神木隆之介と将棋!そして飛ぶ!VR「3月のライオン」聖地巡礼解禁


映画情報どっとこむ ralph 羽海野チカ原作のコミックを、大友啓史監督が、神木隆之介を主演に迎え、連載10年を迎える年に運命の実写映画化『3月のライオン』!
親子、兄弟姉妹、友達、師弟。
人と人を結ぶ愛を求めて、魂がぶつかり合う感動のエンタテインメント<2部作>が、3月18日(土)より【前編】が、 4月22日(土)より【後編】が全国公開となります。

この度、「3月のライオン」の世界を体感できる、聖地巡礼VR映像が解禁となりました。

映画情報どっとこむ ralph 本作は、家も家族も居場所も何もなく、深い孤独を抱えてすがるように将棋に打ち込んでいた、17歳のプロ棋士・桐山零(神木隆之介)と彼をめぐる人々が、愛を求めて迷い、ためらい、ひるみながらも、それぞれの闘いへと突き進む姿が描かれています。

そして、今回解禁した映像は、原作&アニメでお馴染みの舞台、そして映画が実際にロケを行った『3月のライオン』の世界が映し出され、360度で体感できるVRコンテンツ。

原作の舞台となる「六月町」「三月町」、その二つを結ぶ中央大橋、そして、将棋の神が宿る「鳩森神社」(千駄ヶ谷)を抜け、「将棋会館」へ。

本物の“名人戦”が行われる「特別対局室」に到達すると、そこには桐山零を演じた神木隆之介の姿が。
360度VR映像を駆使し、まるで神木隆之介と将棋を指せる!?と錯覚するようなリアルな映像に仕上がっています。そして道先案内人は、原作の“ニャー将棋”でお馴染みのニャーたち。
神木隆之介も初体験のVR撮影を新たに敢行!さらに飛ぶVRの為のドローン撮影、3Dアニメのニャーたちが登場し、飛び跳ねる・・・リアルとファンタジーが混在し、「3月のライオン」の世界にダイナミックに浸れる、“聖地巡礼”VR映像が誕生です!

映画情報どっとこむ ralph VR映像は、
公式YouTubeチャンネル
の他、
ハコスコ
360channel
DMM動画
でも本日10時より公開。

全国のジェイコムショップでは、3/1より「3月のライオン」オリジナルデザインのハコスコゴーグルがプレゼント配布される。また、よりリッチな360度映像を楽しめるヘッドマウントディスプレイ「Galaxy Gear VR」を使った映像体験も、東京スカイツリータウン®内のJ:COM Wonder Studioや全国のVR THEATERほかにて予定されている。

☆公式YouTubeチャンネル:youtu.be/SOi4mJOpRH0

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
17歳の将棋のプロ棋士・桐山零と、彼をめぐる人々の終わりなき冒険の物語。
中学生でプロ棋士としてデビューした桐山零は、東京の下町にひとりで暮らしている。幼い頃に交通事故で両親と妹を失い、父の友人である棋士の幸田に引き取られたが、ある事情から幸田家を出るしかなかったからだ。深い孤独を抱えてすがりつくように将棋を指し続けていたある日、零は近隣の町に住む川本家の3姉妹と出会い、彼女たちとのにぎやかな食卓に居場所を見出していく。今、様々な人生を背負った棋士たちが、頭脳と肉体と精神の全てを賭けて挑む、想像を絶する戦いが零を待ち受ける!

映画公式サイト: 
3lion-movie.com



***********************************

監督:大友啓史  
原作:羽海野チカ「3月のライオン」(白泉社刊・ヤングアニマル連載)
脚本:岩下悠子 渡部亮平 大友啓史  
音楽:菅野祐悟
出演:神木隆之介 有村架純 倉科カナ 染谷将太 清原果耶
佐々木蔵之介 加瀬 亮
前田 吟 高橋一生 岩松 了 斉木しげる 中村倫也 尾上寛之 奥野瑛太 甲本雅裕 新津ちせ 板谷由夏
伊藤英明 / 豊川悦司
製作:『3月のライオン』製作委員会 
制作プロダクション:アスミック・エース、ROBOT 
配給:東宝=アスミック・エース
(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会
    
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ