イドリス・エルバとリチャード・マッデンのインタビュー『フレンチ・ラン』


映画情報どっとこむ ralph 次期ジェームズ・ボンド役も噂される『パシフィック・リム』のイドリス・エルバ主演の痛快バディ・アクション『フレンチ・ラン』は2017年3月4日(土)から渋谷シネパレスほか全国順次ロードショー公開となります。

この度イドリス・エルバとリチャード・マッデンのインタビュー映像が解禁となりました。



インタビュー映像では、リチャード・マッデンがイドリス・エルバに

マッデン:僕のエージェントになるべきだよ。

とふざけたり、好きなアクション俳優を聞かれニヤニヤしながら

マッデン:イドリス・エルバ!

と答えたり、逆にイドリス・エルバはリチャード・マッデンが話し出すタイミングで邪魔をしたり、見かねたインタビューアーが思わず突っ込むなど、バディとなる二人のとにかく仲のいい様子。

な映像になっています!


映画情報どっとこむ ralph 映画『フレンチ・ラン』原題:Bastille Day

は3/4(土)より渋谷シネパレスほか全国順次ロードショー

アウトローなCIA捜査官・ブライアーを演じるのは、アクションからドラマまで幅広い役柄を演じ分け、次期ジェームズ・ボンドの呼び声も高いイギリス人俳優、イドリス・エルバ。腕っぷしは弱いが、抜群のスリテクニックでブライアーをサポートするマイケルを人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」や『シンデレラ』のリチャード・マッデンが演じる。監督は『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』や『バイオレンス・レイク』のジェームズ・ワトキンス。監督との共同脚本にはユニバーサルのタイトル未定のボーン・シリーズの台本も書いているアンドリュー・ボールドウィンが名を連ねる。

物語・・・
パリ、革命記念日前夜、市街で爆弾テロが発生。容疑者として浮上したのは、スリの若者マイケル。捜査を担当することになったCIA捜査官ブライアーは、イラクで命令を無視し、テロリスト6名を射殺した当局きってのアウトロー。いち早くマイケルを確保したブライアーは、彼が無実であることを感じ取る。ブライアーはマイケルの抜群のスリテクニックを買い、自らの無実を証明するために、捜査に協力することを持ちかける。誕生した“CIAとスリ”による前代未聞のコンビは、真犯人を探すため、パリの街を疾走する!そして、「36時間後の革命記念日にパリの街を制圧する」という犯行声明が出たことから、事件はフランスの国家的危機へと発展していくー。真犯人は誰なのか?事件に隠された巨大な陰謀とはー?

***********************************

監督:ジェームズ・ワトキンス『ウーマン・イン・ブラック亡霊の館』
出演:イドリス・エルバ『パシフィック・リム』、リチャード・マッデン「ゲーム・オブ・スローンズ」

2015年/フランス・アメリカ/英語/92分/カラー/シネスコ
字幕翻訳:齋藤敦子
配給:ギャガ・プラス
©2016 StudiocanalS.A. TF1 Films Production S.A.S. All Rights Reserved


ジェームズ・ワトキンス,イドリス・エルバ,リチャード・マッデン
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ