衝撃『マン・ダウン 戦士の約束』春香クリスティーン、名越康文らがコメント


映画情報どっとこむ ralph 『マン・ダウン 戦士の約束』(原題:MAN DOWN)が 2 月25 日より、新宿武蔵野館他で全国公開となります。公開を間近に控えた 本作を一足先に鑑賞した春香クリスティーンさん、滝藤賢一さん、名越康文さんをはじめとして、各界の著名人の方々よりコメントが到着しました!!

アフガニスタンから帰還した海兵隊員。だが、安息を求めて辿り着いた懐かしき故郷はまるで異世界に迷い込んだかのよ うに荒廃し、そして愛する妻と息子の消息も途絶えてしまう。
戦火に運命を狂わされた男、消えた人々、そして忘れがたい故郷。 本作ならではの豪華実力派俳優陣と魅惑の世界観とともに、今までの戦争映画とは一味も二味も違う、リアルな男の生き様が 観る者の度肝を抜く衝撃作。

本作監督のディート・モンティエルは

監督:「シティ・オブ・ドッグス」を作ってからずっと、私とシャイアは再びタッグを組むにふさわしい作品を探して いて、この作品がまさにそれでした。荒廃した世界で家族を守ろうとする父親を軸に展開するデリケートなテーマを扱うことは、私たちふたりに とって実に難しい課題でした。戦争の恐怖は、長い間議論されている複雑な問題です。『MAN DOWN』では、ニュースや他の民族の世界で起きている出来事を、国内戦線として現実的にとらえられるよう目指しました。登場人物のロバーツが映画の中で言うように「戦争が帰ってくる」のです。

と語る、メガホンをとった監督と同じく、シャイア・ラブーフが演じる主人公(海兵隊員ガブリエル・ドラマー)に魅了された著名人の方々からの共感・絶賛コメントが寄せられました。

映画情報どっとこむ ralph 『マン・ダウン 戦士の約束』へのコメント一覧 (五十音順)

大野和基(ジャーナリスト)
ドナルド・トランプ大統領は帰還兵の精神衛生改善が必要だと言ったが、彼らの精神がいかに破壊されるか、その究極のケースをこの映画は描い ている。

貴志祐介(作家)

シャイア・ラブーフの静謐な狂気に圧倒される。これは滅び行く世界への挽歌ではない。涙なくしては見られない、父親の幼い息子に対する愛の物語だ

滝藤賢一(俳優)
シャイア・ラブーフの触覚を失った昆虫のように彷徨う様が凄まじい!同じ父親としての表現しようのない苦しさに襲われ、ごっそり体の一部をえくら れた気分だ。

筒井哲也(漫画家)
3 つの異なる時間軸を複雑に錯綜させながらも物語が求心力を失わないのは、その中心に極めて普遍的な親子の情愛が描かれているためだろ う。シャイア・ラブーフ演じる父親の、どこまでも家族を想い続ける姿に心を揺さぶられた。

手嶋龍一(外交ジャーナリスト・作家)
星条旗に包まれて無言で帰国した兵士はまだしも幸せだった。心を病んで帰国した兵士たちには地獄の日々が待ち構えていた。

名越康文(精神科医)
戦争の本当の中味とは、兵士に植え付けられた身体の記憶のことである。彼ら自身もうまく語り得ないその中味を、この映画は衝撃的に描くことに 成功している。

春香クリスティーン(タレント)
故郷の小さな町からアフガニスタンの戦場へ。極限状態の体験は一人の兵士をどう変えたのか?戦争に病むアメリカの自画像、現代の「ディア・ハ ンター」。

丸山ゴンザレス(ジャーナリスト)
心に傷を持つ帰還兵に何人か会ったことがある。ある人は家族に酒瓶を投げつけて孤立し、ホームレスになって下水道で暮らしている人もいた。 共通していたのは孤独で寂しがり屋だったこと。彼らの心の闇に思いをはせずにはいられなかった。

宮嶋茂樹(報道写真家)
アフガンの大地に舞い降りたものだけが分かる。あの荒廃した地で過ごす日々の間、故郷の思い出は美しく昇華する。恋人、家族、水、食べ 物・・・。すべて。それだけにこのラストはきつ過ぎる。

吉田尚弘(ドキュメンタリー写真家)
戦闘の終わりは、巻き込まれた全者にとって本当の戦争の終結を意味しない。リアルすぎる息遣いに、私は前線で出会ったひとりの兵士を思い出 した。日本人にこそ、見るべき映画だと強く感じる。

映画情報どっとこむ ralph マン・ダウン 戦士の約束』(原題:MAN DOWN)

公式サイト:
mandown-movie.com

物語・・・
リアルな男の生き様が観る者の度肝を抜く!!
米軍の海兵隊員ガブリエル・ドラマー(シャイア・ラブーフ)は、妻ナタリー(ケイト・マーラ)と息子ジョナサン(チャーリー・ショットウェル)を故郷に残し、アフガニス タンへと向かう。戦場での任務は想像以上に過酷なものであったが、故郷で待つ妻と息子の存在がガブリエルを奮い立たせた。そしてついに、アフガニスタンからアメ リカへと帰還する。しかし、辿り着いた故郷の街は、建物や橋が崩壊し住人たちの姿も消えていた。まるで異世界に迷い込んだかのように、懐かしき面影は失われて いた。この街に一体何が起こったのか?ガブリエルは、共に帰還したデビン(ジェイ・コートニー)と、荒廃した街でナタリーとジョナサンの行方を探すが。


***********************************

監督:ディート・モンティエル
製作総指揮:ダグラス・アーバンスキー他
出演:シャイア・ラブーフ、ジェイ・コートニー、ケイト・マーラ、ゲイリー・オールドマン他

提供:ニューセレクト/クロックワークス/博報堂DYミュージック&ピクチャーズ
配給:アルバトロス・フィルム/クロックワークス
2015年/アメリカ/91分/シネスコ/5.1ch
© 2016 Man Down, LLC. All Rights Reserved
   
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ