妻を亡くしても泣けない男を精神科医・星野概念が解説!雨の日は・・・


映画情報どっとこむ ralph ジェイク・ギレンホール主演(『ナイト・クローラー』)最新作『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』(原題:Demoliton)が2017年2月18日(土)より公開となります。メガホンを取ったのは、『ダラス・バイヤーズクラブ』『わたしに会うまでの1600キロ』などで知られる、ジャン=マルク・ヴァレ監督。

妻を亡くしたのに涙の一滴すら流せず、自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを描きます。今回、映画評論家の森直人さんをMCに、総合病院に勤める精神科医でありながら、ミュージシャンとしても活躍されている星野概念さんをゲストにお迎えし、映画上映後にトークイベントが行われました。

日時:1月11日(水)
場所:ユーロライブ
ゲスト:星野概念さん(精神科医・ミュージシャン)
MC:森直人さん(映画評論家)

映画情報どっとこむ ralph 昨年末に試写で本作を鑑賞していた星野さん。登壇後まず感想を聞かれ、これまで映画を観ても泣くことはほとんどなかったにも関わらず、本作で泣いたことを明かし、

「(公開は2017年2月だが)2016年に観た映画の中でベスト1でした。

と絶賛した。

妻を突然事故で亡くしても、一滴も泣けず、義理の父の一言がきっかけで破壊行動に走る主人公・デイヴィス。彼の精神状態に関して、

「妻を急に失って、いきなりそのにショックに正面から向き合うと自分が壊れてしまう。それを知らないうちに抑圧して“無意識のクローゼット”に閉じ込めてしまっていたのでは

と解説した。ブルドーザーで家を破壊するなど、常軌を逸した行動をするディヴィスを、

「現実だったらその前に入院とかしてると思うんですけど(笑)」

と、冷静な診断で会場を笑わせ・・・。
映画情報どっとこむ ralph デイヴィスが変化していくきっかけとなる、シングルマザーのカレンと、その息子・クリスの話題になると、カウンセリングにおいて重要なポイントは、“傾聴と共感”と語った星野さん。自動販売機の不具合というクレームから、自分のストーリーを手紙としてカレンに送り続け、彼女もそれを受け止め続けたことが、デイヴィスにとっての心の拠り所であったと解説した。

また、ある秘密を抱え、劇中でデイヴィスとともに家を破壊し、ラストにとっておきの仕掛けをするカレンの息子・クリスとの関わりについては、

「あんな風に子供と一緒になって踊ったり、家を壊したり、大人が“退行する”時って癒しに繋がる瞬間なんです。夏祭りや神輿を担いで大人たち我を忘れて熱くなると時と似ているんですけど、その退行もまた、デイヴィスにとっての治療になったのでは。

と語った。

作品について熱く語る中、原題が『DEMOLITION(破壊)』であるにも関わらず、『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』という邦題に関しての話題になった際、

「もうこれを話したくて堪らないんですよね!原題と邦題は、主人公の心の変化、つまりbefore/afterを表している秀逸なタイトルだと思います。僕が泣いたのは(邦題の)理由がわかったシーンだったんです。カレン&クリス親子との関わりが救いとなり、デイヴィスの“無意識のクローゼット”を開ける隙間ができた。“無意識のクローゼット”に、もし番人がいるとしたら、『今なら(どんな現実でも)向き合えるから、この感情行ってよし!』ってその扉を開けたんじゃないかなと思って、涙が出ました。

と語りました。


精神科医ならではの専門的な視点で考察しつつも、

偉い先生もたぶんこうやって言うと思うんですけど・・まだ4時間ぐらい喋れます

と作品への熱い思いを口にしイベントえお締めました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』

2月18日(土)より、新宿シネマカリテ他全国ロードショー!

妻が死んだ。君のドレッサーも人生も、ただ壊すしかなかった。
失ったものを取り戻すために―。
ディヴィス(ジェイク・ギレンホール)は、出世コースに乗り、富も地位も手に入れたウォールストリートのエリート銀行員。高層タワーの上層階で、空虚な数字と向き合う、味気ない日々。
そんな会社へ向かういつもの朝、突然の交通事故で美しい妻を失った―。しかし一滴の涙も出ず、哀しみにさえ無感覚になっている自分に気づいたディヴィス。彼女のことを本当に愛していたのか? 僕の心はどこにいってしまったんだー?「心の修理も車の修理も同じことだ。まず隅々まで点検して、組み立て直すんだ。」義父からの言葉が引き金となり、ディヴィスは、身の回りのあらゆるものを破壊しはじめる。会社のトイレ、パソコン、妻のドレッサー、そして自らの結婚生活の象徴である「家」さえも―。あらゆるものを破壊していく中で、ディヴィスは妻が遺していた幾つもの“メモ”を見付けるのだが・・・


***********************************

監督:ジャン=マルク・ヴァレ(『ダラス・バイヤーズクラブ』『わたしに会うまでの1600キロ』) 
原題:Demolition
出演:ジェイク・ギレンホール ナオミ・ワッツ クリス・クーパー他 上映時間:101分



関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ