人-』:製作進行中
・道外流牙シリーズ 
劇場版『牙狼<GARO>神ノ牙-KAMINOKIBA-』:製作決定

今年はGAROシリーズから目が離せません。

公式URL:
garo-project.jp/GARO_HD
***********************************

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ