禁断の扉の先には・・・映画『パーソナル・ショッパー』予告解禁


映画情報どっとこむ ralph 2016年カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した映画『パーソナル・ショッパー』は、5月12日(金)、TOHOシネマズ 六本木ヒルズほかにて全国ロードショー。


誰もが持つ、秘めた欲望。
禁断の扉を開いた先に、彼女が見たものとは?

心かき乱されるセンセーショナルな予告編、ついに解禁!

映像では、シャネルやクリスチャン・ルブタンなどのブランドショップで買い物をこなしていくモウリーンのパーソナル・ショッパーとしての姿を捉える。モウリーンは、雇用主であるキーラの衣装を選ぶだけの仕事にうんざりしながらも、一方でハイブランドファッションに魅了される複雑な心理状態を抱えていた。

しかし、「高価なドレスを着て別人になりたい」という秘めた欲望についに火が付き、禁を破って買ったばかりの商品に次々と手を出し、その行動はエスカレートしていく。さらに、曲調がガラリと変わった映像後半では、何者かに怯えるモウリーンの姿、血まみれになったキーラの自宅、こちらを監視するかのように届く謎の人物からのメッセージなど、意味深なカットが次々と現れ緊張感を増していく。モウリーンの身に降りかかる不可解な現象、やがて起こってしまった殺人事件の真相、モウリーンが行きつく先に見た光景とは・・・・



禁断の扉を開けるスリリングな予告の先にあるものとは!

映画『パーソナル・ショッパー
原題:Personal Shopper

は5/12(金)、TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国ロードショー。

物語・・・
忙しいセレブに代わり服やアクセサリーを買い付ける“パーソナル・ショッパー”としてパリで働くモウリーンは、数カ月前に最愛の双子の兄を亡くし、悲しみから立ち直れずにいた。なんとか前を向き歩いていこうとしているモウリーンに、ある日、携帯に奇妙なメッセージが届き始め、さらにある殺人事件へと発展する―。果たして、このメッセージは誰からの物なのか?そして、何を意味するのか?

公式サイト:personalshopper-movie.com

***********************************

監督:オリヴィエ・アサイヤス(『夏時間の庭』『アクトレス ~女たちの舞台~』)
出演:クリステン・スチュワート、ラース・アイディンガ―、シグリッド・ブアジズ
配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES
2016年/フランス映画/英語・フランス語/1時間45分/シネマスコープ/カラー/5.1ch

©2016 CG Cinema – VORTEX SUTRA – DETAILFILM – SIRENA FILM – ARTE France CINEMA – ARTE Deutschland / WDR

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ