スティーヴン・キングが現代人に警鐘!「セル」


映画情報どっとこむ ralph 1976年『キャリー』、1980年『シャイニング』、1990年『ミザリー』、2007年『ミスト』、そして2017年、スティーヴン・キング自ら脚本を手掛けた衝撃のサバイバル・スリラー『セル』が、2 月 17 日(金)TOHO シネマズ六本木ヒルズ他、全国公開となります。

物語・・・
コミック作家のクレイは、ボストンの空港から別居中の妻と息子へ電話を掛けるが、携帯の充電が無くなってしまい、話途中で切れてしまう。すると、携帯で話していた周囲の人々が突然暴徒化し始め、一瞬にして空港はパニック状態に。何とか地下鉄へ逃げ込んだクレイは、車掌トムと少女アリスの協力を得て、妻 と息子が住むニューハンプシャーを目指す。一体、何が起きているのか?何故、人々は狂っていくのか?“奴ら”との生き残りを賭けた、究極のサバイバルが 始まる!

と言うお話・・・

映画情報どっとこむ ralph 主人公のクレイには、本作で製作総指揮も務め、クリエイターとしても活躍するジョン・キューザック。また、仲間のトムに は、大作への出演も相次ぐ、バイプレイヤーとして知られるサミュエル・L・ジャクソン。そして、紅一点のアリスには、『エスター』で強烈な印象を残し、ニューヒロインとして注目されるイザベル・ファーマン。

さらに、監督を務めるのは、『パラノ ーマル・アクティビティ 2』を手掛けたトッド・ウィリアムズ。 そして原作は、これまでの映画化作品が 40 作以上、2017 年も本作『セル』(2/17 公開)に始まり、長編全 7 部という壮大 なストーリーで構成される『ダークタワー』(今秋公開)、と全世界の子供たちをピエロ嫌いにさせたトラウマカルト映画のリ メイク『It(原題)』(9/8 全米公開)と公開作が相次ぐ、モダンホラーの巨匠、スティーヴン・キング。

映画情報どっとこむ ralph そしてこの度、タッグを組んだトッド・ウィリアムズ監督から、そんなキングにまつわるコメントが届きました。

ウィリアムズ監督:暴徒化した人々と いうのは、キングの目から見た現代人の姿だと思う。レコードやフィルムがデジタル化されたように、今はすべてが0と1で表現され、それは表面上はつながっていても実は誰もがバラバラで、時間や場所の感覚を失い心が通い合う関係を持 てなくなった。いち早くそれに気づいたキングがその現象を加速させたものが本作の構想になったんだ。

本作で描かれ ている、携帯によって暴徒化した人々というのが、実はキングの考える現代人の姿だというのです!

映画情報どっとこむ ralph 携帯の電波がもたらす、副作用というのはもしかしたら数十年後、映画のような形をある日突然もたらすという可能性も・・・・

セル』 

は、2月17日(金)TOHOシネマズ六本木ヒルズ他、全国公開です。

公式HP:http://cell-movie.jp

公式TW:presidio00

***********************************

原作:スティーヴン・キング「セル」(新潮文庫刊)
監督:トッド・ウィリアムズ 『パラノーマル・アクティビティ 2』
出演:ジョン・キューザック 『1408 号室』『2012』、サミュエル・L・ジャクソン 『1408 号室』『アベンジャーズ』シリーズ イザベル・ファーマン 『エスター』『ハンガー・ゲーム』
提供・配給:プレシディオ
協力:松竹
ロゴ提供:新潮社
©2014 CELL Film Holdings, LLC. ALL RIGHTS RESERVED. PG12

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ