「3月のライオン」主題歌に ぼくのりりっくのぼうよみ&藤原さくら


映画情報どっとこむ ralph 羽海野チカのコミック「3月のライオン」を、『るろうに剣心』の大友啓史監督が神木隆之介を主演に迎え、実写映画化!親子、兄弟姉妹、友達、師弟――人と人を結ぶ愛を求めて、魂がぶつかり合う感動のエンタテインメント<2部作>が、3月18日(土)より【前編】が、4月22日(土)より【後編】が全国公開となります。
“March comes in like a lion and goes out like a lamb.
3月はライオンのように荒々しい気候で始まり、子羊のように穏やかに終わる

「3月のライオン」というタイトルの由来にもなった春の訪れを表す英国のことわざ。

自らの足で立ち上がろうとする17歳の主人公・桐山零が嵐へと飛び込んでいく<闘いの前編>、零と彼を取り巻く人たちが、ともに未来へと生きていく<愛の後編>の2部作。この度、“初の映画主題歌”となる2人の若きアーティストによる、前後編それぞれのテーマがより一層際立つ、かつてないコラボレーションが実現しました!

映画情報どっとこむ ralph <闘いの前編>と<愛の後編>で2人の若きアーティストが競演!

■前編主題歌 ぼくのりりっくのぼうよみ「Be Noble」
2015年に高校生でメジャーデビュー、現在18歳の新鋭による書き下ろし楽曲!
ぼくのりりっくのぼうよみさんからのコメント
主人公の零君が、必死に足掻き自分の居場所を求める様子に感動しました。その姿から、Be Noble(=気高くあれ)というタイトルを思い付きました。エンドロールに流れるこの曲とともに、観終わった皆さんの中で、本編の余韻がより深く響いていくことを願っています。


■後編主題歌: 藤原さくら「春の歌」
スピッツの永遠の名曲「春の歌」を天性のスモーキーヴォイスでカヴァー!!
藤原さくらさんからのコメントです!
登場する人たちが、皆ひたすら人間らしく、愛おしい、「3月のライオン」。原作がもともと大好きだったので主題歌のお話を頂き夢のような気持ちでした。本作の原点にもなったというスピッツさんの「春の歌」に作品から受け取った愛を込められて心から幸せに思います。

大友啓史監督のコメント
才能豊かな二人の若いアーティストたちが、「3月のライオン」という映画にどのように向き合い、どのような作品を創り上げてきてくるのか、楽しみにしていました。
「Be Noble」「春の歌」、それぞれが二人の持ち味を十分に発揮した、そして映画の読後感を気持ちよく後押してくれる素晴らしい曲になっていると思います。映画と共に、早く多くの方々に聴いていただきたい、そんな思いでいっぱいです。

映画情報どっとこむ ralph 本ポスタービジュアルのここに注目!
ティザービジュアルでの、どこか不安を抱きながらも未来を見据える姿から一変して、新ビジュアルでは、凛とした表情で真っ直ぐと前を向く姿が印象的な主人公・零。そして、川本家・棋士たち・香子・幸田をはじめとした彼をめぐる人々が見せる、厳しさ、強さ、優しさ―。様々な表情が、彼らを待ち受けるドラマを予感させる。
映画情報どっとこむ ralph 物語・・・ 
17歳の将棋のプロ棋士・桐山零と、彼をめぐる人々の終わりなき冒険の物語。
中学生でプロ棋士としてデビューした桐山零は、東京の下町にひとりで暮らしている。幼い頃に交通事故で両親と妹を失い、父の友人である棋士の幸田に引き取られたが、ある事情から幸田家を出るしかなかったからだ。深い孤独を抱えてすがりつくように将棋を指し続けていたある日、零は川向こうに住む川本家の三姉妹と出会い、彼女たちとのにぎやかな食卓に居場所を見出していく。今、様々な人生を背負った棋士たちが、頭脳と肉体と精神の全てを賭けて挑む、想像を絶する戦いが零を待ち受ける!
映画公式サイト 
3lion-movie.com

***********************************

監督: 大友啓史  
原作: 羽海野チカ「3月のライオン」(白泉社刊・ヤングアニマル連載)
脚本: 岩下悠子 渡部亮平 大友啓史  
音楽: 菅野祐悟
出演: 神木隆之介 有村架純 倉科カナ 染谷将太 清原果耶
佐々木蔵之介 加瀬 亮
前田 吟 高橋一生 岩松 了 斉木しげる 中村倫也 尾上寛之 奥野瑛太 甲本雅裕 新津ちせ 板谷由夏
伊藤英明 / 豊川悦司
製作:『3月のライオン』製作委員会 
制作プロダクション:アスミック・エース、ROBOT 
配給:東宝=アスミック・エース
(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ