東伸児監督がお願いして阪本順治監督登壇 映画「しゃぼん玉」トークイベント


映画情報どっとこむ ralph 本作䛿直木賞受賞作家であり、数々䛾ベストセラー小説を手掛ける乃南アサさんが手がけた同名䛾小説をもとに描かれている映画「しゃぼん玉」大ヒット記念トークショーがシネスイッチ銀座にて行われ、東伸児監督と阪本順治監督が登壇しました。
阪本監督が東監督の初監督作品をどのように評価されるのか注目される中、阪本監督は終始、笑顔で「しゃぼん玉」の完成度の高さを絶賛し、東監督の今後も注目されるトークショーとなりました。

日時:3月7日(火)
会場:シネスイッチ銀座
登壇:阪本順治監督、東伸児監督

映画情報どっとこむ ralph 大ヒットを記念して映画監督の先輩後輩である二人のトークショーが行われました。阪本監督とトークショーすることになった経緯を聞かれ

東監督:阪本監督の元で助監督を5本やっておりまして、5本続けて5年間、助監督をしていて、飲んでいた時に初監督する時には何でもするぞ!とっていたので、お願いした次第です。

映画の感想は?

阪本監督:想像で「東くんらしい映画です。」とか言うかなと思ったけど、冒頭のワンカット目から、なんか俺が思っている東くんではないなって。逆に言うと、誰が監督かわからなくなった。勉強になったということだと思うのですが、作り手が作った物語が、見てるうちに観客に自分のものになっていく感じを受けました。だからいい映画ということしかないんですけど、僕が普段仕事したり、食べたり飲んだりしてる東くんと違うと思ったし、助監督も長かったし、テレビの「相棒シリーズ」の演出、監督もしているから基本的に、基礎ができてる。劇場ということが初めてでしょうけど、テレビと映画の違いはありますが、一緒ですから。今回、自分で脚本を書いて監督したということはテレビでなかっただろうから、自分の正義に正直に撮ったんだろうなと。

阪本監督:加害者を主人公にすると問いう難しいテーマを作るにあたって、気をつけたことは?

東監督:小説でも映画でも主人公の一人称なんです。ただ飯食ってボーとしている。それまでの1週間を描くのが難しかったです。

阪本監督:林遣都がよかった。最近の子にはない反抗期あったんだろうな、この子は。と思った。

東監督:映画化を考えて2年くらいした時ですが、やっとお金も集まって撮れるかなと思った時に、意外と早く市原さんが決まって、でも市原さんの相手役って主演の子にはおいしいだろうと思ったんですが、なかなか決まらなかった。本当に困っていた時に林くんが撮影半年前に空いていることがわかって、彼に話を聞いた時、順風満帆に生きていると思ったら、意外と少し悩んだ時期があったりした話を聞いてですね。セリフがないのに感情を表現しなければならなかったので、すごく助かったんです。

阪本監督:落ちつて観られるというところは細かいところをおざなりにしてないってことなんですよね。説明するところはして、伏せているところは伏せる。それを観客として観ているこっちが勝手に物語を作っている。

と、大絶賛。

映画情報どっとこむ ralph 東監督:今日は監督に観てもらって気が重かったんです。それは監督がこう言うタイプの映画を撮らないだろし、「いい映画」って難しいじゃないですか。

阪本監督:いい映画は難しいけど、この作品がデビューかもしれないけど、押さえどころというか、王道と言うものを知っているから、王道なんですよ。俺のも「おうどう」だよ。横道と書いて(笑)僕より、助監督さんとして苦労が長かった分、色んな監督の癖とか欠点とか見ているから自分が監督になったら、これはやめておこうとか刷り込まれていると思うんです。

東監督:僕、阪本監督の影響を受けているんです。

阪本監督:俺好みだったよ。


最後に阪本監督の先日までキューバで撮影されていたそうで

阪本監督:日系キューバ人の実話を描いた 『エルネスト』という作品が秋に公開になりますのでよろしくお願いいたします。オダギリくんがすごいです。

と話、信頼関係䛾ある2人䛾監督から溢れる裏話に時折観客から、感嘆䛾声ももれるとても興味深いトークショーとなりました。


(記者:映画の内容の核心に触れる部分はなるべく削除してありますので、話がぼやけてしまいました。)


映画『しゃぼん玉』

シネスイッチ銀座ほか全国公開中
公式HP:
http://www.shabondama.jp

***********************************

監督: 東 伸児
出演:林 遣都 藤井美菜 相島一之 綿引勝彦 / 市原悦子
原作:乃南アサ『しゃぼん玉』(新潮文庫刊)
主題歌:秦 基博「アイ(弾き語り㼂ersion)」(OFFICE A㼁G㼁㻿㼀A)
配給:スタイルジャム
制作プロダクション: エスプリ
宣伝:フリーストーン
2016 年 / 日本 / 108 分 / カラー
©2016「しゃぼん玉」製作委員会
     
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ