アカデミー賞主演男優賞・脚本賞受賞『マンチェスター・バイ・ザ・シー』予告編到着


映画情報どっとこむ ralph 第89回アカデミー賞主演男優賞・脚本賞受賞!

マット・デイモン プロデュース、ケイシー・アフレック主演、ケネス・ロナーガン監督・脚本『マンチェスター・バイ・ザ・シー』は、5月13日よりシネスイッチ銀座、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほかにて全国公開となります。

その予告編が解禁となりました!

本作は、ケイシー・アフレック演じる、ボストン郊外で便利屋として生計を立てている主人公リーが、兄の死をきっかけに故郷“マンチェスター・バイ・ザ・シー”へと戻り、16歳の甥の面倒を見ながら過去の悲劇と向き合っていく―というストーリー。マット・デイモンがプロデューサーを務めたことも大きな話題となっている本作は、主人公リーの絶望と再生を、時折ユーモアを交えながら丁寧に紡ぎ出した珠玉の人間ドラマ。
今回解禁になった予告編は、兄の突然の訃報を受けて、ケイシー・アフレック演じる主人公リー・チャンドラーが、戻りたくなかった故郷マンチェスター・バイ・ザ・シーへと帰ってくるところから始まる。甥の後見人になることを言い渡され、困惑するリー。なぜ、彼は故郷を離れたのか。彼の過去に何があったのか―。心を閉ざすリーと、年頃の甥パトリック(ルーカス・ヘッジズ)とのぎこちなくもユーモラスなやり取り、涙する元妻ランディ(ミシェル・ウィリアムズ)との再会シーンなどを見せながら、リーの心が揺れ動き、その町で新たな一歩を踏み出していく―微かな希望を感じさせる予告編に仕上がっています。



合わせて、「言えない傷も、忘れられない痛みも。その心ごと、生きていく。」というコピーのもと、かなしげな表情で向き合ってケイシー・アフレックとミシェル・ウィリアムズが海辺に佇むポスタービジュアルも解禁になりました。上部左から兄ジョー(カイル・チャンドラー)、元妻ランディ(ミシェル・ウィリアムズ)、主人公リー(ケイシー・アフレック)、甥パトリック(ルーカス・ヘッジズ)と、登場人物たちの顔が並び、人物間でのドラマを感じさせます。

映画情報どっとこむ ralph 本作のプロデュースを手がけたマット・デイモンは、当初、監督・主演もつとめる予定だったが、スケジュールの都合により監督をケネス・ロナーガンに、主演をケイシー・アフレックに、それぞれ信頼する友人へとゆだねた。

心も涙も、美しかった思い出も。すべてを置いてきたこの街で、また歩きはじめる。

マンチェスター・バイ・ザ・シー

5月シネスイッチ銀座、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー!

公式:manchesterbythesea.jp

***********************************

監督・脚本:ケネス・ロナーガン
出演:ケイシー・アフレック、ミシェル・ウィリアムズ、カイル・チャンドラー、ルーカス・ヘッジズ、カーラ・ヘイワード

2016年/アメリカ/137分 ユニバーサル作品
配給:ビターズ・エンド/パルコ
© 2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.
      
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ