杉野希妃x青木崇高 登壇「雪女」記者会見 at 日本外国特派員協会


映画情報どっとこむ ralph 小泉八雲原作「怪談」の一編である「雪女」を新たな解釈のもと、杉野希妃監督が青木崇高さん、山口まゆさんを起用し自ら雪女とユキの2役を演じ映画化した「雪女」。

3月4日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、横浜シネマジャック&ベティほか全国上映が決まっています。

今回、日本外国特派員協会にて試写会と監督兼主演の杉野希妃さんと青木崇高さんによる記者会見が行われました。

日付:2月23日(木)
場所:公益社団法人日本外国特派員協会
登壇:杉野希妃 青木崇高

杉野監督:皆さん、ご来場いただきありがとうございます。ご招待いただき、ここに来られて光栄です。この映画を海外の方たちに見ていただけるのは嬉しいことです。上映後に感想をお聞かせください。

青木さん:こんばんは。私達の映画『雪女』をお楽しみください!それでは後程。

と英語でのスピーチから上映に


映画情報どっとこむ ralph 監督は和装に着替えて記者会見に登場。この辺りも自分を売り込むプロモーション能力のある監督にお見受け。

Q:なぜ、小泉八雲原作を今、作成されたのか?

監督:4年前に本を読む機会がありまして、彼はギリシャ出身で。アイルランドやアメリカ、日本で小泉八雲として執筆されるわけですが、彼が日本の心や風景、見えないものと共存する日本人を国内外に伝えようとしていたことを、今だからこそ、伝えたい。。異種と交わることが未来を作っていくと思います。ですので、今製作することにしました。

Q:大映映画に影響されたと以前お聞きしましたが・・・

監督:大映映画が出し浮き溝口監督、増村監督・・・この映画に関しては、吉村監督や小津監督の浮草だったり、非常に影響受けて監督になったので。作品の匂いはするのかもしれません。特に川を象徴的に出したりするところや、色ですね。原作を読んだ時のイメージを忍ばせました。今回はクラッシックとモダンをミックスして仕上げました。

Q:小林正樹監督の怪談雪女の影響は?

監督:彼の原作に忠実な雪女の世界観を描くあの映画は大好きです。ですが、今回、私の視点で違うアプローチで描きたかったのです。特に人と人ならざる者の間の子供の存在。どう生きていくのかを描くことで、今作ることの意味をおりこみました。

Q:青木さん、監督とのラブシーンは珍しいですよね。齊藤工さんは有名でゴージャスなのにラブシーンがなくて、今回ハードにあるのは・・・聞きたかった心の声が漏れるホストのお姉さん。

青木さん:このオファーを受けたときに、女優・監督・プロデューサーとマルチな彼女と、とっても仕事したかったんですね。俳優ですので常に刺激を求めています。この役を楽しむことに、監督の性別は関係ありません。映画の中でラブシーンがあったのは体験としてはないことですよね。。。

Q:僕は科学者なので、映画の作り方はわかりませんが、アイディアから映画にするまで、大勢とかかわり、集めて、まとめていったのか?

青木さん:それは彼女に人柄とパワーですね。

監督:青木さんには脚本の段階からお話しまして、好きな俳優さんとご一緒出来てうれしいですね。私はみんなを引っ張る特別な力はありませんが、“人一倍持っている情熱”を伝えることはたけているのかもしれません。

青木さん:実は彼女はリアルに雪女でして、暖冬で雪が降らない中、彼女があられると雪が降る。スタッフもキャストもこの映画が良いものになる確信を得ていましたから、ついていきましたね。

映画情報どっとこむ ralph Q:作品の時代は?

監督:現代のパラレルワールド。美術衣装は大正・昭和初期。雪女自体が1000年前なのか今なのか、でも雪女の本質はいつの時代でもおかしくないと思っているので。いつなんだろうって思わせることで時代を超えられるように映像化しました。いつなんだろうって思わせることで

Q:成人の儀の演出は古典から?

監督:歌も儀式もオリジナルです。狭間の世界を川を出すことで表現しています。

ホスト:この映画は3月4日(土) よりヒューマントラストシネマ有楽町、シネマ・ジャック&ベティヨコハマほかで公開となりますが、全上映英語字幕がつきますので見に行ってください!


物語・・・
ある時代、ある山の奥深く、吹雪の夜。猟師の巳之吉は、山小屋で、雪女が仲間の茂作の命を奪う姿を目撃してしまう。雪女は「この事を口外したら、お前の命を奪う」と言い残して消え去る。翌年、茂作の一周忌法要の帰り道に、巳之吉は美しい女ユキと出会う。やがて二人は結婚し、娘ウメが生まれる。14 年後。美しく聡明な少女に成長したウメは、茂作の遠戚にあたる病弱な幹生の良き話し相手だった。しかしある日、茂作の死んだ山小屋で幹生が亡くなってしまう。幹生の遺体には、茂作と同じような凍傷の跡があった。ユキの血を引く娘のせいだと、巳之吉を激しく問いつめる幹生の祖父。巳之吉の脳裏に 14 年前の出来事が蘇り、以前から自分の中にあったユキに対する疑心と葛藤する。自分があの夜の山小屋で見たものは何だったのか、そしてユキは誰なのか…。

2017年3月4日(土) よりヒューマントラストシネマ有楽町、シネマ・ジャック&ベティ

4月1日(土)よりシネ・リーブル梅田、大阪シネ・ヌーヴォ、京都みなみ会館、神戸元町映画館ほか全国順次公開

公式HP:
snowwomanfilm.com
Twitter:@kikifilm3

***********************************

キャスト
杉野希妃
青木崇高
山口まゆ
佐野史郎
水野久美
宮崎美子
山本剛史
      
監督 : 杉野希妃
プロデューサー : 小野光輔
プロデューサー : 門田大地
共同プロデューサー : 福島珠理
撮影監督 : 上野彰吾
脚本 : 重田光雄
美術 : 田中真紗美
音楽 : sow jow
2016年/日本/日本語(英語字幕付)/96分/カラー&モノクロ/シネマスコープ/Strereo
©Snow Woman Film Partners


関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ