『ルドルフとイッパイアッテナ』特別上映に原作者:斉藤洋登壇!


映画情報どっとこむ ralph 昨年夏に全国公開され、観客動員数120人を記録した大ヒット映画『ルドルフとイッパイアッテナ』が、作品の舞台となった江戸川区にて2月18日(土)から特別上映中!

このたび本作の2月22日のDVD&Blu-ray発売にあわせて、作品の舞台となった江戸川区にある「シネパル船堀」にて2月18日~2月24日まで特別上映を開催。初日1回目の上映前には、原作者・斉藤洋さんの舞台挨拶&サイン会が行われました。


日付:2月18日
会場:シネパル船堀
登壇:原作者・斉藤洋

映画情報どっとこむ ralph 斉藤さんの出身地も江戸川区、さらに映画の街並みも「上小岩親水緑道」のほか、京成小岩駅周辺の商店街がモデルとなっているだけあって、地元の方々は大喜び。11時からの舞台挨拶を見るために、9時から並ばれてたお客さんもいるほどでした。

舞台挨拶では、斉藤さん自身が声優を務めた“自転車のおじさん”のアフレコ時の裏話を明かすと大爆笑。ルドルフの飼い主だったリエちゃんのモデルになった方も来場されているという秘密も明かされました。

また上映中は、

「江戸川区の地図」の登場シーンで拍手が起こるなど、地元ならではの盛り上がりを見せました。上映後のサイン会では、原作本やパンフレットを持ったお客さんが長蛇の列をつくり、1時間半以上行われ、大盛況のうちに幕を閉じました。

映画情報どっとこむ ralph 作品情報

『ルドルフとイッパイアッテナ』

3DCGで映画化!

ルドルフ役に井上真央、イッパイアッテナ役に鈴木亮平、さらに八嶋智人や古田新太など、演じる声優陣も超豪華で話題になりました。親子で楽しめる映画でありながら、若い世代からも「泣ける!」「感動した!」という感想がSNSを中心に溢れ、世代を超えて愛される作品となりました。

それに伴い、名だたる今年度の超話題作と肩を並べ、第40回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞を受賞、そして2/24~「ニューヨーク国際子ども映画祭」でも上映が決定しました。
主題歌:back number「黒い猫の歌」(ユニバーサルシグマ)

原作:「ルドルフとイッパイアッテナ」「ルドルフともだちひとりだち」 (斉藤洋・作 杉浦範茂・絵/講談社刊)

監督:湯山邦彦・榊原幹典
脚本:加藤陽一
音楽:佐藤直紀
企画製作:日本テレビ放送網
配給:東宝
制作プロダクション:Sprite Animation Studios/OLM/OLM Digital
製作:日本テレビ放送網 東宝 講談社 OLM バンダイ バップ 読売テレビ 電通
PPM ホリプロ D.N.ドリームパートナーズ 日本出版販売 ローソン HMV /STV、MMT、SDT、CTV、HTV、FBS
発売元・販売元:バップ
(C)2016「ルドルフとイッパイアッテナ」製作委員会
***********************************


関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ