ケン・ローチ監督 映画『オリーブの樹は呼んでいる』公開決定


映画情報どっとこむ ralph 毎年ラテン映画ファンに大人気のラテンビート・フィルムフェスティバルで、昨年、観客賞・主演女優賞の2冠に輝いたスペイン映画『オリーブの樹は呼んでいる』が5月に日本公開となります。

この映画は、イギリスの名匠ケン・ローチ監督との名コンビで知られる脚本家ポール・ラヴァーティと、その妻で元女優の、スペイン屈指の女性監督イシアル・ボジャインの夫婦コンビ作で、彼らの作品が劇場公開されるのはこれが初めて。

映画情報どっとこむ ralph 祖父が大切にしていた樹齢2000年のオリーブの樹を父が売ってしまった。

スペイン、バレンシアからドイツへ。

オリーブの樹を取り戻すため、孫娘と仲間たちの旅が始まる。

20歳のアルマは、気が強く扱いにくい女の子。だが、オリーブ農園をやっている祖父とだけは幼い頃から深い絆で結ばれていた。しかし、農園の経営難から、祖父が大切にしていた樹齢2000年のオリーブの樹を、父が売ってしまった。それから祖父は喋らなくなり、ついに食事もしなくなった。祖父を救う唯一の方法はオリーブの樹を取り戻すこと。変わり者の叔父と同僚のラファを嘘で丸め込み、アルマは樹を取り戻すためドン・キホーテのように無謀な旅へ…。

映画情報どっとこむ ralph 本作のきっかけは、高速道路の脇やオフィスの庭にオリーブの樹が植えられていることに違和感を抱いていた脚本のポール・ラヴァーティが、ある日、樹齢2000年のオリーブの樹が大地から引き抜かれ、売られているという新聞記事を読んでショックを受けたこと。そこから、妻で、今やスペインを代表する女性監督であるイシアル・ボジャインとこの物語をつくりあげていった。ゴヤ賞新人女優賞に輝いたアルマ役アンナ・カスティーリョの魅力も輝いている。

映画『オリーブの樹は呼んでいる

原題:El Olivo
英語題:The Olive Tree

5月、シネスイッチ銀座ほかにて全国順次ロードショー!

***********************************

脚本:ポール・ラヴァーティ
監督:イシアル・ボジャイン
2016年|スペイン映画|99分|映倫区分:G(一般)

配給:アット エンタテインメント 
© Morena Films SL-Match Factory Productions-El Olivo La Película A.I.E
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ