8年の時を経て劇場公開『タレンタイム~優しい歌』予告編解禁!


映画情報どっとこむ ralph マレーシアの女性監督ヤスミン・アフマドの最高傑作で、長編映画としての遺作になった『タレンタイム(原題)』(2009)が『タレンタイム〜優しい歌』の邦題で、8年の時を経て、ついに初の劇場公開となります。

このたび本作の予告編が完成解禁となりました!

 

本作は、2009年、ヤスミンの死後に福岡と東京で映画祭上映。

その後・・・。
8年に渡って、たくさんの人に愛され支えられ、自主上映が続けられ上映のたびに満席続出。多くのファンが生まれ続けて、映画を見た人のほとんどが、宝物のような映画、生涯のベストワン!と語る伝説の映画なのです。

映画情報どっとこむ ralph 本作の魅力をさらに輝かせている大きな力が、音楽の力。

ドビュッシーの「月の光」、バッハの「ゴールドベルク変奏曲」といったクラシック、インド映画から引用された名曲「O Re Piya (オー・ レー・ピヤー/おお、愛しい人よ)」など様々だが、とりわけマレーシアの人気アーティストであるピート・テオが作曲したオリジナル曲である「I Go (アイ・ゴー)」、「Angel(エンジェル)」は本作の主調となり、映画を見た誰もが口ずさみたくなる珠玉の名曲です。


映画情報どっとこむ ralph ヤスミン監督の愛と寛容のヴィジョンを。

タレンタイム~優しい歌

物語・・・
ある高校で、音楽コンクール“タレンタイム”(マレーシア英語で学生の芸能コンテストのこと)が開催される。ピアノの上手な女子学生ムルーは、耳の聞こえないマヘシュと恋に落ちる。二胡を演奏する優等生カーホウは、成績優秀で歌もギターも上手な転入生ハフィズに成績トップの座を奪われ、わだかまりを感じている。マヘシュの叔父に起きる悲劇、ムルーとの交際に強く反対するマヘシュの母、闘病を続けるハフィズの母。マレー系、インド系、中国系…民族や宗教の違いによる葛藤も抱えながら、彼らはいよいよコンクール当日を迎える。

3月下旬シアター・イメージフォーラム、4月シネマート心斎橋ほか全国順次公開!

公式サイト:moviola.jp/talentime
公式Twitter:@talemtime2017 

映画情報どっとこむ ralph
ヤスミン・アフマド監督
1958年7月1日生まれ。母方の祖母は日本人。2003年に長編デビューし、2004年の『細い目』が東京国際映画祭最優秀アジア映画賞を受賞。その後も素晴らしい作品を発表し、国際的にも注目を集めるなか、本作を発表後、脳内出血により緊急入院し、急逝。

活動期間はわずか6年。その間に残した長編は6本だった。

ヤスミンが遺した映画は多民族国家マレーシアを映しだし、マレー語・中国語・タミル語など言語も複数使われ、民族や宗教が異なる人々が登場する。彼女は様々な人々が混在する世界をそのまま肯定し、民族や宗教の壁を軽やかに越えるヤスミン・ワールドともいうべき世界を描きだした。8年経って、トランプ政権が象徴する「分断」の時代に監督メッセージはどう映るのか。

***********************************

監督・脚本:ヤスミン・アフマド 
撮影:キョン・ロウ 
音楽:ピート・テオ
出演:パメラ・チョン、マヘシュ・ジュガル・キショール ほか 
原題:Talentime
2009/カラー/115 分/マレー語・タミル語・英語・広東語・北京語
配給:ムヴィオラ
© Primeworks Studios Sdn Bhd
     
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ