TV放送NGな幻スポット『ナイスガイズ!』解禁・イラストコメントが続々到着!


映画情報どっとこむ ralph 乱暴者すぎるR・クロウ!コミカルすぎるR・ゴズリング!キュートすぎるA・ライス!
ポップ・アクション・エンターテインメント『ナイスガイズ!』は、2017年2月18日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショーとなります。

そして幻TVスポットが解禁に!

アカデミー賞主演俳優賞にノミネートされ大注目のゴズリング推しで作られたこの映像には、劇中大ピンチに陥ったマーチがなぜか突然歌い出す初解禁シーンも収められ、放送コードの事情によりTVでの放送がNGとなった幻のバージョンです。


映画情報どっとこむ ralph そんな本作をいち早く鑑賞した漫画家・イラストレイター達から、映画さながらにポップで愛らしいイラストコメントが続々到着!

花くまゆうさくさんは、ホリーが決まって読書をする家の裏の丘を背景に青空が清々しいさわやかな3ショット。

辛酸なめ子さんは、大活躍のホリーを「まさに天使です」と讃え、じっくり読みたい独自の注目ポイントも紹介。

川原瑞丸さんは、映画に登場する様々なアイコンを散りばめて映画鑑賞後にも見直したくなる仕上がりに。

谷口菜津子さんも「ナイスガールに注目!」とホリー推しで紹介し、その物憂げな表情が印象的。

エッセイストの中野翠さんは、温かみのある鉛筆書きでふたりのキャラクターを紹介。

映画情報どっとこむ ralph そして!絶賛コメントも続々到着しており、主人公のふたりが事件を通じて真の探偵コンビへと成長していく姿に共感を覚えた現役探偵から相次ぎコメントが寄せられている。

綜合探偵社TS 現役探偵 稲本えりか
命懸けの危険な仕事なのに、愛とユーモアが詰まっている! ヒーリーとマーチの男気溢れる仕事っぷりを調査員として最高に尊敬します!現代人がなくしかけているロマンを肌で感じる作品!

ISM調査事務所 現役探偵 熊谷至
主人公の設定や細かな描写が本業の探偵からしてもリアルで驚きました。コミカルな笑いを織り交ぜながらもスピーディかつ壮大に展開していく物語は爽快です。探偵が憧れる探偵ムービーです!

総合探偵社AMUSE 現役探偵 立石浩史
探偵に必要なスキルは、忍耐力、度胸、対応力、色々あるのですが実は運も大切なんです。ホランドがドジでもジャクソンが不器用でもこの凸凹コンビはとにかくツイてる。この業界、「持ってる」奴らがナイスガイズなんです。

辛酸なめ子(漫画家/コラム二スト)
男性が活躍するアクションに見えて、実は裏側でタフな少女たちが暗躍するガールズムービーです。そしておじさんだらけの画面が浄化されました。

細川徹(脚本家・映画監督)
芝居がうまい役者がふたりで、バカなことやるんだから、そりゃあ、贅沢面白い! 「ナイスガイズみたいなやつ、作りましょう」って仕事来て欲しいから、大ヒットしてほしいっ。

ぴあ映画生活 編集長 阿草弓子
難しく考えなくていい映画が観たい!という時にどうぞ。女に弱い(&親切)、基本的に不死身、お茶目、な中年探偵2人が何でも解決してくれます。

AbemaTV 恩納力
すぐキレて暴れるラッセル・クロウ、演技じゃないじゃん!しかも超デカくなってて、大型犬みたいになってるよ!ライアン・ゴズリングの声がいつもよりカン高いです。「ラ・ラ・ランド」と間違えてこっち見て!

映画情報どっとこむ ralph ナイスガイズ!
原題:THE NICE GUYS

公式サイト:
www.niceguys-movie.com  

公式Twitter:
@niceguys_movie 

物語・・・
シングルファーザーで酒浸りの私立探偵マーチ(ライアン・ゴズリング)は、腕っ節の強い示談屋ヒーリー(ラッセル・クロウ)に強引に相棒にされ、失踪した少女の捜索を開始する。凸凹コンビに、13歳で車の運転までこなすキュートなマーチの娘・ホリー(アンガーリー・ライス)が加わり捜索を進めていくと、簡単なはずだった仕事は、1本の映画にまつわる連続不審死事件へと繋がり、やがて3人はアメリカ国家を揺るがす巨大な陰謀に巻き込まれていく―。コードネーム“オールドマン”“ブルーフェイス”“ジョン・ボーイ”…次々と襲い来る凄腕の殺し屋に標的とされ、3人は命がけで事件解決に奔走する―

***********************************

製作:ジョエル・シルヴァー(『マトリックス』シリーズ)
監督・脚本:シェーン・ブラック (『リーサル・ウェポン』脚本、『アイアンマン3』監督)

キャスト:
ラッセル・クロウ(『グラディエーター』)、ライアン・ゴズリング(『ブルーバレンタイン』『ドライヴ』)、アンガーリー・ライス(『スパイダーマン:ホームカミング(原題)』(17))、マット・ボマー(TVドラマ「ホワイトカラー」)、マーガレット・クアリー(『デスノート(原題)』(17))、キム・ベイシンガー(『L.A.コンフィデンシャル』)

2016年/アメリカ/カラー/DCP5.1ch/シネマスコープ/116分/PG12/字幕翻訳:堀上香
© 2016 NICE GUYS, LLC
配給:クロックワークス  

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ