ガエル・ガルシア・ベルナル アカデミー賞で「国境の壁建設反対」発言


映画情報どっとこむ ralph 主演ガエル・ガルシア・ベルナル
第89回アカデミー賞での「国境の壁建設反対」発言が話題に!!
5月5日(金)にて、全国公開となります、ホナス・キュアロン監督作『ノー・エスケープ 自由への国境』本作で主演を務めております、ガエル・ガルシア・ベルナルが昨日行われました、アカデミー賞でスピーチした内容が話題を呼んでいます。

第89回アカデミー賞は、アメリカを分断するドナルド・トランプ大統領の移民政策等に反発の声が大きく上がる政治色の強いものとなりました。

そんな中、短編・長編アニメーション賞のプレゼンターを務めたメキシコ出身の俳優ガエル・ガルシア・ベルナルも、

ベルナル:多くの俳優たちは移民労働者です。僕たちは世界中を旅し、家庭を持ち、物語を作り、決して分断できない人生を築いてきました。メキシコ人として、ラティーノとして、移民労働者として、ひとりの人間として、僕は僕たちを分断しようとするあらゆる形の壁に反対します。

と力強く述べ、会場から大きな拍手を浴びました。

映画情報どっとこむ ralph そのガエル・ガルシア・ベルナルが主演を務める『ノー・エスケープ 自由への国境』は、まさに壁の建設問題で揺れる、アメリカとメキシコの国境間が描かれる作品です。
作中では、アメリカ=メキシコの国境は、広大な砂漠に簡素な有刺鉄線が敷かれているのみ。

そこを越えてアメリカへ不法入国を試みるメキシコ人移民を、ガエルが熱演しています。

メキシコ=アメリカ間の移民問題に、監督のホナス・キュアロンがいち早く目をつけ、構想8年をかけて完成した本作。
逃げ場の無い砂漠という空間で繰り広げられる衝撃の連続に、一瞬たりとも目が離せないソリッド・シチュエーション&サバイバル・エンタテインメント!
“自由の国”アメリカへ、危険を冒してまで向かう理由とは? まさにこの瞬間、どこかで起きているかもしれない驚愕の“事件”。
思わず息をするのも忘れてしまう緊迫の88分間をお届けします!



***********************************

CAST&STAFF
監督:ホナス・キュアロン(『ゼロ・グラビティ』共同脚本)
プロデューサー:アルフォンソ・キュアロン(『ゼロ・グラビティ』監督)
脚本:ホナス・キュアロン、マテオ・ガルシア
出演:ガエル・ガルシア・ベルナル(『バベル』)ジェフリー・ディーン・モーガン(「ウォーキング・ デッド」シリーズ)
原題:DESIERTO
2015 年/メキシコ=フランス/88 分/ヴィスタサイズ/5.1ch サラウンド
字幕翻訳:松浦美奈
サウンドトラック盤:ランブリング・レコーズ
配給:アスミック・エース
© 2016 STX Financing, LLC. All Rights Reserved.
<PG12>
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ