『タレンタイム〜優しい歌』アディバ・ヌール初来日 決定


映画情報どっとこむ ralph 日本人の祖母を持ち、日本撮影の次回作準備中に急死したマレーシアの伝説的な監督/故ヤスミン・アフマドの最高傑作が8年の時を超え、ついに初の劇場公開!

タレンタイム〜優しい歌

3月25日より全国順次公開を記念し、ヤスミン作品の常連女優でディーバ、国民的歌手でもあるアディバ先生役(アディバ・ヌールさん) 初来日 決定しました!


シアター・イメージフォーラムにてトークショーと初日舞台挨拶が行われます。

①3/24(金) 
<ヤスミン・アフマド監督特集上映>スペシャルトークショー 
②3/25(土) 
初日舞台挨拶

映画情報どっとこむ ralph アディバ・ヌール Adibah Noor は

『タレンタイム〜優しい歌』アディバ先生役。マレーシア音楽賞を何度も受賞した国民的歌手にして女優。
ユーモアと人間的な魅力に溢れた存在感で、映画を見た日本マスコミからは“ヤスミン映画のマツコ・デラックス”と呼ばれる事も。1970年生まれ。ヤスミン作品では他に『細い目』『グブラ』『ムクシン』にも出演、メイドのヤムさんを演じる、監督の長編6作中4作品に出演し、いずれも監督のメッセージを体現するような役回りで、強い印象を残す。

『ムクシン』のラストでは美声も披露している。ヤスミン監督とは交流も深かった。今回が初来日。

映画情報どっとこむ ralph タレンタイム〜優しい歌

ある高校で、音楽コンクール“タレンタイム”(マレーシア英語で学生の芸能コンテストのこと)が開催される。
ピアノの上手な女子学生ムルーは、耳の聞こえないマヘシュと恋に落ちる。二胡を演奏する優等生カーホウは、成績優秀で歌もギターも上手な転入生ハフィズに成績トップの座を奪われ、わだかまりを感じている。マヘシュの叔父に起きる悲劇、ムルーとの交際に強く反対するマヘシュの母、闘病を続けるハフィズの母……。マレー系、インド系、中国系…民族や宗教の違いによる葛藤も抱えながら、彼らはいよいよコンクール当日を迎える――。

3/25シアター・イメージフォーラム、4/15シネマート心斎橋ほか全国順次公開!
先行開催:ヤスミン・アフマド監督特集上映3月18日(土)~24日(金)■


公式サイト:
http://moviola.jp/talentime

映画情報どっとこむ ralph ヤスミン・アフマド監督(1958-2009)

私は国境がきらいです。私は人間と人間とを分断することがきらいです。(ヤスミン・アフマド)

1958年7月1日生まれ。母方の祖母は日本人。2003年長編デビューし、2004年『細い目』が東京国際映画祭最優秀アジア映画賞を受賞。その後も素晴らしい作品を発表し、国際的にも注目を集めるなか、本作発表後、脳内出血により急逝。活動期間はわずか6年。残した長編は6本だった。ヤスミン映画は多民族国家マレーシアを映しだし、マレー語・中国語・タミル語など言語も複数使われ、民族や宗教が異なる人々が登場する。様々な人々が混在する世界をそのまま肯定し、民族や宗教の壁を軽やかに越えていく世界を描いた。亡くなる直前まで準備していた作品は、自身の祖母をモデルに日本で撮影しようとしていた「ワスレナグサ」で日本の女優・監督の杉野希妃がプロデューサーを務め、藤竜也が出演の予定だった。

***********************************

監督・脚本:ヤスミン・アフマド 
撮影:キョン・ロウ 
音楽:ピート・テオ 
出演:パメラ・チョン、マヘシュ・ジュガル・キショールほか 

原題:Talentime/2009/カラー/115 分/マレー語・タミル語・英語・広東語・北京語 
配給:ムヴィオラ  

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ