『ヨーヨー・マと旅するシルクロード』予告編を解禁!


映画情報どっとこむ ralph 『バックコーラスの歌姫たち』で2014年アカデミー賞®長編ドキュメンタリー賞を受賞したモーガン・ネヴィル監督が、世界的チェロ奏者ヨーヨー・マに密着したドキュメンタリー映画『ヨーヨー・マと旅するシルクロード』が、3月4日(土)Bunkamuraル・シネマ、シネスイッチ銀座他にて全国公開となります。こ

そのポスタービジュアルと予告編を解禁となりましたのでご紹介。

世界的チェロ奏者であるヨーヨー・マが、2000年に【音の文化遺産】を世界に発信するために立ち上げた“シルクロード・アンサンブル”。さまざまな歴史的、文化的、政治的背景を背負ったメンバーたちとともに、ヨーヨー・マは自分自身のアイデンティティを確立していく。彼らの音楽は地図上の国境をなくし、多様な文化を一つにし、アーティストと観客双方に希望をもたらす音楽の力を実証し続けてきている。

本作は、ヨーヨー・マが音楽で世界を変えようと努めてきた20年に渡る道のりと、メンバーたちの生き様を通して、音楽が国際的な言語であり、人々をつなぐ架け橋であることを体感できるドキュメンタリーです。

映画情報どっとこむ ralph 公開された予告編では、世界で最も有名なクラシック演奏家のひとり、ヨーヨー・マのライフワーク“シルクロード・アンサンブル”の活動が映し出されていく。ベネチアやイスタンブール、中央アジア、モンゴル、中国などシルクロードにゆかりを持つ国から招集された、類い稀なる才能を持ったミュージシャンたち。

「音楽の力で文化を進化させ、世界を変えたい」

と語るヨーヨー・マの言葉には、アンサンブルのメンバーそれぞれが抱える「故郷」への想いが影響している。文化大革命によりアメリカへ渡った中国出身のウー・マン、イラン革命により家族と活動の場を奪われたヨーヨー・マの盟友ケイハン、悪化するシリア情勢下で故郷を追われたキナン(注:現在彼は、トランプ米大統領がテロの懸念がある国からの入国を制限する大統領令に署名したことで、アメリカに再入国できるか懸念されている)など、育ってきた社会での犠牲も浮き彫りとなっていく。メンバーは大切なものを失い、一度は音楽の役割に限界を感じたこともあるが、楽器を置くことはなかった。

伝統と信念を他のメンバーと共有して、前に進むことを選んだ。国境を越える自由は誰も奪えない――紛争が絶えない混沌とした世界に訴える希望のアンサンブル。現代の世界情勢を反映した”今”な映画だ。

映画『ヨーヨー・マと旅するシルクロード

は3月4日(土)Bunkamuraル・シネマ、シネスイッチ銀座他にて全国公開。

公式HP:
yoyomasilkroad.com

映画情報どっとこむ ralph 【映画に登場する曲目(一部)】
「J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番ト長調 BWV1007」
「オリヴィエ・メシアン:世の終わりのための四重奏曲」
「サン=サーンス:組曲《動物の謝肉祭》より白鳥」
「サポ・ペラパスケーロ:トゥルケアスカ」ほか

【2015年トロント映画祭出品】
2016年ベルリン国際映画祭特別招待作品(ベルリナーレ・スペシャル)

***********************************

監督:モーガン・ネヴィル
(『バックコーラスの歌姫たち』)2014年アカデミー賞®【長編ドキュメンタリー賞】&グラミー賞【最優秀音楽映画賞】受賞!

出演:ヨーヨー・マ、ジョン・ウィリアムズ、タン・ドゥン、ケイハン・カルホール、梅崎康二郎、キナーン・アズメ、ボビー・マクファーリン

2015年/アメリカ映画/英語/95分/カラー
原題:The Music of Strangers
© 2015, Silk Road Project Inc., All Rights Reserved
配給:コムストック・グループ 
配給協力:東京テアトル
  
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ