『パトリオット・デイ』実際の捜査関係者、生存者が登場の特別映像


映画情報どっとこむ ralph 2013年4月15日に起こった、ボストンマラソン爆弾テロ事件。

犯人特定から逮捕までの、驚くべき102時間を描く、奇跡の<実話>!

パトリオット・デイ

6月9日(金)全国公開となります。


マーク・ウォールバーグ、ケヴィン・ベーコン、J・K・シモンズらキャストと、彼らが演じた実際の捜査関係者、生存者が登場!

市民から発生し、ワールドチャンピオンの球団レッドソックスでも合言葉となった「ボストン・ストロング」とは?特別映像解禁!

この度、スタッフ・キャストの口からなぜこの事件を映画化しようとしたのか、実際の関係者たちが当時事件にどう立ち向かっていったのかの証言をまとめた特別映像が到着。



映像に登場するのは、ボストン警察の警官役でプロデューサーもつとめたマーク・ウォールバーグ、FBI特別捜査官役のケヴィン・ベーコン、警視総監役のジョン・グッドマン、監督のピーター・バーグ、アメリカ最大の放送局CBSの看板報道番組「60Minutes」のプロデューサーで本作のプロデューサーもつとめたマイケル・ラダッツキー。

描きたかったのは凶悪な事件の単なる顛末ではなく、事件に立ち向かっていったボストンの人々が奮い立たせた勇気だと語っている。また映画に実名で登場するキャラクターの本人である、実際の関係者の、FBI特別捜査官、ボストン警察の警視総監、マサチューセッツ州知事(すべて当時の役職)や、事件に巻き込まれたマラソンランナーら生存者も登場、102時間という驚異的な速さで犯人逮捕にいたった裏側にある、市民の結束力を垣間見ることできる。


この映像の中で、特に印象的なのは、様々な人物の口から、何度も繰り返し出てくる「ボストン・ストロング(ボストンよ、強くあれ)」という言葉。

これは事件から二日後に、市民から自然発生した合言葉。

映画情報どっとこむ ralph 本作は、事件の裏側を描いた実録ドラマであるが、描かれるのは<悲劇>ではなく、大惨劇に見舞われたボストンの街が、いかに結束して立ち向かい、前よりも強くなったかという<希望>を描いた映画であるということが、今回解禁された映像から伺える内容になっている。

パトリオット・デイ
原題:PATRIOTS DAY

6月9日、TOHOシネマズ スカラ座他にて全国公開

www.patriotsday.jp

***********************************

出演:マーク・ウォールバーグ、ケヴィン・ベーコン、ジョン・グッドマン、J・K・シモンズ、ミシェル・モナハン

監督・脚本:ピーター・バーグ
脚本:マット・クック、ジョシュア・ゼトゥマー
製作:スコット・ステューバー ほか
2016年/アメリカ/カラー/シネスコ/5.1ch/2時間13分
日本語字幕:松崎広幸
© 2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved
     

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ