新海誠監督『君の名は。』韓国での歴代日本映画第1位に!


映画情報どっとこむ ralph 大ヒット上映中の新海誠監督作品『君の名は。』。国内の興行成績は昨年の公開から150日間で観客動員1,815万人、興行収入235億円(16/8/26~17/1/22)を突破!

アジア圏では週末映画ランキングで、6冠(日本、台湾、香港、タイ、中国、韓国)を達成し、中国・タイ・台湾では現地で公開された日本映画として歴代興収の新記録を樹立しました。

そして、この度新たに韓国でも同国での日本映画歴代観客動員の新記録を樹立しました。


これまでの記録だった「ハウルの動く城」(2004年12月23日韓国公開)の動員301万人(興収約14億円)を抜き、昨日までの公開19日間で動員3,052,179人(興収約23.9億円)を超え、新記録となりました。「君の名は。」は2004年の「ハウルの動く城」以降、韓国で公開された日本映画として13年ぶりの初登場第1位作品となっていましたが、この度観客総動員でも新たな記録樹立となりました。

韓国での公開はまだまだ続きますので、引き続き記録を更に伸ばし続けていく予定です。既に世界125の国と地域で海外配給が決定しており、今後も北米での公開(4/7予定)も控え、まだまだ「君の名は。」旋風は続きます。

映画情報どっとこむ ralph 韓国の歴代日本映画動員ランキング *Korean Film Council調べ

1位:君の名は。(305万人、約23.9億円)

2位:ハウルの動く城(301万人、約14億円)

3位:千と千尋の神隠し(220万人、興収データなし)

4位:崖の上のポニョ(150万人、約6.8億円)

5位:ラブレター(140万人、興収データなし)

映画情報どっとこむ ralph 映画『君の名は。』について

まだ会ったことのない君を、探している。
8月26日から公開の新海誠監督の最新作『君の名は。』は、夢の中で“入れ替わる”少年と少女の恋と奇跡の物語。世界の違う二人の隔たりと繋がりから生まれる「距離」のドラマを圧倒的な映像美とスケールで描き出します。作画監督に安藤雅司、キャラクターデザインに田中将賀、主題歌はRADWIMPSが担当し、日本最高峰のスタッフが集結した本作品。誰もが経験したことのない、アニメーションの新領域。新たな“不朽の名作”が誕生です!
(C) 2016「君の名は。」製作委員会

***********************************
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ