生田斗真 x 広瀬すず 王道恋愛映画 『先生!』公開日決定&特報映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 少女コミックを代表する、純愛名作コミックとして広く親しまれ、7年間に渡って別冊マーガレット(集英社)で長期連載した、累計発行部数570万部突破の大ヒットコミック「先生!」が実写映画化!

この度、『僕等がいた』以来、5年ぶりとなる“恋愛映画”への出演を果たす生田斗真さんと映画界にひっぱりだこの広瀬すずさんの初共演作である本作のビジュアルと特報映像が初公開。また、10月28日(土)の公開も決定しました!


映画情報どっとこむ ralph 今回解禁となったビジュアルには、ぶっきらぼうな性格だが、生徒思いの教師、伊藤貢作(生田斗真)に“初恋”をしてしまう広瀬すず演じるごく普通の女子高校生、島田響の姿。自分自身も思いもよらなかった相手、“先生”への初恋・・・。「片想いのままでいいから、好きでいたい」、初めての気持ちに戸惑いながらも、教室の窓から外を見つめ、どこまでも純粋に“近くて遠い存在”である伊藤先生に想いを馳せる、17歳の響の切ない表情が印象的。



また、映画公式サイトでは、そんな響が一途な想いをこらえきれず、ベンチで眠ってしまった無防備な伊藤先生にキスをしようとする、思わずキュンとしてしまうポスタービジュアルも公開!

柔らかい光が二人の恋を優しく包み、これまでの少女コミック原作ものとは一線を画す珠玉の<純愛映画>の誕生に期待が高まります。

映画情報どっとこむ ralph そして、お二人のインタビュー内容も到着!

伊藤先生を演じた生田さんは、響を演じる広瀬さんに対して、

生田さん:広瀬さん、響、ともに、まぶしすぎて直視できないくらいの輝きを放つ子。お芝居に対してまっすぐだし、一生懸命だし、本当に響に見える瞬間がたくさんありました。

今作ではトレードマークともいえるボブをショートカットにして挑んだ広瀬さんも、生田さんに対して

広瀬さん:伊藤先生が生田さんじゃなかったら、この響はできなかった。神様みたいな人でした。

とお互いの演技に惹かれあった様子。自身の役についても其々、

生田さん:ぼくは大人の恋愛ものはあまり経験してこなかったので、自分が30代になって初めてのラブストーリーに呼んでいただいて、自分の中でもたくさんのチャレンジがあったし、得るものがたくさんあったんではないかと。広瀬さんがすごく純粋にまっすぐにどーんとぶつかってきてくれたので、とても伊藤先生でいやすかったです。

広瀬さん:(初めての王道ラブストーリーということで)何もかも初めての想い、感情だったので、ただただ伊藤先生のことを一途に考えようと思いました。「何いってるんだろう、私」とふとした瞬間現実に戻ることもあったのですが、恥ずかしがるのも全部伊藤先生を好きっていう気持ちに変えたいなって思って、そこが大きくなればなるほど全部が変わってくるので、ただ伊藤先生だけを見ていようって毎日思いながら現場に入っていました。

と初めての王道恋愛映画のヒロインを演じた充実感を滲ませました。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
「先生!好きになっても、いい?」 17歳、初めての恋は“先生”!
「自分がその人を好きだって―どうしてみんな、わかるんだろう」高校二年生の島田響は、いまだ初恋さえも未経験。そんな彼女は、ある日、ふとしたきっかけで隣のクラスの担任・伊藤貢作と言葉を交わすようになる。世界史の教師・伊藤は、ぶっきらぼうだが生徒思いのまじめな教師。居残り課題を手伝ってくれたり、夜道で守ってくれたり…伊藤はいつも響に優しかった。そんな優しさに触れ、伊藤を“好き”だと自覚した響は、一直線に恋に走りだすが―。今もなお根強い人気を誇る河原和音の同名の伝説的少女コミックを、『僕等がいた』、『ホットロード』で知られる恋愛映画の名手、三木孝浩監督が映画化。生田斗真×広瀬すずで贈る新しい純愛映画、誕生!

公式HP:sensei-movie.jp
公式Twitter:@sensei_movie

***********************************

原作:河原和音『先生!』(集英社文庫コミック版) (※1996年~2003年)  

監督:三木孝浩  
脚本:岡田麿里  
制作プロダクション:ドラゴンフライ エンタテインメント
製作:映画「先生!」製作委員会 
配給:ワーナー・ブラザース映画  
©河原和音/集英社 
©2017 映画「先生!」製作委員会

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ